心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

1年経過……

予約券…
既に色あせた予約券がここに一枚……。
サイトの更新もとうの昔に放棄されていますし、発売は絶望的と見るべきでしょうね。マジで期待していただけに残念です。

続きを読む »

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

アニメ [蒼穹のファフナー #04]

3話の感想はJUGEMのドタバタに加えて仕事に追われて書けず終いでしたが、さて第4話を見ての感想をば……。

演出面でも脚本面でも、普通につまらない回でございました。
良いところ、今回に関してはまったく見あたりませんでしたよ。

 一騎たち子供達に状況説明がなされていなかったことが、今回描かれた「子供達と親達とのすれ違い」に繋がったわけですが、さて、少なくとも司令や総士は一騎の性格を考えれば新国連機を助けようと行動するのはわかりそうなものなのですが、なんでそれを見越して説得しなかったのでしょうね。親父さんは一騎とのすれ違いもあったから、もしかしたらまったく一騎の性格を理解していなかったのかもしれませんが、いくらなんでも親友と設定されている総士が一騎を理解していないとなると、ストーリー構成面でも非常につまらないことになります。特に総士は、マークエルフが上空待機している間に切々と事情を説明する機会があったわけで、ここでも「ストーリー展開上の都合」が優先されて、作品世界に対する説得力が無視されてしまったのでしょうかね。
 いい加減、なぜ「子供達に島の秘密を隠してきたか」を一騎達と視聴者に対して説明してほしい。その説明が実は真実を隠すための方便だったとしても当面は構わないから、登場人物達の方向性をそろそろハッキリさせよう。でないと作品への共感が生まれない。

アニメ [エルフェンリート #01]

 本日からAT-Xで始まった[エルフェンリート]。
 私はアニメ化を知ってから原作2巻まで読んだ程度の知識しか持ちませんが、AT-Xの視聴年齢制限があって初めて映像化できた作品でしょう。
 原作ご存じならお判りの通り、本作はエロ萌え部分と殺戮描写が交錯しますが、アニメ1話も開始早々から殺戮ショー。腕は吹き飛ぶわ首引きちぎるわと、番宣スポットでしか本作を知らなかった人はさぞかしビックリしたことでしょう(^^;

 では原作と切り離して1話を客観的に見てみると、

・作画面…とりあえず良好。マンガの不安定な作画を頑張って再現してますな。あと背景もそこそこ良し。

・演出面…前半の殺戮ショー、長さの割に似たようなアングルのカットが続くので、殺戮描写的には面白さに欠けました。ドジッコ秘書は原作通り少し溜めて殺した方が良かったんじゃないかなー。個人的にここは1話の掴みだとおもってたから。まぁアクション面は2話の対SAT戦に期待しますわ。
 後半は一転してほのぼのモードですが、全裸とかお漏らしといった直接的なエロ描写より、わき乳なんかの描写の方が実はポイント高し?

今度こそホントに復活?

避難所blogを仮設したばかりですが、とりあえずJUGEMが復活した模様。

まぁいつまで保つか信頼はおけないので当分の間は避難所も保持しておきますが、当面の更新はJUGEMに置いてある「心の叫びblogside」でやっていきますねー。

JUGEM復活?

やっとこさ復活したようですね。当初の工事期間6時間に対して実質1週間ですか。無料サービスだから許せるといっても、信頼激減は致し方ないところです。とりあえず、負荷分散もしくはサーバ増強による接続遅延の改善を求む。

って、私これ会社から書いてるんですけどね…_| ̄|○
やっと上がれそう。

ベータテスト版から正式版への移行に際して

JUGEMがもうすぐβテストを終了する関係で、7月14日午前2時より午前8時まで当サイトにアクセスできなくなります。またそれからDNSが浸透するまでの数日間はサイトに繋がりにくい状況がありえますのでご了承ください。
まぁうちは「本体」がありますので実害はほとんど無いと思いますけどね。そもそもblogside自体、日に100ヒット程度ですし。

蒼穹のファフナー 第2話

蒼穹のファフナー第2話見終わりました。これでやっと東京組に追いつけたよ、ふぅ。

んで感想ですが、いやいやいや。わたし結構楽しめちゃいましたよ今回は。
 戦闘シーンがえらいあっけないなとか、総士の親父の死は設定の都合を優先しすぎだろ(要するに無駄死に)とか、作品世界で呼称を北欧神話に統一しているのかと思ったらレールガンは「レールガン」のままなのはなんでなの? とか、将来の戦力である子供に島の秘密を教えておかないのは何のメリットもないだろ? などなど、色々とつっこみを入れたくなったのも事実なのですが、主人公であるところの真壁 一騎くんの見せ方は悪くなかったのではないかなーと思うのでした。人間味を感じさせる親父とのやりとりとか、状況は全然理解できていないんだけどまずは「闘う」ことを選ぶ前向きさ(とちあえずはだが)なんかに、ファフナーと同種のアニメがよく陥っていた「主人公が視聴者に親しまれにくい」という弊害をある程度回避する効果があったように見て取れたから。まぁその辺の影の部分は軒並みもうひとりの主人公であるところの総士が引き受けることになるんでしょうけど。影のある少年と言うことで彼は女性からの人気は担えそうなんですが、こうまで記号的にキャラが作られていると、私的にはまだ好意的には受け入れがたいですね。

 ストーリーに関してはまだまだ謎の風呂敷を広げるばかりでまったく今後が見えてこないのですが、これから一騎くん視点でいかに視聴者を納得させていくのか、期待してみようとおもう。まだ本作は始まったばかりなのだから、なるだけ結論は後回しにしたいところですからね。

最近のアニメ感想

本日は参院選投票すませて昼間っから片田舎のラブホでごにょごにょごにょ。
帰ってきたら自分が投票した奴は当確してましたが、比例の議席は激戦っぽい。

それはそれとして、最近みたアニメの感想の続きをば…

●蒼穹のファフナー 第1話
 既に言い尽くされているとは思いますが、激しいパチモン臭にあてられました。SEEDのキャラでエヴァをやっているようなノリなんですが、その手の作風は既にリヴァイアスがやっていたわけで、尚更の「今更感」です。
本作の企画は商業的な観点からみると、「昨年度一番人気のSEED」に「未だ人気のあるエヴァンゲリオン」の組み合わせなわけで、ある意味的を射ているのかもしれません。ただ制作サイドがその要求を作品中で昇華させきれたのかどうかは未知数。
 というか現状では失敗気味…。
今期では数少ないリアルロボットモノなのだから、頑張って欲しいんだけどなぁ。

●月は東に日は西に -Operation Sanctuary- 第2話
 …もうこれは駄目かも。正直言って見るに堪えない作品に思えてきた。15分番組なのにちと散漫としすぎ。せめて広告塔として面白さをひとつでも示してくれないとなぁ。

●Wind -a breath of heart- 第2話
 はにはによりはこっちのほうがスッキリ見られます。キャラも掴めてきたし、作りが丁寧ですね(対はにはに比)ゲームではもはや伝説と謳われている例の「問い詰め」をアニメでも見せてくれるのかな~と期待(ゲームしらんので)


●マリア様がみてる ~春~ 第2話
 1話を見逃したので2話から合流。
もうすぐ最上級生組が卒業してしまうので、話しの根底に暗い雰囲気が流れてますなー。私もロサギガンティア好きだから居なくなるのは悲しい……。って今回は黄薔薇様の話でしたが、他校とはいえ教師が生徒と交際って問題にならんもんなんでしょうか。まぁ浮き世とは違うノリを楽しむべきなんだろうけど。
 ちなみに私、「マリみて」は原作小説一巻で挫折したがアニメは好きという少数派ですんでその辺ご了承ください。


●アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル 第1話
 ぽ、ポワロが里見浩太朗!? そのキャスティングに驚きましたが、流石に大御所。声優業も巧いですわ。ただ、ポワロは海外ドラマ版で「変な外人」という印象を持っていたのでそのギャップに戸惑いました。まぁアニメ版では「メイベル」という萌えキャラまで追加されてるし、「名探偵ポワロ」を原作としたオリジナル作品として楽しむべきなんでしょうね。NHKアニメらしく作りは丁寧だし、肩肘張らずに楽しめそうな黄がしています。

アニメ雑記 インタールードvol.2 とか

ちょくちょく新番組も始まりつつあるようですし、最近みたアニメの感想を書いてみます。

……って「マリア様が見てる~春~」見損ねた!_| ̄|○

インタールード VOL.2
インタールード VOL.2
主人公と綾が2人きりで暮らす別世界の話しが主体。
いくら寂しいからってよく知らない?主人公と同衾する綾って、と思うのは
私が汚れているからでしょうか。そうですか。
この手のクールビューティがうち解けていく描写ってのは定番ですが可愛いもんです。
しかし、別世界の文字がどうにもハングルに見えて仕方がないのですが…(;´Д⊂


●月は東に日は西に
ゲームの方は未プレイですが、やっぱこれもトンデモ設定な話しだったんですね。
それはそれとして、掴みの第一話としてはインパクト弱いです。
あまり継続して見ようという気にはなれず…。

●Wind
同上。
っつーか、どちらの作品もファン向けなのかそうでないのか、スタンスがイマイチ判りづらい。このままだとどっちかつかずの凡作で終わりそうな気がします。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード