心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

新PC発注

週末に新PCを発注した。今回は今まで触ったことのない新機軸満載となったことから、PCショップのBTOマシンを購入することにしました。主な仕様は…

CPU:AMD Athlon64 3500
メモリ:DDR-SDRAM PC-3200-1GB(512MBx2)
HDD: C:U-ATA 80GB
     D:S-ATA 250GB
GPU:RADEON X800-256MB

その他諸々で、最終的には20万の予算をちょっとオーバーしてしまいましたが、まー2年以上使うつもりなのでベースモデルに金を掛けて損はないでしょう。欲を言えば、GPUはX850にしたかったのですが、まだ在庫状況が怪しいみたいなんで断念です。とはいえ、現在のRADEON9600Proから数世代を経たGPUなので、色々期待です。
これで「らぶデス」も大丈夫……なはずだ(^^; 来月公開の体験版で、委員長のデコを撫でまくってやる!! ああ…委員長萌え~

ってPC自体はまだ届いてないんですよ。今週中には届く予定。今のマシンはセカンド機としてとっておくとして、Win98が入ってるもう一機は、里子に出すことになるのかな……。
さよなら98タン(つД`)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

まーたー延~期~

毎度のエロゲ延期ではなくて、これ→

当初は去年のクリスマス予定だったのに、1月に延び二月に延び……。製造を中国なんかに任せるからだよぅ。多少高くなっても国内で作ってくれてれば、「パッケージのクオリティー維持のため」なんて理由による延期は避けられたろうに。って延期の理由までエロゲっぽいな。

続きを読む »

寒いですな~

最近めっきり寒くなって、会社では隣の席に座る同僚がインフルエンザにかかってダウンダウン。私も先週末に風邪にやられましたが、今年は胃腸へのダメージ大のパターンなのですな。ノロウィルスって訳じゃないでしょうけど。

今週のエロゲは、「天使のスキャンティ」が直前で延期してしまい、完全に手持ちぶさたに。で、何とはなしに買った「鬼魂」は、設定や雰囲気だけでなく演出もフォントもシナリオ運びもDOS時代を彷彿させる古くさく安っぽい懐古主義的作りに加えて、純粋に序盤が詰まらなかったのでプレイを放棄してしまいました。あー、お金ドブに捨てちゃったかな;;

その空いた時間に、以前に宣言していた2004年エロゲ九牙的満足度チェックリストの制作を進行させました。テキストはほぼできあがり、あとはHTMLに落とすだけなので、土曜日頃にはサイトにアップできるのではないかと予想しています。このリストは「批評・レビュー」ではなく、あくまで九牙がプレイして「面白かったか」「満足できたか」という視点でのみ語っていますので、その点を予め理解して呼んでくれると嬉しい。ってまだ先の話しですが。

新春新アニメの明暗

この冬の新アニメ番組2作の雑感。

■スターシップ・オペレーターズ
 #1を見ました。キャラクターの作画自体は悪態を付くほどではなかったのですが、Aパートでの、説明台詞の応酬でストーリーを展開させていく構成には辟易。見所となるBパートの対艦戦闘にしても、大した緊迫感伝わってこないはで、わたしゃ置いてけぼりを喰らった印象です。「敵に作戦意図を教えながら」戦闘を展開させるにしては、説得力に欠けた戦いでしたしね。世界観とかいろいろ説明してくれないと、原作未読者な私は早々に見限るかも。
 ちなみに、近年のSFアニメで一番格好いい対艦戦闘と私が評価しているのは、「星界の紋章」でのゴースロス戦だったりします。


■ジンキ・エクステンド
 ジンキは無印連載の頃からすげー好きなマンガでした。無印のラスト辺りは雑誌移転のゴタゴタに巻き込まれて投げっぱなしジャーマンな落ちに涙しました。その後に始まったエクステンドは青葉でないしレイープの連続で「おいおいなんだよこの『ミュウの伝説』第二部ばりの変わり様は!?」とまた泣かされましたが、それでもそれなりに好きなマンガだったりします。その「ジンキ:エクステンド」のアニメ化というわけで期待に胸弾ませつつ第1話を見た私ですが……。
 第1話に関してはもう文句ございません。というか予想を超える出来の良さに驚きました。特にモリビトの重厚さを感じさせる演出と描写に燃える燃える。巻き込まれ型のヒロインである青葉をきちんと無理のない形で活躍させてケリをつけた構成の纏まり方もよかった。あと、青葉がプラモデル好き→ロボ好き→パイロットに という流れに対して、「血族」というネタを無視しても成り立つ形で伏線張っていたのも好感触。(原作通りといえばそうなんだけど)わたしは、原作の頃から青葉の「プラモ好き」という設定の使い方が好きだったんですよ。無印ジンキはヒロイン青葉を中心としてた物語なのですが、「プラモ好き」という設定は、読者としての私が「主人公への感情移入」を行う場合に生じる性差の反発を随分と和らげてくれました。分かり易い共感要素だったわけですな。キャラ設定に「セメダインの匂いが好き」なんて書かれたり、モリビトを初めて見て「興奮のあまり紅潮する」とかいうとこが魅力のひとつになっていたわけです。ちなみにそういった要素がほとんどないジンキのヒロイン赤緒に対しては感情移入できないどころか初期の頃は嫌悪感すら覚えました。とはいえ「エクステンド」は両兵が主役な構成なので大した問題にはならなかったわけですが。

っと話しが反れてしまいましたが、「ジンキ・エクステンド」第1話は原作ファンな私から見て十二分な出来でした。今後の展開については、無印とエクステンドを交錯させる形で展開するストーリーが1クールでまともに収拾できるのかという不安がつきまといますが、その辺はアニメ版独自の見事な展開に期待させていただこうと思う。
 それより遙かに切実な問題が私の前に立ち塞がっているからだ。

 そう、それは……

 福岡ではアニメ版「ジンキ・エクステンド」放送してねーよ!

 ってことである。
 今回は東京に住んでいる同好の士のご厚意により、録画版を見る機会に恵まれた訳です。せめてBS朝日で放送してくださいよと号泣するばかり(T_T)

DUEL SAVIOR リリィルート終了

宣言から少し遅れてしまいましたが、本日今夜、私の「DUEL SAVIOR」はハッピーエンドを迎えました。ファンファーレと共に終了です、はい。なに?あとひとり攻略キャラがいるだろうって?いや、私にとって攻略したいキャラは全員クリアしたし、セルも生き残ったしハッピーエンドだしどうせ殿下ルート無いしで終了なのです。未亜、セルと幸せになれよ~!

…って未亜ファンから恨まれそうな事書いてますかな? この辺は嗜好の問題なので許されい。救世主伝説のケリは完全に付いてないし謎もいくつか残ってるけど、私的には前述の通り。それに、どうせ夏までには出るであろうDVD完全版を購入する動機付けのひとつとして最後のルートは取っておくことにします。

★以下ネタバレ



駄目リリィ、可愛すぎ!
期待していたし予想もしていたのだが、それを上回る意地っ張り娘の魅力大放出のリリィ・シアフィールド嬢にもうメロメロです。8章の逢い引きですらかなり萌えさせていただきましたが、大河告白→初Hあたりの展開はコントローラー持ったまま萌え殺されるかと思いましたよ。告白されながら好きな相手引っぱたくとか、馬鹿連呼とか、嫌がってるフリだけでキスは情熱的とか、もうもう…

 あたしゃリリィに千ヒットコンボ喰らわされました!

所謂”ツンデレ”属性持ちな私ですが、欲を言えば「ツンツンツンデレツンツンツンデレツンツンツンツンデレデレツンツン」ってくらい”ツン”なところをより重要視する私としましては、リリィ嬢の「恋人になってもそれ以前の性格を色濃く残したまま」なデレ表現はクリティカルヒットなのでした。

ストーリー的には終盤のバトルで主人公の活躍の場が少なかったのは残念無念でしたが、それでも無道倒したりキザ野郎ぶっ飛ばしたりとそれなりに見せ場あったので十分満足です。というか、「好きな奴らのために戦う!」というコンセプトに共感しまくっていたので、クライマックスの大河&リリィの台詞ひとつひとつに燃えました。落ちも綺麗に纏まったし、ホント、ここでやめてしまっても心残りないですな(^^;

DUEL SAVIOR 4周目クリア

上野パンダさんにも以前言われていたとおり、やっぱリリィ攻略は無理だったので8話でナナシルートに変更しました。ナナシは私にとって攻略対象というよりマスコット的な扱いだったのでルート選択は少々不本意でしたが、結果的にはそう悪くはなかったかな? という評価のシナリオでした。

※もういい加減かまわんような気もするがネタバレ注意

ナナシのまんまじゃエロシーンスキップだなこりゃと覚悟していただけに、ルビナスさんとのエロになって個人的には助かりました。でも、脳タリンなナナシが好きだった人にとってはどうなんでしょうかね、この展開は。私にしても、好みはともかくナナシ状態のほうに馴染みが深いだけに、ちょっと主人公がルビナスに惹かれていく部分に置いてけぼり感を覚えました。まぁそれも、最後のルビナスの台詞で救われたような気分になったので結果オーライですが。

戦闘に関しては、苦労して四天王に勝っても展開に変化が無くて泣きたくなりました(T_T) シナリオがヒロイン個別の一本道構成な本作にその辺の分岐を求めるのは間違いだとは思うんですが、バルドフォースみたいにヒロインマルチエンドが嬉しかったかな~。…そしたらクレア殿下救出ルートも組み込みやすかったろうし(T_T)
またこの四天王戦は、これまでの戦闘に比べると流石に難度高かった。ボスキャラ4人対自分だけですからなー。4敗して5戦目でやっと勝てましたよ。ちなみに大河Lv.7でした。

さてさて。次は念願かなってリリィ攻略ですな。なんか鬱度が増すシナリオらしいですが、それはそれとして、このツンツン娘がどう恋愛感情を吐露してくれるのかを楽しみにしたいと思う。二日は家にいないので、攻略するのは三日になるかもしれないが。

デュエル・セイヴァー 3周目クリア

DUEL SAVIOR 通常版元旦から何やってるんだかという自己ツッコミは無視して、デュエル・セイヴァーの3周目は楽しみにとっておいた「リコ・リス」狙い。さすがに2周目以降は無敗クリアで戦闘パートもすっかりなれてきましたが、試しに使ってみたカエデが非常に使い勝手が良いのに驚いた。いや前衛系だしある程度使えるのは判っていたのですが、ドリルキックから簡単に多段コンボ決められて尚かつ→紅蓮EXに繋ぐコンボが格好いい&強い。うーむ、主人公形無しである。

★以下ネタバレ注意
 それはそれとして「リコ・リス」シナリオである。彼女自身は自分がマスターになって以降の健気さが実に可愛いかったわけで、ヒロインルートではそれに輪を掛けて可愛い。「書の精霊」というところで後ろめたさがあるので一歩退いているけれど、「好き」という感情を発露させると途端に「少女」になってしまうとことがいい。特に3回目のHシーンでテレパシーが漏れてきて彼女の羞恥と恋心が伝わってくるところは萌えエロとして大変GOODでありました。ストーリー的には、最後の最後がちとアッサリしすぎていた気もしますが、まぁ充足感はそれなりにありました。

…………ただ。
クレア王女殿下ーーーーー!!!!!
あんまりだ…あんまりだよクレア……。ええい糞! どうせ戯画だから3ヶ月後くらいにはDVD版出すんだろうが、ならばクレアシナリオ追加して発売しやがれ! そしたら9200円でももう1本買ってやるから!!
 ……お願いしますよ(つД`)

さーて、私的にあとは念願のリリィをクリアしたらデュアル・セイヴァーは終わりなんですが、もう落とせるのかな? ナナシをどうしても通らないといけないとなると、辛いなぁ。

あけましておめでとうございます

あけおめことよろ。

というわけで2005年です。 はー、2000年代に入ってもう5年ですか。月日の経つのは早いもんですな。わたしも年を取るわけだ。

さて1月のエロゲですが、下記タイトルの購入を予定しています。

・マロングラッセ
・接待倶楽部
・Pure×Cure

あたりを予定しています。今月は冬コミあわせの同人関連通販で金が消えるからなー、というか既に1万5千円ほど使ってますが。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード