心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

らぶデス 第二報

 さて、日に日に修正パッチのバージョンが上がっていく『らぶデス』(TEATIME)ですが、1.05パッチで私の環境は安定してます。(2005/05/01現在ver1.08まで公式にあり)私ぁ以前のバージョンでも大した問題は起きていなかった上に、ある程度は自己解決してましたし。

 んでは、現在までにクリアしたヒロインルートの感想なんぞいってみましょうか。
当然のごとくネタバレしまくりですのでご注意くだされ。
 
 (並びはクリアー順です)

◎芹川千里
 ちさ関連で一番私が萌えたエピソードは、実は「学校の中庭で焼き肉」のシーンだったりします。愛するお兄ちゃんのために最高級の肉と炭火を用意したちさだったが、真帆と菜々美の無体な行為に、遂にぶち切れる。あそこの、耐えに耐え、でもやっぱり我慢できないって演技は、モーションと表情付けの良さと、金田まひるさんの好演によっていー感じでした。ちさのメインストーリーはちょっと暗いので(主要ヒロインみんなそうなんだけど)こういった日常シーンの明るいやり取りをするちさが可愛いですわ。真帆シナリオでの出歯亀モードとかもですね。

◎委員長
 大本命の「委員長シナリオ」。ぶっちゃけシナリオ量は真帆や菜々美に比べてかなり少ないのですが、共通ルートがけっこう多い本作の構成から考えると、実は委員長シナリオぐらいの分量でも問題ないかもしれません。まあ、短いシナリオの弊害として、委員長が主人公に対して好意を寄せるようになるまでが、ちょっと早すぎる点があげられますけどね。ツンツンしている委員長をおちょくるようなシーンがもっと欲しかったのは確かです。
 でも、シナリオ展開的にはけっこう満足しています。「橘さん」としての自分を認めて、なおかつ「委員長」としての自分もそのままに、吹っ切れた彼女の笑顔は実に魅力的だったからです。彼女のシナリオでは異能者ネタが一切関わってこないので、学園ラブコメとして十分楽しめました。ただ……委員長シナリオでは菜々美の設定はどうなっているんだろうか? エンド後に、菜々美が「死んでください」と主人公に詰め寄り、それを委員長が阻むのか? そういう展開も見てみたい気はします。
 あと、銀河鉄道の中で繰り広げられるHシーンは萌えました。緊縛に拘る主人公に、ついつい従ってしまう委員長。中出ししまくって嫌がられるのが堪りません(外道)


◎若宮真帆
 王道幼馴染みヒロイン。シナリオ展開的には今のところ一番暗く痛々しい構成で、一昔前の感動系似非エロゲ的構成には辟易。ただ、キャラ的には、この手のヒロインにありがちな粘着質な嫌みがなく、幼馴染みというか気心の知れた友達から恋人へステップアップする王道展開が楽しめます。この辺は声優さんのおかげかもですね。嫉妬していても可愛らしいというか。
 エロ的には、眠ったふりをしている真帆に悪戯する「寸止めH」がお気に入り。どうせならこのモードでイカせるとこまでできたらなお良かったのになぁ。


◎文緒さん
 菜々美狙ってたはずが、土壇場で彼女に転びました。文緒さん可愛いよ文緒さん! 彼女単体のシナリオは無いも同然なのですが、菜々美シナリオをはじめ、他のヒロインルートでちょこちょことあるイベントが結構印象的。焼きそば焼いてるシーンとか好きだなぁ。そして、彼女の魅力を最大限発揮してくれるのが、一度しかないHシーンでしょう。いつもは大人びている文緒さんが、Hに関しては完全に奥手で受け身。主人公に良いように弄くられ、反応してしまう様が実に良い。本番パートの体位変更すら無い文緒Hですが、これまた中出ししまくって満喫させていただきました。それに対する文緒さんの台詞も萌える。実は本作、Hシーンでの行為内容によって、ピロートークが変化する仕様なんですよ。これは本作の長所ですね。


◎香月菜々美
 本作は、真帆と菜々美、そしてちさの3人が主要キャラという扱いなのですが、その中でも物語の核を握るのが彼女、白い少女こと菜々美ちゃん。で、やっぱり彼女の担当ルートもシリアスで暗い……。一昔前の葉鍵系全盛期にはびこった、感動系エロゲの出来損ないみたいなストーリー構成はやっぱりいただけませんわ。無難に学園ラブコメで纏めてくれるだけで良かったのに……。TEATIMEは「雪蛍」とか「セイクリ」、「メイデンシリーズ」でも中途半端にシリアス設定入れて失敗してますし、伝統なんでしょうなこれは。せめて、こういった「暗い」話しは菜々美だけで留めておけば、まだマシだったでしょうに。
 菜々美本人に関しては、無垢な少女という印象を、ビジュアル面で可愛く表現できていたのが良かった。特にパフェを食べるシーンの、「眼前のパフェをみてお目々キラキラ」→「いただきます」→「パフェ転倒」→「あわてて起こす」→「苺消失」→「泣きそう」→「でも食べる」→「おいしい」→「ニコニコしながらパクつく」という流れは秀逸だ。
 あと、個人的には黒髪のほうが好きなんで、モデルデータ入れ替えパッチ希望。

◎芹川綾乃(5/1追加)
 遅れてクリアした綾乃姉さんですが、ストーリーは委員長同様に異能者設定が含まれていなかったので、純粋なラブコメモノとして(失礼ながら)意外に楽しめました。やっぱりこのシナリオでも真帆は当て馬で可哀想なのですが、連続パンチのモーションが気に入ってるので良しってことで。しかし、ちさシナリオでの設定を完全に放り投げているので、プレイヤーとしてはちと違和感を抱きますね。あとこのシナリオではちさの存在が希薄なのも残念。どうせなら姉妹丼ルート欲しかった(Hシーンモデルを複数体表示はマシンによっては厳しいだろうが)そう、Hシーンと言えば、本番モードでの背後から胸を愛撫するモーションが気に入りました。もちろん巨乳キャラには必須のパイズリご奉仕もありますが、個人的にはこの手の胸をこねくり回すのが好きなんで。






 さて、残すところ綾乃ひとりなのですが、彼女に食指が動かないので事実上私の「らぶデス」は終了みたいです。正式感想はGW中にあげようと思いますが、欠点について簡単に纏めると……

 ・シナリオ面の構成力、品質に難あり。
   時系列の扱いが滅茶苦茶。
   シナリオ展開にプレイヤーが介入する要素がヒロイン分岐後
   まったくといって良いほどない。
   主人公とプレイヤーの情報格差を生む構成になっている。

 ・インターフェイス悪し
   メッセージスキップがまともに機能しない
   メッセージ戻し使いづらい&音声再生機能無し

 ・製品品質に難あり
   スクリプトバグあり
   モデル表示不可など致命的バグ有り(パッチで修正可)
   ハード依存系の不具合多発(事前確認が疎かすぎ)

 まぁハード依存の不具合に関しては一概にTEATIMEだけを責めることはできませんけどね。でも、今後も「らぶデス」のような挑戦的なタイトルを開発/販売していくのであれば、事前の検証体制を再検討すべきでしょう。ソフトウェアの検証を主業務とする企業も世の中にはありますから、そういったところにアウトソーシングしてみてはどうかと思うのでした。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

らぶデス 第一報

らぶデス』、1stプレイでちさっちクリアしたので簡単に報告。

・不具合について
 パッチ1.0.2を入れたら口パクしなくなったので初期バージョンに戻してます。その状態だと誤字多し。あとイベントスクリプトの制御がおかしいのか、前後の矛盾するシナリオ展開若干あり。私のマシン環境ではそれ以外に大きな不具合なし。しかしパッケージに表記されてる「AGVの常識を打ち破る!」って煽りは……。AGVってなに? アダルトゲームビジュアル?


※補足:出荷バージョンでは委員長のHシーンでブラックアウトして先に進めなくなるバグが存在します。これは1.02パッチで回避できるようになりますが、これを当てると口パクがおかしくなってしまいます。そこの回避法ですが、まずパッチを当てる前にlovedeath.exeを別フォルダーにコピーしておく。そしてパッチを当てた後、旧lovedeath.exeを新lovedeath.exeに上書きしてゲームを再開すれば、口パク異常を起こさずにゲームを継続できます。お試しアレ。
しっかし、こんなでかいバグ放置しておくとは……。マスターUP後のデバッグやったいうとったのにな。



・リアルタイム3Dエロに関して
 「前戯パート」「本番パート」「射精パート」の3つが存在するが、「お触りエロ」ができるのは「前戯パート」のみ。本番パートの体位変更はスイッチ制御だし、腰振りも強弱をスライドバーで設定するだけ。「前戯パート」にしても弄れる箇所は3~4カ所程度に過ぎず、自由度という観点では「痴漢は犯罪!」と同程度。行為中のエロボイスも、基本的に同じボイスをリピートするのみという、以前からのパターンを踏襲してしまっている。

 ただし、モーションに関してはずいぶんと良くなっており、モデリングの向上も相まってビジュアル的なエロ差は同社作品で最高といって良い。また、前戯・本番両パートで何度でも相手をイカせられる仕様がパワーアップしているのは良かった。これは、普通にオルガを迎えた後に更に愛撫や注挿を繰り返すと快感メーターが限界に達し、連続絶頂を迎えるというモノだが、2回目のオルガスムスがあからさまに「ムリヤリイカされた」表現になっているのが良い。連続絶頂を迎えると、メーターが復活するまであたかも気絶したかのような表現を見せるのも個人的にグッド。人形のようになったちさっちにいれたまま、腰を振り続ける様は実にシュールでした。

各キャラのストーリー中のH回数は以下の通り
 ・真帆 寸止め1回 本番H2回
 ・ちさ 寸止め1回 本番H2回 
 ・菜々美 本番H2回
 ・綾乃 本番H1回
 ・委員長 本番H1回
 ・文緒 本番H1回

・3D演出について
 仕草萌え万歳。躰全体を動かしての演出もさることながら、表情変化が細かい上に魅力的な表情が多く、見ていて飽きない。おかげで時間がかかるかかる(^^;
 ただ、終盤で見ることとなる戦闘シーンの演出に関しては不満大いにあり。会話画面のレイアウトのままで、戦闘シーンを表現しようというのは無理がありすぎ。どうせならフィールドを用意してその中を縦横無尽に動き回る様を表現して欲しかったが、そうなるとモーション以上にカメラワークと演出効果が必要となるので、現在のTEATIMEには荷が重すぎたか。逆に言うと、技量以上を要求されるシナリオ運びになっているのは欠点でしょうね。


・ストーリーに関して
 OPムービーが指し示していたように、やっぱりストーリーの根幹はシリアス路線なのだが、まぁ結果的には強引にハッピーエンドになるようだし、可もなく不可もないお話である。ただ、ちさっちのクライマックスでは主人公が完全に傍観者だったのは個人的に大いに不満。

・現在の評価・
ストーリーに期待したり、普通の抜きゲ的エロを求めると肩すかしを食うだろうが、リアルタイム3Dの強みである「様々な視点でのエロ」とか「動きを交えたエロ表現」、また会話シーンも含めた「リアルタイム3Dアニメによる仕草萌え」を目的として遊ぶのであれば、十分もとは取れるのではないかと思っています。
 ただ、それを満喫するには、本作が快適に動くだけのマシンを持っていることが大前提なのは、今更言わずもがなでしょう。

ゆのはな人気投票

 PULLTOPの公式サイトで行われていた『ゆのはな』の人気投票が25日20時に堂々フィナーレを迎えてます。この人気投票に参加するためには商品に同梱されたシリアルコードが必要なこともあり、多重投票がし辛く、けっこう客観的なキャラ人気が反映された内容だったように思えます。他のメーカーも見習って欲しいなぁ。

 それにしても、この人気投票は各グループの順位争いが熱かった。1・2位のロリ王座決定戦は言わずもがなですが、3・4位の「ゆのはな」執筆権争いに5・6位の宿命対決、7・8位の熟女(笑)争いと9・10位の熱い男の戦い、いずれもが接戦に次ぐ接戦で、毎日の投票結果確認がとても楽しい日々でした。私は期間中かかすことなくほなみんに投票し続けましたが、ゆのはも好きなだけに、結果に関しては大いに満足しています。投票に参加した皆さん、お疲れ様でした。
 

アニメ版AIR

AIR 1 通常版一昨日の夜のことですが、ローカルなチャットを介して数人とアニメ談義していたら、TVアニメ版AIRの話題が出た。その場にいた友人数名は、私が似非エロゲ排他主義者なのを知っているので滅多にKey系作品の話題は出さないのだが、その夜は私を知らない人が多かったこともあり、話題はだんだんとゲーム版AIRを交えだし白熱し始める。私はゲーム版を遊んでいないので聞き役に徹していたのだが、内容がアニメ版AIRの批判に終始し始めたとき、思わずアニメ版の擁護役を買って出てしまった。
 ゲーム版AIRのファンなO氏曰く、「シナリオを切った貼ったで無理に纏めたアニメ版は原作の持ち味を殺していて駄目駄目だ」という。その意見自体は、原作付きアニメでは良く聞くモノで、恐らく真実の一端は含んでいるのだろう。ただ、アニメ版AIRしか知らず、だがそれなりに良くできた作品だと思っていた私としては、原作から改変したからというだけで駄目だしされたことには反論せざるを得なかった。
 なるほど、アニメしかしらない私から見ても、佳乃や美凪の担当話はダイジェスト気味な構成だと思えたが(特に佳乃)物語の構成として大きな欠落を感じることはなかったし、纏まりは悪くなかった。原作通りなのかは知らないが、観鈴と羽をもつ少女に関する話しの投げっぱなしっぷり(笑)にしても、すべてを理解できたとは到底言えないけれど、物語として伝えたいものは描ききられていたと思う。そういうわけで、アニメ版はアニメ作品としてけっして悪いモノではなかったと私は反論した。ただ、このストーリーをインタラクティブ性を持ったメディアで体験していたら、私は観鈴の落ちに「大憤慨していたことは間違いない」と付け加えたのが拙かったのか、場の空気は一気に悪化してしまい、もとより説得するつもりもされるつもりもなかった私は早々に退場することとなった。(あとで場を沈めてくれたM氏感謝。今度なにか奢る)

 ゲーム原作アニメは、出来の善し悪しがハッキリ顕れやすいと私は思っているが、やはり見る側の思い入れによって、その判定の強弱も大きく変わるのも理解できる。ただ客観的に見て、アニメ版AIRは一個の作品としてそんなに悪いとは思えないのだ。もちろん、そのオリジナルが「18禁エロゲ」だというところには、私も複雑な思いがあるのだが。

 アニメ版で一番面白かった神奈、裏葉、柳也のエピソードが、この夏にBS-iで放送されるのが、いまから楽しみな九牙でした。

余震被害から仮復旧

なにもきっかり一ヶ月後に大きな余震を用意しておかなくても……。

本日6時11分頃、福岡地方で震度5規模の地震発生。わたしは当然寝てましたが、案の定崩落してきたCDの第一撃によって、爽やかな目覚めを迎えています。
いまのところ、私の住む地域に大きな被害は無し。自室の荷物崩落も前回に比べれば数分の一規模で、すでに仮復旧を終えています。

それにしても、会社の状況が心配だ。きょうは早めに出社します。

春の新アニメ感想

公私でドタバタしてて見損ねてたモノも見られるヤツは一通り見たので、ちょっくら2005年春アニメ新番組の感想など列挙してみます。

■ふしぎ星の☆ふたご姫
 佐藤純一監督作品ということで、作りは非常に手堅い。んが、手堅すぎるだけに現状ちょっと特色に乏しい印象がある。キャラ的に壊れ具合が温いというか……。まぁ子供番組としてはこれくらいのほうがいいか。赤と青なら私は断然青派。

■IZUMO -猛き剣の閃記-
 エロゲ原作アニメって、出来の善し悪しがハッキリ現れやすい傾向が強いように思うのだが、本作はどうやら「悪し」のほうに属しそうだ。私は原作未プレイでの視聴となったが、序盤の掴みの弱さは置いてけぼり感を伴って、見ていて辛かった。これからキャラクターにしっかりスポットが当たっていけば変わるのだろうか? 動画はともかく作画はそれほど悪くないだけに、もう少し脚本と演出に頑張って欲しい作品だ。

■創聖のアクエリオン
 第2話まで見たが、飛ばしまくっているハッタリが小気味良く、内容が掴み切れていないのに面白い。掴みは十分だということだろう。第三話あたりから、敵味方陣営の説明が始まりそうなので、現状抱えている疑問のいくつかを解消してくれることに期待。キャラデザインの灰汁が強いので所謂「萌え」路線を期待する向きにはイマイチ評判が悪いみたいだが、描写が細かいので仕草萌えを求める私にはちょうどいい。また、メカ描写もあからさまなCGの割には、動きにメリハリのある伝統的日本アニメ風味を表現していて悪くない。監督が監督なので妙な哲学とか文明批判とかに走りそうで怖いが、先の展開が楽しみな作品だ。しかし、結城信輝作画監督って久々にみたけどやっぱ細かいわ。

■フタコイ オルタナティブ
 福岡ではCSで見るしかないのでまだ1話のみ視聴だが、制作にドッコイダーの「ユーフォーテーブル」が噛んでいるだけあって、アホみたいに良く動かしてる作品だ。まぁ現状では「ただ動いている」だけかもしれないが、動きで魅せてこそアニメ。十分掴みはOKだった。お話的には、オタ向けでありながら安易すぎる展開にしてくれなければ化けるのでは? と期待したい。ちょっと寸詰まりな感のあるキャラデザも、実際に動いてみると気にならないモンだなぁ。

■これが私の御主人様
 原作は数えるほどしか読んだことないので、ほとんどアニメからの印象しか持たない私。1・2話と視聴して、オタ向けなちょっとHなコメディとして、私はけっこう楽しめてたりします。ちょっと善貴の言動がしゃくに障る面もあるのだが、そこは「そういうアニメ」なんだと割り切ることにしている。キャラ的にはいずみが可愛くてお気に入り。あと、ワニはいらないんじゃねーか? という気がしないでもない。

■交響詩篇 エウレカセブン
 本日第一話視聴。この作画レベルで1年続いたら神だが、さすがにそれは無理だ。少年の成長物語を、ボーイミーツガール+ロボモノという王道で描くってのは、ある意味懐かしさすら覚える設定だが、スタッフも充実しているだけに、丁寧にその成長を描いてくれれば大化けしてくれるのではないかと期待している。オリジナルロボアニメだし、しっかり作り上げてくれることを切に願う。

■英國戀物語エマ
 第3話まで視聴。原作ファンとしては、それなりに見ていられる内容になってるのが嬉しいところだが、アニメ版は原作に比べると、コメディ色の強い場面が抑えた演出に代えられているので、ちょっと展開が淡泊すぎてしまっているのが心配だ。あと、エマの声が色っぽすぎるわな~。演技自体に不満はないけど、もう少し若い声を想像していたので、ちと違和感が。他のキャスティングに関しては特に不満無し。


今年の春アニメ、オリジナルロボアニメ勢が頑張っているようで、私は嬉しかったりする。ガンダムばっか囃し立てられるのもいいかげん飽きてきているので、ホント、面白い作品として終わってくれることを心から期待したい。

英國戀物語エマ#01

エマ (1) ATOK2005じゃ「戀」が変換できなくてちと焦りましたが、本作は漫画界の片隅でひっそりと販売されている(笑)マンガ雑誌「コミックビーム」連載の「エマ」(1~5巻発売中以下続刊)を原作とするアニメです。わたしはメイド好きなので原作も当然ファンなのですが、「エマ」の良さのひとつに、19世紀末の英国を感じさせる雰囲気作りがあげられます。アニメではその手の雰囲気作り=手間暇が必要となるので出来がちょっと心配だったのですが、1話を見た限りでは、とりあえず杞憂に終わったようでした。いやー背景美術が素晴らしい! スタッフにお疲れさまといいたい。
 また、雰囲気作りをさらに良くしているのが、細かなカット割りで丁寧に描かれた、エマの仕草。そのひとつひとつから、彼女の几帳面さや優しさが窺い知れると思います。この辺、原作の手法でもありまして、原作では服を着替えるシーンだけで5ページも割いてしまうほど。(特にメイド的に)大切なシーンを印象的に描く技術に秀でたマンガなので、そういう部分はアニメでも大切にしてほしいところです。
 アニメ版第一話のストーリーは、原作の1話と2話を混ぜてアレンジしたような話しになっており、破綻もなく綺麗に、エマとウィリアム坊ちゃまの出会いを描いていました。ただ、ウィリアム幼少期の写真を見てのシーンの改変が、個人的に残念でした。
 「全然気がつきませんでした」「毎日見てたのに」と言いながら、写真を並べて見比べるエマ嬢が可愛いんだけどなぁ。


 第2話でいきなりウィリアム一家勢揃い(お母様除く)になるようなので、場を盛り上げるだけの存在だったハキムの出番はないのかな? けっこう好きなキャラなんですが、1クールでお話を纏めるなら、致し方ない変更なのかもしれません。でもどこまでアニメで描くのだろうか? 原作もまだまだ終わりそうにないのに…。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード