心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

ゆのはな ルート別感想

というわけで、昨日(というか今朝か)正式感想をアップした、PULLTOP最新作『ゆのはな』の、ルート別感想でございます。
ちなみに、当然のごとくネタバレ万歳な内容なので、未クリアの人はご注意ください。

以下、クリアーした順に…

●穂波ルート
25日のサイトトップで書いたとおり、穂波ルート攻略する前に実は1回ノーマルエンドを迎えてます。三つのバイト先を満遍なく回っていたら迎えたエンドがノーマルってのは個人的にはちと残念でしたが……。チッ!!ハーレムエンドあったらなぁ…。

 っで、穂波ルートです。
 穂波ルートは正式感想でも書いてますが、『ゆのはな』4ヒロイン中、一番エロいルートだったりします。ただ、このエロさというのが、所謂ドロドロねちっこいエロでないところが、実に特徴的なんですな。まるで妹のように接していた穂波がオナニーしているのを、たまたま盗み聞きしてしまった拓也と、それに気づいた穂波。最初は穂波の性に対する好奇心を満たすためだけの、お飯事のような弄り合いだったのに、それを切っ掛けにして、拓也も穂波をどんどん一人の女の子として好きになっていく。そして行為もドンドンエスカレートしていく、という展開なのですが、ここのやり取りが実にいい。特に、拓也をその微乳でもって誘惑する穂波はエロ可愛いスギ! 抵抗できねーっての!! この、本番以外のエロで魅せるエロティシズムが、ある意味穂波ルートの真骨頂でしょう。もちろん、本番エロも萌えまくりますが。この子だけアナルSEXまでやっちゃうし。
 またこのとき「やりたいことのオンパレードをやっちゃった」と穂波はピロートークで語るのだが、これが、穂波を襲う依姫問題に対する彼女の決意だと後に判る展開は、巧いなーと思ってしまったのでした。

 ただ、穂波シナリオでは終盤のすれ違いの繰り返しがちょっと多すぎて、せっかくのクライマックス前にだれてしまったのは残念でした。ゆのはを救うために、ふたりで力を合わせる、てとこを、もっとクローズアップして欲しかったですね。


●椿ルート
 他のルートでは溌剌として頼りになる姉御な椿が、このルートでは、自分のモノ書きとしてのあり方に疑問を感じ、思い悩むことになる。穂波やわかばのシナリオに比べると、当番ルートでキャラの良い面があんまり現れていないってのがちょっと残念でした。拓也と椿が互いを具体的に意識する切っ掛けが、酔いつぶれた末の同衾ってのはけっこうお約束で好きなんですけどね。
 エロシーンに関しても、椿ルートはちょっと愛情不足な印象あり。まぁ愛情不足なのは展開上致し方ない部分もあるのですが、だったら、肉欲のみに走らせて、ねっとりと濃いエロを描いて欲しかった様に思えます。
 あと、時速200KMで雪の中をタンデムで走るのは危険なのでやめましょう^^;。

 で、いきなり迎えるゆのはとの別れ。穂波シナリオでは終盤ゆのはがシナリオ上重要な位置づけだったことに比べると、このシナリオではおおよそぞんざいなゆのはの扱い(アイスもらいに来るだけのイメージが強すぎる)に、正直、ちょっとぽかーんとしてしまいました。それでも、「またね!」のあたりで涙ぐんでしまいましたが。
 私は事前に、穂波シナリオをクリアしていたからそう感じたのかもしれませんが、逆に言えば、先に椿シナリオだけをクリアしていた場合、ゆのはが単に「うざいガキ」に思われかねない危険性をはらんでいるとも言えます。ちょっとこの辺、ゆのはという存在がシナリオ上で活かされていなかったように思えますね。


●わかばルート
 ほえほえ~とまるで春のお日様のように暖かく、誰にでも優しい女の子わかばが、拓也という存在を、「困っている居候」から「特別な人」として意識していく展開は、王道ながら手順をしっかり踏んだ構成で、面白い。また、このルートでは当然、わかば至上主義者のレズ娘由真が大活躍というか大暴走するところが見所でもあります。展開上、彼女は拓也の当て馬にならざるをえないのですが、最後の最後まで、わかばへの思いを貫き彼女の幸せを願う由真は、ある意味、拓也以上に格好いいのでした。
 わかばルートでのゆのはは、椿ルートよりはそれなりに存在感を示します。「親切心や思いやりは無責任に行うべきではない」という下りは、ゆのはの大人びた面をかいま見せて良かったのですが、ちょっと阿漕な面を強調させすぎな気もします。私は前述したとおり穂波ルートを先にクリアしていたので、ゆのはへの思い入れがすでにできあがっていたので事なきを得ましたが、椿ルート同様、ちょっとゆのはの扱いが悪い様にも思えます。


 で、3ヒロインクリアです。穂波以外のシナリオでは、ゆのはと別れてしまったあとでは、ゆのはとの日々が忘れられているようで、ちょっともの悲しさを覚えていました。その不完全燃焼な思いをぶつけるべく、最終シナリオ『ゆのは』を開始しました。

●ゆのはルート
 正式感想でも書いてますが、ゆのはルートはメインのゲームシステムから切り離され、ゲーム性のない、完全な「スクリプトノベル」と化してしまっています。シナリオのボリュームも、3ヒロインに比べると少なめです。そんなわけで、ゆのはルート単体で見ると、「拓也とゆのは」が互いを恋人として意識する展開の説得力に欠けてしまっているのが残念でした。もちろん、3ヒロインルートをクリアしているので、ゆのはが拓也に対して、けっこうな好意を抱いていることは既に判っています。なので「置いてけぼり」という気持ちは抱きませんし、展開に理解はできるのですが、心の底から納得できるかというと、不満は残りますね。
 正式感想にも簡単に書きましたが、例えば、バイト先選択にゆのはルート用の「雪かき」を新設。他のヒロインバイト先でのイベントを交えて、ゆのはが他のヒロインに嫉妬するシーンなんかを交えつつ、「雪かき」を重ねていくと、ゆのはルートに分岐していく、というような構成だったら、私はもっとストーリーに没入でき、拓也とゆのはの恋愛感情にもっと共感できたように思えるのでした。

 とはいえ、ゆのはとのHは背徳的でよござんした。”恋人同士”になったゆのはの拓也への甘えっぷりは、これまでのこしゃまっくれたガキのイメージを思うと、実に可愛らしい。あの守銭奴が、健気に拓也を悦ばせようと頑張る様は実に萌えます。たんだ、エッチシーンの喘ぎの演技が、他のヒロインに比べるとゆのはは良くない印象を持ちました。悪いわけではないのですが、オカズとして使うには、艶が足りないというか……。

 ゆのはルートの最後に関しては、出来過ぎな嫌いはあるかもしれません。ですが、本作の〆がスッキリしない終わり方だったら、それこそ堪らないというものです。出来過ぎだろうとなんだろうと、ゆのはにも、ゆのはな町のみんなにも、そして拓也にも幸せになって欲しいと思っていたし、それは見事に叶った。私としては、十分満足のいける、物語の締めでありました。



 んー。こうやって振り返ってみると、シナリオに対して不満たらたらなのかと思われてしまいそうですな(^^; 私としては、これらの欠点を認めた上で、本作『ゆのはな』を楽しめる良作と評価しています。ほのぼのと暖かい雰囲気と、思わず漏れる笑い。魅力的なヒロインに萌え、別れに悲しみ、幸福に酔う。悪くない。やっぱ悪くないですな『ゆのはな』は。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

福岡西方沖地震

 福岡県地方を中心に、平成17年3月20日午前10時53分頃に発生した『福岡西方沖地震』。ほぼ1日が経過しましたが、地震の規模の割には被害は小さめでほっと一安心。

じゃねーよコンチクショー

部屋の片付けで丸一日かかるは、会社のサーバーが転けて緊急メンテに飛び出すはで、それなりに大変だー!

 私が住んでいる地区は震度5弱に襲われました。私はその時間、二度寝の贅沢を満喫しようとまったり布団に横たわっていましたが、ズン!ときた縦揺れで一気に覚醒しました。しかしその瞬間は、「あ、地震だ~。ちょっと大きいな」ぐらいな認識でしたが、収まらない…。揺れがなかなか収まらない! 10秒も経たないうちに、まず枕元にあるPCラックに積んであったエロゲディスク群が崩落開始! 数個の直撃を受けあわてて上半身だけ起きましたが、今度は本棚の”上”に積んであったコミック群が崩落開始、これを合図に、次々と本やCDやDVDやゲーム機までが大崩落。そのとき私は、一瞬こう思いました。

「オタアイテムに囲まれて死ぬくらいならあとで燃やしてくれ」
地震直後の惨状(^_^;)(右に見える机の下に頭があった)

 まぁ30秒ほどして揺れが収まると我に返り、部屋から脱出してまず火の元確認。起きていた姉貴にもしもの時の持ち出し物を用意させ、ガスメーターと水道メーターを見にいき、それぞれ漏れが発生していないのを確かめてから、テレビで状況確認しました。

 報道で散々いわれているように、福岡県はここ数百年大規模な地震を経験していないので、県民の多くも地震に馴れていません。そのわりに被害が限定的なのは、やっぱ発生時間のおかげでしょうね。あと1時間遅ければ、例のガラス崩壊現場で数十人単位の死傷者が出ていたことでしょう。

 うちの会社は百道にあるので液状化の影響が今後も心配ですが(こんな地割れがあちこちにできてるし)大きな余震がこないよう願いつつ、普通の生活に復帰していきたいところです。

福岡地震

福岡市城南区鳥飼エリア
自室の被害は甚大ですが、特に怪我もなく元気です。
電気・水道・ガスも今のところ大丈夫みたい。

復旧作業色々あるんで、詳細は夜にでも~

では、生存連絡でした。

ファントム・キングダム 1stショートインプレ

ファントム・キングダム
日本一ソフトウェアのPS2用シミュレーションRPG『ファントム・キングダム』を購入、ほんの4時間ほど、ゲーム内で第2話1マップ目まで攻略が進んでいるにすぎない段階での1stインプレですが、いってみましょう。

いきなりでアレですが、正直言って「ファントム・ブレイブ」に比べて遥かに掴みはOK! 1戦闘毎にストレスが貯まったPBに比べて、戦闘システムもシンプルになり、「ディスガイア」のノリにより近くなった印象を、現時点では持っています。まぁ、味方を投げるときにいちいち装備を外さないと投げられないってのはちと面倒なんですが、地面の摩擦係数とか、出撃時間制限とかがないだけで、十分お釣りがきますわ。

ストーリーもコメディ色が強く、無闇にストーリーが暗かった「PB」に比べて、取っ掛かりが良いですわ。ただプレイヤーユニットは基本的にすべて汎用キャラなので、メインストーリーに関しては、なんとなく第三者的な疎外感は感じますな。まぁゲームデザイン上致し方ないのですが。……そろそろコンファインってシステム自体、やめて欲しいとこなんですけどね、個人的には。ユニットを「死なせる」ことの抵抗をなくすために「コンファイン(憑依)」という設定は有効なのかもしれませんが、この種のゲームではユニットを「育てる」ことがより大きな楽しみなわけで、ユニットへの愛着を大事にできる、ディスガイア的なキャラメイクで良いと思うのでした。


うちのファーストパーティは現在7名。
 リーダー:女魔法使い
 女戦士x2
 女魔法使いx1(+リーダー)
 ヒーラーx1
 商人x1
 盗賊x1
からのスタートです。ホントは全部女キャラにしたかったのですが、盗賊は野郎固定なもので…ガッデム!!    

 日本一ソフトのこのシリーズは、伝統的に長ヤリコミ系RPGなので、時間を見つけてはまったり遊んでいこうと思います。エロゲに加えて、まだ「ブルーフロウ」も終わってないですからね(^^;

リリアとトレイズ

きょうはiモード6周年レセプション参加を主目的に日帰り東京出張。新橋で某社と打ち合わせしたりと慌ただしく疲れる1日でしたが、そんななか、移動中の合間合間に心を癒してくれた小説がこちらの

リリアとトレイズ Iそして二人は旅行に行った(上)』
著/時雨沢恵一 イラスト/黒星紅白

本書は「アリソン」シリーズの正当な続編にあたる作品で、前作の主役であるアリソンとヴィルの娘リリアと、同じく前作のメインキャラであった英雄さんことベネディクトとフィオナ王女の息子トレイズの二人が活躍する冒険譚である。物語の雰囲気も前作を踏襲しており、正義感あふれる少年少女がその心の赴くままに、遭遇する事件を解決していく痛快劇となっているようだ。…なぜ”ようだ”と仮定形なのかというと、本作はタイトルの通り上巻にすぎないため、落ちが確約されていないからだが、まぁ、鬱な落ちで締めくくることはたぶんないだろうとふんでいます。

 前シリーズ同様、「リリアとトレイズ」でも、メインの二人のキャラクター性が魅力です。リリアは基本的に母であるアリソンの性格を色濃く引き継いでおり、やはり気が強く我が儘なのだがそれが嫌みにならない快活さがある。トレイズはヴィルのような超然としたキャラではなく、ベネディクト的な、ちょっと頼りないけど決めるときは決めるという、男の子として嫌みのない性格は親しみが持てる。また、今回は恋愛に対するポジションが前作と真逆となっているのは、前作をしっているとニヤリとする点だろう、前作ではアリソンがヴィルにアプローチを繰り返して繰り返して繰り返して、それでもなかなか報われないところが、ある意味萌えどころだったわけですが、今作ではトレイズのリリアに対する想いがなかなか報われないところに、読者の憐れみが集中しそうな気がします。頑張れトレイズ! 男の子だろ!!
 
 しかしながらシリーズものの悲しさというか、やはり前作キャラが出てくると、リリア達の個性が霞んでしまうのは致し方ないですかな。とくにアリソンは「イイ女」へと華麗な成長を遂げていながら、ヴィルからのたった一言に一喜一憂する様は、「ああ変わってないな。美女になっても萌えますな」と嬉しくなりますし、できる知性派ヴィルの活躍には期待が膨らみます。

 こう書くと、悪い意味で言えば、現状のリリアとトレイズはふたりの縮小再生産なのですが、両親'sが加わることで魅力が膨らむと思えば、悪いばかりということもないでしょう。というか、もっとアリソンとヴィルのラブラブシーン描いてください。独立した外伝でも可です。まぁ、ヴィルが”ヴィルヘルム・シュルツ”という名を捨てなければならなかった物語は、今シリーズにおいても重要な意味を持つことになるのは間違いないでしょうから、それが描かれる日を、期待して待ちたいと思います。

ブルーフロウ

ブルーフロウ

工画堂いるかさんちーむ最新作『ブルーフロウ』(¥9,240)を購入、先ほどまで3時間ほどプレイして、ミッション5の山岳要塞攻略まで進めてみました。
難易度「普通」で開始したせいか、序盤から装備がそれなりにそろっているようで、かつてパワードールで味わった「敵が怖くてローダーを突出できないよ」というようなこともなく、ひとりの戦死者も出さずに進めています。へたれなPCゲーマーとしては、とりあえず難易度的には悪くないですね。そいでは、硬派RTSゲーマーではなく、ギャルゲ的RTSを求めた九牙が見た「ブルーフロウ」序盤の評価はというと……

・SLGパート
 上で書いたとおり、現時点において難易度はけっこう温い。ローダーを一機だけ突出でもさせないかぎり、そうそうやられることはない印象だ。ただ、まだまだチュートリアル的ミッションばかりなので、「だからこのゲーム全体の難易度も温い」とはまだまだ言えないですね。この辺の評価は保留です。

 SLGパート遊んでいてまず感じたのは、「あれ? 戦闘えらく地味だなぁ」ということでした。最近のPDを知らないのですが、こと演出の次元で見れば、PD初期シリーズからたいした変化はおこってないんですな。3Dでバリバリ動かすのかと勝手に思っていたのでちと残念。武器変えた実感がわかない……。あ、戦闘中に各キャラがベラベラ喋り続ける様は、PC版GAを連想してしまいました。

 操作系に関しては、右クリックが「決定」に近いニュアンスで使われているのが、感覚的にしっくりきません。
 
・AVGパート
 当然といえば当然なのですが、エロAVGとかに比べると、画面効果やポーズ変化なんかが大人しめですね。ひとつひとつのAVGシーンも短いので、文字通り、インターミッションな扱い。ただ、一つ一つが短いが故に、ストーリー面の描写はやはり淡泊で、展開に唐突さは拭えない。主人公ユアンが部隊に馴染んでいくのも非常に早くて、すぐに「シュラク隊とウッソ」みたいな関係になっちゃうのは個人的には残念な部分でした。いや、主人公がへんに斜に構えても困るのですが、軍側が、もう少し主人公と距離もっていたほうが自然かな? という印象です。各キャラも増えるだけ増えただけで、あまり深く描写もされませんからねぇ。ギャルゲ的にはそのへん、作りが甘いかなと。

今のところ、、「面白いけど高揚感に乏しいな」というのが正直な印象です。ただ、部隊に愛着が湧いてきつつあるので、継続意欲は高くなっています。池澤春菜ボイスのマキが可愛いですしな! あと、青山ゆかりさんは何役やってるんだろう(^^; 大活躍ですよ。

らぶデス セクティービーチPUSH版

 そういえば、TGと一緒に買ったPUSHに収録されている『セクティービーチ』の存在をすっかり忘れていましたよ。なんというか、『らぶデス』の扱いがTGに比べて小さく感じたのと、オーガストの新作「夜明け前より瑠璃色な」の印象が強かったからでしょうか。そういえばオーガストの新作の略称どうなるんでしょうね?前作「月は東に日は西に」を”はにはに”という独特な略称にして定着させたオーガストですから、本作は”けよりな”にでもなるんですか?

 さて、では今回もTG版と同様にベンチマークを走らせてみましょうか。いやしかし、既に最新版がウェブでDLできる以上、雑誌収録版によるベンチはほとんど意味をなさないかもしれません。そこで、ものは試しと、PUSH版「セクティービーチ」にDL版セクティービーチのEXEファイルを上書きしてみたら……。
 茶シェード設定可能な最新エンジンでスク水委員長を弄くれるではありませんか!

 というわけでベンチマークです。環境は前回とまったく同じ。
【CPU】Athlon 3500+
【RAM】 PC3200 512MB*2
【GPU】 RADEON X800-256MB
【OS】 WinXP SP2
【オプション】
 1280x960フルカラー AA:x6/(異方性フィルタx16)16bit以外すべてON/シェードタイプ柔らかめ

結果もほぼ同様の60~75セクシーでした


 うむ。スク水だろうがビキニだろうが、やはり委員長は可愛いのであった。本編の発売は、大方の予想通り3月を跨いで4月15日となってしまったが、これ以上の延期はないとみて、あとは待つほかはないですな。できれば発売前に、エロシーンの体験版を用意して欲しいところだが……。

ブログお引っ越しです

遂にJUGEMのブログサービスと決別して、新天地としてFC2サービスへと『心の叫びblogside』は引っ越すことと相成りました。 JUGEMは本サービスを開始してからこっち、年がら年中不安定で年がら年中メンテ中みたいな状態でしたから、決断は遅すぎたとも言えます。
 ただ移転先はずいぶん前からいくつか探していたのです。ついにはサクラネットのレンタル鯖借りてSBでもインストールしようかとも思いましたが、メンテする手間を考えると、従来型サービスにするのが一番だろうと判断してのFC2です。blogsideの方をブックマークされている方は、申し訳ありませんが変更をお願いいたします。RSSチェッカーの変更もあわせてお願いします。これ以降、JUGEM側の更新は停止して、折を見て全投稿を削除しようと考えていますので、よろしくお願いします。

OVA イリヤの空、UFOの夏 Vol.1

OVA イリヤの空、UFOの夏 Vol.1 第三種接近遭遇
イリヤの空、UFOの夏 1

先週私を襲った悲劇を忘れるためか、ほとんどヤケッパチかつ衝動的にアマゾンで注文した本作が今日届いた。
さらにぶっちゃければ私、この話しの原作読んだこと全然ありません。題名くらいは知ってましたが、作品ジャンルすらよく理解しないまま注文しております。購入動機は限りなく絵買い。倉嶋氏のパッケ絵に魅せられてでありました。

っと、原作ファンに対する言い訳はこれくらいにして、制作サイドのターゲットユーザーから外れ気味としか思えない私の感想はといいますと……。

 第1話しかみてないから、正直言って訳わからねー。伊里野が1947年から続く宇宙人戦争に対する対抗兵器っぽい扱いに思えたが、敵味方双方の情報少なすぎるので推測の域を出ず。最終兵器彼女みたいなもんなのかなぁ? いや、戦闘機パイロットだから、雪風に乗る零に近いのか?(そういえばメイヴちゃんはやっぱり原作ファン憤死モノらしくて逆に興味が沸いた)1話だし、恐らく現sかうに比べたらダイジェストみたいなもんだろうから、私が世界設定に対してクエスチョンだらけになるのは、致し方ないのかも。

 一方、ボーイミーツガールモノの第1話とするなら、掴みは悪くない。いえ、水着姿の伊里野の見せた脇乳に私が絆されたからじゃないですよ? 胸バーンより萌えたのは確かですが。
 私にとってはこっちの展開の詳細も、現段階ではやっぱり推測の域を出ないのですが、自衛隊で秘密兵器的に扱われてきた伊里野が、初めてであった戦争と関係ない少年に、戦いと関係ないことを教えてもらう。それが彼女のなかにいままでにない衝動を植え付け、少年もまた、不可思議な言動を重ねる彼女に、次第に興味以上の好意を覚えていく…って展開は、王道ながら悪くないと思えるのだ。

 ビジュアル面に関しては、おそらく低予算だからだろう、省略されまくった背景や止め絵の多いカット割りには少々辟易するが、安定した作画、そしてやはり、倉嶋キャラの肝である魅力的で活き活きとしたキャラ描写は満足できる内容でした。

 本作は月刊ペースで7月まで発売されていくそうだが、とりあえず2巻を買いたいと思わせるだけの魅力はありました。主役である伊里野を気に入れたことと、井上和彦ボイスの魅力は大きかったのでした(^^;

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード