心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

……バカ

おまかせ! とらぶる天使(エンジェル)おまかせ! とらぶる天使(エンジェル)
ぼとむれす/6月24日→7月29日※(公式に7/29延期となりました)
バカバカバカバカ..._| ̄|○ショチョースキダー

確かに6月末は仕事の追い込み時期に重なるから、ある意味で延期は救いなんだけど、気持ち的には盛り上がってきていただけに、この一ヶ月の延期は残念。愛良~!!




スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

英雄×魔王 攻略メモ

6/01 26:00

3周目終~了!
……モモエンドでした。
……なんで?
3ヒロインの中で突出してモモと繁殖やってた認識はないし(回数的にはリーズのほうが多かった)、遺跡も4カ所回ったのに……。
しかも、モモエンドはなーんか煮え切らないエンド(人間との和解?)だったのでどーにも不満は募るばかり。
誰だよエンド条件を排他的な分岐に設計したヤツは!プレイヤーのプレイスタイルとか好みとかをエンドに反映できないじゃねーか!
きーっ!! もうやってらんないザマス。

明日の夜からは「黎明のラヴェンデュラ」を開始する予定なんで、
「英雄×魔王」はこれにていったん終了です。



3周目、またメイシア攻略失敗したっぽいです(ただいま勇者の国侵攻中)でも遺跡巡りは既に3カ所回ってるので、今回は前回と違うエンドになってくれることに期待したい。
……つーか、当初の予想通りイベント探しのための周回プレイは辛いっす。ゲーム的にはほとんど変化ないし、ユニットへの愛着もあんまり湧かないし、汎用イベントももう飽きた。イベント重視型EDで周回プレイ前提のゲームデザインとしては、本作のボリュームが足かせになりすぎてますな。




『英雄×魔王』2周目クリアしました。2周目ではメイシアを獲得できたのですが、エンドはオーティスと対峙して「俺たちの戦いはこれからだ!」的な落ちでした。
……バッドエンド?_| ̄|○セッショウナ
誰のフラグも立ってなかったらこのエンドになるのかのう?



とりあえず、2周目以降でメモった攻略情報を載せときます。
(※6/1 01:50追加)

 ・略奪時のイベント
   リーズ :ネーノイス教会(アイテム)
   アレット:フィーリス城(恐怖↑) アンダステア山(えろい辞典)
   ニーナ:破壊のイベント発生後大聖堂で略奪(魔獣の牙)
   モモ:アンダステア山(えろい辞典)

 ・破壊時のイベント
   リーズ:フィーリス城(恐怖↑) 大聖堂(恐怖↑)白の国(恐怖↑)
   モモ:白の国(恐怖↑)
   ゴエリア:チャムリ草原(恐怖↑)
   ノイシス※戦士のみ:白の国(恐怖↓) アンダステア山(恐怖↑)
   ニーナ:大聖堂(イベント1)
   アレット:大聖堂(恐怖↑)

  ※略奪/破壊系は繁殖してない女部下だと発生しない場合があるみたい


 ・仲間入手
  ルビンカ:ネーノイス教会を先に攻略
  キルル(マジシャン):ザルニウムの森を先に攻略
  ピスキー(マジシャン):ザルニウムの森から大聖堂侵攻
  ジュラ:アンダステア山の調査イベント後左上の
      イベントマップにて戦闘勝利で仲間に
  ゲロゲロ:アンダステア山からジークラフ王国へ陸路で向かう
  ニーナ:ベナディを殺す
ゴンタ:白の国から大聖堂侵攻中(ユキネ仲間の場合)

  メイシア:大聖堂攻略前に勇者討伐でメイシアを主人公で
       3回程度倒しておく必要がある模様。
       イベント中に「大聖堂で片を付ける!」とか
       いったらOKか?

・メイシア捕獲→3回ほど繁殖すると自慰イベント発生
          牢獄から出す→次ターンで「様子を見にいく」イベント発生。見にいくとルート継続
             |                    │
             出さない→「H回想3」発生     └次の繁殖でH回想4発生
              (メイシアルート終了?)         └ 繰り返すとイベント進行
                                      └教会残党イベント(勇者討伐)
                                      └繁殖繰り返すこと10数回
                                        繁殖台詞は若干変化したが…




 ・その他
  ・マップ右上の離れ小島で「白の魔剣」イベント
  ・アンダステア山制圧後、再侵攻すると調査イベント
  ・メイシアの子どもは指揮官
    ※この子ができたら攻略駄目なのかなぁ……

アニメ「大悪司 番外編」

大悪司 番外編「殺繚乱」(初回限定版)
 細かな説明はいらないと思うが、アリスソフトの18禁エロSLG「大悪司」のアニメ版シリーズの番外編。本作で屈指の人気を誇る「岳画殺」ことさっちゃんが悪司の妻になるという話しで、ゲーム中のさっちゃんルートのアニメ版と思えばいいだろう。

 なにはともあれ、制作元のチャレンジャー精神に乾杯。今のご時世、勘違いした連中に気兼ねする向きも目立つ中、よくぞやってくれました! というか、エロアニメでは絶滅危惧種である、ロリ系少女のエロを、よくぞここまで詰め込んでくれた!
 作画的にちょっとアレなカットもけっこうあるのですが、さっちゃんを可愛くかつエロく表現することに成功していますので、私的には問題なしどころか大満足でお釣りが出ますよ! 野暮なストーリー改編もないし(というか、夢に逃げたオリジナルよりアニメ版の落ちのほうが私は好きだ)

 現実と虚構を区別できている同志諸兄、殺っちゃんファンの方々、これは抑えておくべき作品ですぜ。

あやかしびと 体験版

テックジャイアン7月号についてきた『あやかしびと』体験版を遊んでみた。ちなみに公式サイトでも公開されてる。

 ふむふむ結構体験版長いですね、3時間半くらい遊んでしまいましたが感触は悪くないですよ?
 主人公とすずとの関係、人妖という特殊な設定をもった世界観、敵と味方、ヒロインズとバイプレイヤー達。それぞれをプレイヤーに示す方法として、主人公との情報格差を抑えながら、判りやすく、また理解したくなるように面白く構成されてるのは素直に好感が持てた。
 テキスト運びはちょっと不安定な部分はあるものの、軽快な部類で読みやすい。
 キャスティングも悪くないので、各キャラの台詞も聞いていて楽しめた。というか、井上和彦がいるわきゃー萌えまくり!! よくぞ予約してました過去の自分! ただ主人公のボイスは、声色がイメージと違ったのと、もともと私は主人公にインサイドするタイプなので速攻OFFにしましたが。

 エロに関しては体験版だとちょっとあっさり気味で短かったという印象しか持てませんでしたが、制作側もそれなりに配慮しているとのことなので、本編での複数人プレイとかに期待しましょうかね。すずとターニャと3Pですか。燃えますな。

 ヒロインに関しては、すずに対する評価が体験版遊んで上昇したのが印象的でした。というか、この基本設定だとすずを差し置いて他のヒロインに奔るのは良心の呵責を覚えそうなんですが(^^;
 その辺は、ストーリー構成に期待するしかないなぁ。
 あと、ターニャは予想通りイイ感じに変なキャラなのでストーリー中で弄り甲斐がありそうでGOOD。刀子ちゃんも体験版で印象変わりましたね。当初は"魔神"の菩薩眼をイメージしていたから、この印象変化はプラスに働いてます。

 ちょっと心配気味なのはインタラクティブ性ですね。当初からそれ自体は低めの可能性が高いことは予想していましたけど、体験版でもほとんど選択肢がなかったことを考えれば、予想の最悪をついてくるのを覚悟しておく必要がありそうです。とはいえ、主人公君が現時点では基本的に前向きで素直な青年だから、展開に不満を覚えるのが少なそうなのは救いです。

 とりあえずは6月、期待させていただきますよ。

メガラフター第一報

と、とりあえず『メガラフター』リウルート全13話終了までこぎつけたんで、簡単に報告。ああ、空は白んで来てるよヤバシ!

 ・容量 993MBディスクレスプレイ化
 ・1ルート13話 たぶん5話くらいでヒロイン決定
          ヒロインルート分岐は3話選択時から開始

 ・Hシーン:各ヒロインとは1回ずつみたい 
       回想はH12個+エピローグ4 かな?

絶対地球防衛機 メガラフター
 展開的には、序盤コメディ~中盤以降シリアスという、この手の作品としてはもう定番な構成。主人公のコメディ的側面が、私の進んだリウルートの中盤以降では、けっこう不快でした。最終的に納得はできたけど、イライラは残ったなぁ。

 あと、シナリオ運びが第三者視点に近いのと、AVG的なストーリー介入要素がほとんどない(ストーリー内に選択肢一切なし)ので、読み物的な印象は残る。戦闘シーンのカードバトルはそれなりに臨場感の高揚を演出しようとしているのですが、バトル自体のエフェクトに乏しいのと難易度が低すぎることもあって、ゲーム的な面白さの体現までには至っていませんでした。

 肝心の抜き要素は……駄目ですな。
 前半の宇宙人達とのエロは、主人公存在意義無いも同然。声優さんは巧いけど、テキストにエロチックさが乏しく、「抜かせよう!」という意欲に乏しいですわ。肝心のヒロイン「リウ」とのエッチも、痛々しさが先行する内容な上に、ラブラブってわけでもないので不満募りましたわ。せめてエピローグにラブラブ和姦を!!


 でもまぁ、酷いと嘆くほどテキストが滅茶苦茶なわけもないので、体験版のノリを楽しめたなら、そう悲観するほどではない。ただいい加減、パートボイスでこの手のAVG作るのやめてくれよライアーさん。ボイスがないところ、明らかに演出面で損してますよ? 中盤のけっこう盛り上がるシーンまで声無しなのは、せっかくのキャラクターの魅力を削ぎまくってくれました。

ANAユニコレ到着

ANAユニフォームコレクションが届きました~。

smp_2005051300.jpg


2BOX(12個)でコンプできた……3BOX+2も買っちゃった私の負け。だらけにでも売りに行くかなー。とりあえず、知り合いにいらないか聴いてみよう。

しかし、思ってた以上にデキが良くて驚きました。10体ともそれなりに気に入ってますが、特にお気に入りなのは、躍動的なポーズと表情が魅力的な2代目と、王道ツンデレテイスト満載な高飛車スッチーの3代目。



 そういえば、どこぞの鉄道会社が添乗員シリーズを企画してたりするそうですが、一般企業のオタク層取り込みブームなんでしょかね? 高付加価値商品の展開先としては、悪くないチョイスだとは思いますが、中途半端なモノ出すと五月蠅い層でもあるので、生半可な手出しは火傷の元でしょうな。

監禁事件報道に関して思う

 少女を監禁して暴行や虐待を繰り返していた容疑者宅から多数のエロゲーが発見されたとのことで、マスコミが挙ってエロゲ叩きに奔った。こういった、ゲームやアニメといった比較的歴史の浅いメディアが少しでも犯罪に関連していると、それ見たことかとマスコミが問題視するのは毎度のことですが、今回の事件でエロゲを問題視すること自体、甚だおかしなことだと、私は思っている。とかく日本の犯罪報道は、犯罪者本人より、その周囲に対して原因を求める傾向が強いが、本件の容疑者は法的にはひとりの成人として扱われる存在であり、行為の責任はまずすべて本人が負うべき立場にあるのだから、他者への責任転嫁は時期尚早どころか的はずれではないか。

 エロゲーが容疑者に対してなんらかの影響を与えたからエロゲーが悪い? 
 そんな馬鹿な意見があるものか。エロゲーが容疑者に影響を与えたのは当然だ。プレイヤーに性衝動を起こさせてなんぼのエロゲーである。プレイヤーすべてに対してなんの影響も与えなかったとするなら、それは糞ゲーどころか不良品だ。個人的にエロゲー制作者には、「犯人の性衝動をエロゲで満たせなかったことが残念だ」と悔しがって欲しいくらいだ。
 そもそも、すべてのメディアは受け手に影響を与えることを目的とするのだから、こういった質問自体がナンセンスだと言わざるをえない。その影響を受けてどう行動するかは、まず第一義として受け手側の問題である。

 では、犯罪行為に繋がる可能性のあるメディアすべてを禁止すべきではないのか?
 これまた、実に馬鹿らしい考えだ。猥褻物の定義と同様、その境界線の定義は限りなくあやふやなものになるのは判りきっている。包丁の切れ味を評価したら、殺人にもその知識は転用できるだろう。ドライビングテクニックの教本は、逃走手段へと転用できるだろう。ハッキリいってきりがない。なにをもって、犯罪に繋がる可能性を定義するのだろうか? そもそも、それを定義する者の勝手な価値観によって、様々な表現が禁止されてしまう危険性のほうが遥かに大きいのも明らかだ。

 とはいえ、また精神的に未熟な子供の教育や、様々な受け手の倫理観的相違を、メディアを発信する側も考慮するから、ゾーニングという概念が存在する。今回の事件、容疑者は未成年の頃から同様の犯罪を繰り返していたようなので、なんらかの関連性も生まれるかもしれない。ただいずれにせよ、「ではエロゲーを始め、本件に関連しそうな表現を禁止(規制)しよう」という流れにもっていこうとする考え方は、犯罪の特異性ばかりに注目し、視野狭窄に陥った発想としか思えないのでした。




 そういえば、事件の容疑者宅からエロゲが1000点押収されたとのことだが、さて、それはエロゲ千本を指すのだろうか?
私は、そうは思っていない。恐らく、警察が押収したのはエロゲを含めたCD(DVD)ROM1000枚といったところだろう。エロゲ1本が複数枚のディスクで構成されるのは珍しくもないし、ゲーム以外の可能性も考慮すれば、彼の所有していたエロゲはせいぜい200~300本程度ではないだろうか。この程度なら、ちょっとしたマニアなら普通に持っている本数だろう。

誕生日おめっ!

そーかー。きょうはまゆまゆも誕生日だったのかー。今更ながら初めて知ったよおめでとーまゆまゆ。
(*'▽')o<※☆:゜*★
おじさんと一緒に蝋燭消そうな。蝋燭プレイでも可。

続きを読む »

マイナー好きなつもりはないが

 あまりメーカーに対する拘りを持っていないから、結果的にマイナーメーカーの作品に手を出すのが多くなるのか? いや、自分の好きな系統の作品を、メジャーメーカーが作らないからって可能性のほうが高いのか……。やっぱマイナー好き?

というわけで、激戦となった428戦線の終戦を受け、次の戦争への準備を進めましょう。私のこれからの期待作はと言うと……

5/20
・は~とぶれいく ~恋のトライアングル注意報 パティスリー
 必死の告白もむなしく「いい友達でいましょう」の一言で散ってしまった主人公が、その恋を継続するのか他の子を好きになるのかという、恋愛モノとして王道な設定をどうゲーム的に表現してくるのかちょっと期待。

・絶対地球防衛機メガラフター ライアーソフト
 笑いで宇宙人を撃退するって、ロボットいらねーんじゃねーの?って気がするんですが、そこは突っ込んだら駄目なのか? 絵柄的にもジャンル的にもエロを期待すると泣きを見そうな気はするが、雰囲気は好きなので吶喊します。(予約済み)

5/27
・英雄×魔王 エスクード
 敵に勝って女を奪い、孕ませた子で戦力増強という、エロゲらしいコンセプトが気に入った。実力でもってハーレム作るってのは男の夢ですからな。

・黎明のラヴェンデュラ NOA
 こいつを買うのは、相当に賭だ。しかも負ける確率のほうが高そうなのが泣けてくるが、80年代OVA的SFエロゲには弱いんだよおじさんは! でもよりにもよってメーカーはNOA……アルゴノーツの悪夢再来か?


6/17
・ぱすてるチャイムContinue アリスソフト
 メインヒロイン4人の個性が弱いよなーという懸念は抱きつつ、サブキャラのぼたんに希望をつないで既に予約済み。いや、ルーシーの声聴いたらこの娘もけっこうよさげに思えてきましたしね。
…でもアリスだからなー。エロ薄の懸念は残ってます。


6/24

・あやかしびと propeller
 学園伝奇18禁ジュブナイルと来れば、素通りはできません。上がってる広報素材を見るに、主人公自ら前面で戦うシナリオっぽいので演じ甲斐もありそうだ。キャラ的にはトーニャ萌え。熱っ苦しいほどの友情バトルと恋愛、それを彩るエロに期待したい。



・おまかせ!とらぶる天使 ぼとむれす
 6月の私的大本命! OPとEDの歌が予想より凝ってて驚いてしまいましたが、こんなトコに予算つぎ込まなくてもいいのに……。まぁ「とらトラ」から待ってますんで、「とらてん」も期待してやす。


7月

・しろクロ ALTERNA
 MS少女的なキャラデザインと、懐かしさすら覚える戦闘モードに育成要素という頑張ってるゲーム性で注目していましたが、先日公開されたキャラボイスを聴いて萌え転げる私。既に予約していた自分に感謝を。っていうか、柚梨のサンプルボイスが凶悪!「この炉利!」って罵声で萌え死にそうです(^^;

CD到着~

今日は休日出勤日だったわけですが、帰宅したらアパート1Fにある自室のポストがクリップで止められてました。悪戯かと思ってピンを外したら、ポストの中にはアマゾンからの荷物が二袋詰め込まれてた……。ちょっと待ってよ佐川さん( ゚д゚)ポカーン

創聖のアクエリオンフタコイ オルタナティブ OP&EDテーマ 「New World / ぼくらの時間」で、その荷物がこちらの二つ。「創聖のアクエリオン」と「フタコイオルタナティブ」の主題歌CDでした。
 MP3化してエンドレスに流しまくってますが、どちらもいいなぁ。仕事中のBGMにはある程度アップテンポな曲のほうが好みなので、Gigabeatに転送して明日も聞きまくることにしよう。

 私は音楽系に無頓着というか無関心なので、必然的に良く聴く曲はゲーム系かアニメ系かはたまたクラッシックになるのですが、昨年から東芝製HDDミュージックプレイヤーGigabeatを導入したので、通勤時や仕事中はそれらを聴きまくり。個人的なお気に入りは「☆☆☆☆☆☆」「Do you knou the MAGIC?」「青空ボレロ」「Live」「LITTLE MY STAR」とエロゲソングだらけってのはちと偏りすぎですな。

穴ANA

そうそう。同僚のARに釣られる形で、これの注文なんぞしてしまいましたよ。5月の1日午前9時半に(苦笑 西E田氏キャラデザってあたりが、あざといというか、担当者はきっと自分の野望を果たせてウハウハだろうなぁ。
 ……しかし勢いとは恐ろしい。重くて繋がらなかったサイトにやっと繋がったその勢いに任せて20箱も注文してしまいましたが、今思えば10個程度に抑えて、不足分はARから買えば良かったんだ……。
かくいうARは当日福岡空港に繰り出して、見事ゲットしてきたそうな。30箱も!(余裕でコンプリートだそうで)いくらなんでもGWでごった返す空港のANAショップに朝っぱらから出向いて並ぶほどの男気はわたしにはありませんぜ。

イリヤの空、UFOの夏 #3

イリヤの空、UFOの夏 3
 浅羽とマンタが夕焼け野原でラブラブフォークダンスの巻き。ほとんどのシーンで明度が低いので、初見時は思わずDVDの設定狂ったかと見直してしまいましたよ。まぁそのおかげもあってか、クライマックスの夕焼け空が映えるわけですけどね。しかしブラックマンタ、さすがに異星人と戦ってるだけあって慣性無視した高機動戦闘機っぷりを遺憾なく発揮してくれましたな。俺も踊りてぇ。
 今回がお話の折り返し点と言うこともあってか雰囲気的にも、この先に待つ悲劇的ななにかを暗示させているようで、原作未読の私としては機が機じゃありません。アニメだけだとキャラ描写の量がどうにも足りてないっぽい気がしたので、私も#2を見た後、実は原作小説に手を出そうとしたのです。しかし立ち読みでちょっと読んだ時点でギブアップ。文体が自分に合わない……(^^; そんなに選り好みする質ではなかったつもりなんですけどねぇ。 そういうわけで、アニメだけだとちょっとキャラ描写が弱い気がするのですが、その割を一番食っているのは晶穂ちゃんなんじゃないかなーと思う私。なぜって、アニメだとただ意地悪な焼き餅焼きやにしかみえないから。いや、浅羽が好きで、彼に近づくイリヤが邪魔ってのは判るし、キャラ的に好きなんだけど、キャラ配置として気の毒というか可哀想というか。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード