心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

AIR 夏特別編 前編 とか

AIR IN SUMMER(初回限定版) 65歳を迎えたお袋のお祝いを休日出勤でつぶして申し訳ないなと思いつつ、帰宅後早速視聴したAIR in SUMMER特別編 前編。
なるほど。テレビ放送されたSUMMER編の拡張版みたいなものなのですね。となると落ちも同じなのかな? まぁ原作からの改編はありえないだろうからその辺を期待するのは無茶ですな。残念ですが。で、特別編ですが作画綺麗ですなー相変わらず。良く動かしてるし、表情もイイ。見ていて和むわ萌えるわ神奈可愛いわ柳也格好いいわ。
しかし、なんとなく演出のテンポが悪く思えたのは私だけ? ちょっと間延びした感じを受けるシーンがいくつかあって、アレ?っと思ってしまいました。テレビ版のダイジェスト的な構成に馴れていたからかもしれませんが。何はともあれ、後編も楽しみです。その頃には仕事も一山越えてるはずだし。


アイドルマスター プレイ報告
やっとこさDランクに到達! 25日のバージョンアップで難易度下がってくれたのが功を奏しました。というか、今度Eランクで終わったらプロデューサーを引退しようとも思っていたのでギリギリのバージョンアップでしたな。序盤の難易度が目に見えて低下していますので、難しいと敬遠していた人もお試ししてみるにはいい頃合いかもしれませんよ?
スポンサーサイト
[PR]

Feel good feel!!としろクロ

福岡では最低2日遅れで発売されるテックジャイアンをやっと購入できたので、さっそく遊んでみました『Feel good feel!!  ~ビーチ編~』と『しろクロTGver』!!
 え? Fateじゃないのかって? すみません。体験版ついてたことをさっきまで忘れてました(^^;


Feel good feel!! ~ビーチ編~
TEATIMEを退社されたMA@YAの一般的なお仕事第一弾となるのかな? ぶっちゃけ、セ●ティービーチとどう違うんだ!? とおもってしまうほど似てはいますが、リアクションの豊富さとなにより”イかせる”ことができる分、FGFのほうが勝ってますね。

 リアクションの豊富さと言えば、今回は「近づきすぎると逃げられ」たり、「無理に脱がそうとしたら真●パンチ」喰らわせたりするのが面白いですわ。また、お触りを避けるパターンも増えてるし、みていて飽きない。個人的には、服を着させたまま弄くり倒すことができる点に高い評価を与えたい(^^)
 しかしこの子、けっこう可愛いだけに名無しっぽい扱いなのは勿体ないですな。今後シリーズ化していくならなおのこと、名前はつけてあげたほうがよいと思いますけどね。とりあえずわたしはフィル子と呼ぶことにしよう。

※私の環境
  【CPU】 AMD Athlon 64 3500+
  【MEM】 PC3200 512MBx4
  【M/B】 A8N-SLI
  【VGA】 RADEON X800-256MB (Omega2.6.53)

   異方性フィルタリングx16
   アンチエイリアスx6
   シェード柔らかめ
   1024x768




しろクロALTERNA

ブランドデビュー作な上に広報がしょぼいのでマイナー気味な本作だが、私自身はけっこう期待していた本作のTG版体験版がついていたので、喜び勇んで早速やってみたのだが……

 とりあえず、気になった点を列挙してみた。

・句読点が先頭行に表示されてる。(禁則されてない)

・フルウィンドウ時、画面上部にコマンド枠が
 表示されたまま

・フルウィンドウ時、システムアイコンがクリックを
 受け付けなくなる

・テキストの完成度がかなり怪しい。同じ言い回しを1文中に
 何度も繰り返す、接続詞が変など、推敲不足な面が
 見受けられる。(しかし音声は収録済みなので修正は望み薄……)
 文章量がもっとも多いモノローグと主人公のテキストは
 せめて修正されていて欲しい。
 あと、漢字はもうすこし崩してよいのでは?
 正直読みづらい。

・メッセージスクリプトの制御が拙い。
 モノローグ時、ウィンドウの名前欄は直前に喋っていた
 人の名前が残っている。
 モノローグ時には名前ウィンドウごと消すとかしないと、
 読む方が混乱するぞ!!

・メッセージ送りのスピードが高速でも遅い。
 キャラがいるとメッセージスキップも遅い。
 (エフェクト等の省略が甘い)
  画面いっぱいにモノローグを表示するサウンドノベル
 モード時はスキップ全然効いてない

・メッセージログを読み返す機能はあるが
 ボイスの再生機能はない。


・もしかせんでも…イベント絵めちゃ少ないかも。
 あってもおかしくないシーンでなかったし。
 (だから原画担当者の仕事は速く終わってたのかも)

・戦闘 攻撃手段の射程が視覚的に理解しづらい
攻撃対象選択カーソルの指示地点が判りづらい
    (見た目と実際の位置に違和感を覚える)
戦闘エフェクト、すげーしょぼい
カットイン、頻繁すぎてかえって邪魔。
    カットイン後はキー待ちなしで攻撃に
     移行して構わないのでは。
ぶっちゃけ、戦闘はかなりたるい
    ……爽快感もないのでつまらない……


えーと……か、かなり危険なエロゲかも?(爆)
わたしは以前から気になっていた柚梨が、体験版遊んでやっぱり可愛いと思えてしまったのでもはや回避不能だが、SFテイストとかメカ設定などに何となく惹かれてるだけの人は警戒した方が良いかもしれませんよ?

アイマス:デュオ結成

2ndユニット”ヤヨリン☆”は、最終ファン数3万人あまりに愛されながら幕を下ろした。お別れコンサートはアットホームな最小規模ではあったが、成功裏に終わる。やよいはちょっと不満だったようだが、あっさりと九牙プロデューサとの別れを受け入れた。私の評価はD。さらばさらばやよい。おまえは能力は低いけど嫌みのなさとコミュニケーションの容易さが売りだったのだね。トレーニングを交えながらオーディションに臨むスケジューリングなら楽だと気づくのが遅すぎた私を詰ってくれ。

 とはいえ、彼女のおかげでやっとこさ”駆け出しプロデューサー”とななり、今度からデュオユニットが組めるようになった私。さっそく本日リスタートして組んだユニットは、「秋月律子」と「高槻やよい」からなるデュオユニット「リャンリャン♪」でした。いや、律子可愛いね(^^; こういう委員長属性な子って大好きだわ。どうせなら、もう一回ソロでやるべきだったとちょっと後悔しつつも、今度こそこのユニットでDランクを目指したいと思う。

 最近、Eランクのオーディションきつくなってません? トリオとかいて勝てないよ(T.T)

同人エロゲ:いつもの時間いつもの場所で。

夏の陣に参加できなかった私は、夜な夜な通販三昧。とりあえず第一弾約1万円分の同人が届いたのはイイが、同人誌系はちょっと外れが多かった……。よく知らないサークル買うときは表紙に釣られちゃいけないのは十分学習済みのはずだったんだが……。

さて、そんな中に混じって、なんとなく目についた同人エロゲがちょっと良かったので1本簡単インプレいってみましょう。


いつもの時間いつもの場所で。
 [ぺけぽこパッケージ版1680円 DL版1470円

1年後輩の「栗原真空」とつきあい始めた主人公が、毎日毎日若いリビドーを真空ちゃんにぶつけまくる、リアルタイムアニメを用いた調教風ゲーム。所謂「お触り系システム」を用いた調教SLGといえば簡単なのだが、そのグラフィックが全篇アニメーションするというのが本作の特徴だ。このアニメーションが価格の割に良くできていて、ループアニメなのに強弱の付け方が上手くて見ていて飽きにくい。声優さんの演技も良いし、同人エロゲの強みである消しの薄さによる、挿入/ピストン/射精後などの局部描写が本作独特の味になっている。AV的なんだけど、絵柄の木訥さのおかげでエグさがなく、二次オタでも安心だ。価格と容量を見れば判るように、Hのバリエーションはそんなに多くはないのだが、お触り系というインタラクティブ性のおかげもあって、私的にオカズ性は高い。まぁヒロインの造型が嗜好にマッチしていたこともプラス要素だが。

とりあえずH内容的には、「胸愛撫」「陰部愛撫」「キス」からなる前戯パート、「フェラ」「正常位」「後背位」「騎乗位」からなる射精パートにわけられ、それぞれ1~3のアニメバリエーションをもっている。これらは最初からできるわけではなく、Hを重ねていくと行為が増えていくつくりになっているが、作者も言っているように、レベル9と10は気づきにくいかもしれない。(特に10はそれ以前とパターンが違うので注意が必要だろう)
 抜きゲとして良く纏まった作品なので、ヒロインが気に入ったなら、試してみては如何だろうか。

アルテナ…おまえもか

世間のオタクさんは夏の祭典にお出かけちゅうですかな。わたしはきょうもお仕事お仕事...。


しろクロ 【ALTERNA】8/26→10月

_| ̄|○ ...アルテナオマエモカ

予告ボイスとか聞いて、テンションも上がってきていたところにこの仕打ちは辛い。しかも延期は10月ってだけで発売日は未確定ときたもんだ。あうあああ…このやるせなさはどこにぶつければいいんだ!?



最近の視聴中アニメ
・SHUFFLE!
 ゲームのほうは知らない私ですが、アニメは作りが丁寧なのと、嫌みのない主人公視点でのハーレム描写が悪くないので、毎週楽しみに見ています。んで、先日の第六話をリピート再生中。おいおい雨に濡れて透けたプリムラの胸が危なすぎです!

・ガイバー
 WOWOWではじまった、三回目のアニメ化版。個人的には、1話の時点で継続視聴の意志消滅。草尾毅が主役やってたOVA版のほうが遥かに出来が良かったと思える時点で駄目ですな。
アクションシーンがてんで熱くなれないのではお話になりまへん、

・かみちゅ!
 帰省した東京人の好意によって6話まで視聴。作りが丁寧で素晴らしい。今期はぺとぺとさんも悪くないし、和風ほのぼのアニメの当たり年ですか今年は? かみちゅではメガネっこのミツエちゃんが一番好みなんで、彼女が活躍する話しが見てみたいわ。

アイマス:クギミー解散

九牙プロデュースの新人ユニット”クギミー”は、本日華々しく散りました。アイドルランクE、最終ファン数4万5464人。解散コンサートは見るも無惨な結果に終わり、伊織のプロデューサー評価もE-と散々なけっかでさめざめと(T.T)。ただし、伊織との別れイベントでしんみりしてしまったが、最後に交わした伊織とのリベンジの約束を胸に、プロデューサーとして再戦を決意しました。

ふたりめのアイドルは「高槻やよい(13)」だー!!
従順な頑張りやさんで伊織とは正反対だが、培った経験を生かして更に高見を目指すぞー!!

……伊織で一度もとれなかったパーフェクトコミュニケーションがいきなりとれたんですけど……。やっぱ、伊織は難し過ぎる子だったのですね、おのが身の程を知りました。
でもやっぱいつかは、伊織を自分の手でスターダムにのし上がらせたいなぁ。

イリヤと夏の獲物

GODのインプレ書く言ってましたが、スミマセン無理っぽいです。何でかと言えば、3次αはじめちゃったんで...。
三次α、まだまだ序盤ですが、MXに比べると手軽に遊べてる感じですね。掴みは悪くありません。


イリヤの空、UFOの夏 6
イリヤの空、UFOの夏 Vol.6
うーむ。いっけん凄い爽やかなエンドだったので少々拍子抜けだったのは、30分に詰め込まざるを得なかった構成のためでしょうかね。伊里野との空母での再開から告白、別れへの展開はもっと尺が欲しかった。あと、榎本対浅羽のシーンもあっけなさ過ぎてちとガッカリでした。原作だと殴り合いの末に榎本絶命って感じじゃなかったっけ?

っと、文句が先に出ちゃいましたが、Vol.1から最終巻まで買い続けてきたDVDシリーズ自体は、良い作品だったと思ってます。私は倉嶋デザインのファンなので、作画レベルが高め安定だったことは特筆すべき長所です。演出も悪くなかったし。お話的には、終盤が尻すぼみというか駆け足気味になっちゃったのが残念無念。構成考えると、あと1話、いやあと15分あれば、印象変わったろうにと思うのでした。

まぁなにが言いたいかというと、伊里野かわいいよイリヤってことで。メニュー画面のカットの笑顔がもの悲しいなぁ。

 
8月の獲物予定メモ

8/5
ぴんくのあゆみ!

8/19
クリーク・クリーク 先生、私も戦います

8/26
おまかせ!とらぶる天使
しろクロ 白いこころと黒いツルギ
ちょっと素直にどんぶり感情

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード