心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

ダンシング・クレイジーズ 1周目エンド 簡易感想

ダンシング・クレイジーズ

とりあえず1周目終わり。150T過ぎての時間切れエンドでしたが、主人公およびイベントで仲間になった主要キャラ(私の場合は4人)と、支援者2名の引き継ぎが可能でした。この辺の仕様は巣ドラを引き継いでいるので、チャンとしたエンドを迎えれば引き継ぎキャラも増えていくのでしょう。

 で、まぁ時間切れエンドなのでストーリー面ではあまり語れませんな。それでもクリア評価はSSでしたが。とりあえず一義達は1周目では脇役…というか最後においしいトコ持ってかれた感じ。「真昼~」を遊んだことのない人がみたら、正直ぽかんとする展開でしょう。
 ストーリーというかキャラ描写に関してですが、DCでは巣ドラに比べて汎用イベントの強制割り込みの発生頻度が低いようで、プレイを進めるにつれてキャラの個性が見えてくる、という効果は期待薄。その影響もあってか、ちとキャラクターへの興味が得られないまま淡々と進んでしまったのは残念でした。賞金稼ぎ主体で進めると、人間関係の希薄になること甚だしかったですからね。

 んでもって、肝心のエロシーンに関してですが、内容が従来のキャラ作品のパターンを踏襲しているのは体験版の通りなのですが、エロシーンそのものの発生頻度が非常に低いのは問題でしょう。6時間プレイして私が見れたエロシーンは…、

 ・プロローグでのリンテールとのエロ
 ・唯を倒した時のエロ
 ・唯を仲間に入れてからのエロ
 ・サクラを倒したときのエロ
 ・サクラを仲間に入れてからのエロ

という5回のみ。もちろん、分量もたいしたことないので、感覚的にはエロとその他の比率は1:9くらい。しかも、仲間にしてからのエロは市街徘徊時にランダムっぽく発生するものなので、自分が意図的に発生させられるエロはないとキタ。体験版の時点で懸念はしていたけど、主人公の行動原理に占める「エロ」の割合が少なすぎるこの仕様はいただけませんわ。

 ゲーム部分に関しては、システムは体験版のとおり。戦闘の難易度はそれほど変わってない気がしますが、株式の仕様が変わって、10円株でのぼろ儲けができなくなっているので、株主体でお金稼ぎするのはかなり難しくなってますね。わたしの1周目は、賞金主体で稼いで3億そこそこでしたから。

 とりあえず、現状では誰のエンドもみれていないので評価は保留。ただ「つまらない」という印象を現時点で抱いていないのは確かです。

攻略ネタも少し
 序盤プレイ時のお奨め支援者:
 猫…安い上に超回避力もちなので非常に使い勝手が良い
 軍人…高いけどマシンガンが強力なので強敵用に数人いると楽
 巫女さん…強い。
 不良…安いので使い勝手が良い


 「女王蜂」でつまったら…
  その時点で買える最強の銃器を装備しちゃおう。あとは支援者次第。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ドラマチック芸能人生

今月末は発売日が木金に別れていたことから、経験則からいって「これはFGできるかも?」とちょっくらエロゲ屋に足を伸ばしたら、やっぱり入荷してましたよD.C。今夜からさっそくプレイだね♪ っとその帰りしなに立ち寄ったゲーセンで、ちょっとドラマチックな展開を迎えることとなった。


アイドルマスター ユニット:リッちゃん ファン数:20万 リミットまで3週 思い出:9個

律子はDにあがってからのコミュが厳しい。前回とほぼ同様の負のスパイラルに陥りかけていたわがユニット。もう、半ば諦めてたんですよ。またDランクエンドだなと。
そう思いながら半ば自棄になって特別オーディション「HIT・TV」(5万人)に初めて挑戦したら受かっちゃったのだ。しかも記者までついちゃったから判らなくなってきた。ランクアップまで4万弱、リミットまで2週、底上げされたイメージレベルは11。
 いやいやいや。夢見ちゃ駄目だよな、もう諦めた方がいいよなと思いつつ、「これ落ちてから考えよ」と「発掘アイドル辞典 (2万5000人)」を受けたら楽勝1位クリアしちゃいましたよ。
 リミットまであと1週、ランクアップまであと5千人弱、思い出残数は3。崖っぷちここに極まれり! もうこうなったらCランク目指しちゃる! いくぜ律子!

 でもチキンな私はブーストメールが届くまで最後の挑戦を延期するのであった。はやくメールくださいな律子さん…。

冥色の隷姫:1周目クリア 簡易感想

冥色の隷姫~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~
エウシュリー
1周目終了しました。迎えたエンドはED-D「新たな器」。正直言ってなんでこのエンドになったのやら。シルフィの選択肢で「識りたい」を選んだからかな。どうせならハーレムいきたかったのに。ちなみにクリア時の戦果ポイントは173点。とりあえず「エウ娘」買って2周目「難しい」でやってみましょうかね。引き継ぎもできるので、最初から蹂躙モードで突っ走りますか。


感想もそろそろ書き始めようかと思うけど、基本的な評価は佳作クラス75~80点な印象ですね。序盤がクリアできるようになれば、後はそこで培った経験の応用で楽に進められるゲームバランスというのは、本作のように他に遊ぶ要素(調教とか迷宮探索とか)のあるゲームでは長所ともとれるし、味方が強くなってもそれ以上に敵が強くなる無間地獄なバランスだと楽しめる人が限られすぎますからね。そういう人のために、高難易度のモードや純粋に国盗りだけを楽しめるモードが用意されているわけだし。
欠点は、要素が煩雑に詰め込まれている感じを受ける煩わしさと判りにくさ、ゲームを進める上で重要な情報の提示の悪さ、ストーリー提示の悪さからくるプレイヤーの疎外感、そしてユニットを没個性化しすぎた仕様のために起きる編成の楽しみの薄さなどがあげられます。
肝心のエロは、陵辱SLGモードは個々のパートがぶつ切りなので回想モードじゃないと使いづらい点を除けば、陵辱系としてはそんなに悪くないかな。どうせならシルフィ以外の姫様方にも簡易でいいから調教できて子供を個別に作れたらエロゲ的な遊びの幅は広がったろうになぁと残念にも思いますが。

冥色の隷姫:残すは2国

冥色の隷姫~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~
さて、2正面作戦に臨んだ我が軍でしたが、上野パンダさんのコメントにあるとおり「ベルテガーライル」が早々に遠征軍を送ってきやがりまして3正面作戦に。友好度……。まぁ友好度調整は自然減で0になって敵対してくるのを防げるぐらいに割り切るしかない。で、ベルテガーライルからなにやら熱血エルフ君が攻めてきたが、摩獣軍団とゴブリン大将軍で難なく返り討ちに。不死者なんたらとかいう便利ユニットゲット。その後も籠城戦で敵を削りつつ、フェルディナ→ドルアーギア→ベルテガーライル→ルーファベルテを占領するにいたる。さらにワハシュラゴアとの同盟を破棄して、久しぶりに宣戦布告しての戦闘へ。思わせぶりなイベントもあったので主力を叩きつけたのだが、割とアッサリ壊滅できてしまって拍子抜けました。
 で、ハタと我に返ったのだが、対レノアベルテ用の飛行ユニット全然育ててねー!! 仕方ないので闇エルフとの同盟を破棄して経験値になってもらうとするかな(酷い)

 しかし本日はここまで。
このゲーム、序盤を乗り切れればあとはかなりスムースに進められるようになりますな。まぁ敵国の強さにあまり差がないことの証明でもあるのですが、自由度の高さ故の弊害でしょうか。ゲームバランス的には、娘を作るか作らないかで結構難易度が変わりますが、これもその他のユニットで代用できないことはないので、言うほど悪くはないかと。ただし、序盤の取っ掛かりの悪さはともかくとして、情報の見辛さや操作性の悪さからくる煩わしさは相当に酷いと思えるので(せめてメイン画面で常にお金と魔力は表示しろ)、戦略SLGに馴れてないエロゲプレイヤーにはお奨めできかねますな。

反抗戦展開中 「冥色の隷姫」

ちょっとエミリア倒したところからやり直し。周辺諸国に気を払いつつ部隊の陣営を整えてたら、ドルプケイスが攻め込んできた。友好度は50以上あったんだけどなぁ。どうやら特定ターンまで進むと攻め込んでくるみたい。なら友好度の意味って……。

まぁ何はともあれ、籠城→敵部隊減→本拠侵攻のパターンでドルプケイスは壊滅。ここで面白かったのは同盟軍の闇エルフもドルプケイスに宣戦布告したので、一瞬ではあったが同時侵攻が叶ったこと。おかげでちょっとだけ楽ができた。で、ドルプケイス攻略終了前にシャハル遠征軍がやってくる。これまた友好度50あったのに……。しかし、今度は我が軍も万全の体制で迎撃に臨むことができた。その要は、我が愛娘セオビット1号。いや強すぎってこの娘は! ちまちま友軍を育てるのがアホらしくなる。

そんなこんなでシャハル連合国を占領してたら、フェルディナ王国とドルアーギア帝国が遠征軍を送ってきた。もちろん友好度は50以上で……。ええぃ、外交で稼げる時間はたかがこの程度なのか! 宣戦布告する機会すらないわ! この仕様どうにかしてー! まぁ攻めてきたからには容赦なく娘を誘拐させていただきましたが。こっちは二人目の娘も産まれたから、2正面作戦もそれなりに可能なはず。さて、反抗作戦開始するぞ!

冥色の隷姫 苦戦中

ファルディナ王国を攻略してたら、ドルプケイスとシャハル連合体が
攻め入ってきて一進一退の膠着戦状態に。
こっちの戦力増強より敵のそれが早くてまにあわねー!
しかも夢幻夢想の魔術師とかいう絢爛舞踏バリの奴のおかげで
1Tで部隊が消滅させられたりで消耗戦の様相が強まってきた。
……まいったなー。いまいち攻略の足がかりが掴めないぞ。

この作品、主人公の戦う理由も世界観も満足に理解できないまま
ゲームやってるので、印象は「見知らぬ世界の”信長の野望”」。
エロゲ的には調教SLG的要素を持っているのだが、エロ云々で
楽しむ気持ちより「はやく魔力よこせこの売女!!」という
気になっちゃうのは致し方なしか。
ちなみに、まだ処女うばってません。おしりの処女はいただいちゃってますが。じつはこれがいけないのかなー。娘作った方が楽なんだろうか。

SHUFFLE!分不足

俺のSHUFFLE!分が枯渇寸前だ! 
サーバを冷やすためにガンガン冷房かかってる社内で、ひとり渉外作業進めてる私の魂の叫び。いや、大音量で「YOU」をかけてたのが不味かったようだ。なんせテニスのおかげで2週間も延期だからなぁ。WOWOWも多チャンネルあるんだからなにもテニスで占有せんでもいいだろうに、と恨めしく思う元テニス部員の九牙だった。

「SHUFFLE!」は以前も書きましたが、個人的には今期の萌え系アニメで一番楽しめてる作品なんですよ。元がエロゲーってのはやはり引っかかるところではありますが、面白いものは面白いということで、仕事で荒んだ心を癒す働きをしてくれとります。しかしいくらSHUFFLE!分が枯渇していたからって、SHUFFLE! キャラクターズを纏めて注文してしまったのはやり過ぎたかもしれん。

アイマス:リャンリャン♪解散

私がプロデュースした3組目のユニット、「リャンリャン♪」が引退しました。最終成績ファン数17万レベルD。3万人の観客に見守られるアリーナのさよならコンサートは大成功でおわり、律子とはちょっと良い雰囲気を醸し出しつつもお友達未満の関係で別れることとなった。

今回はちょっと悔いの残る内容でした。残り13周目で「これからだ!」と意気込んでたときにバッドコミュ2連発&オーディション惨敗でテンションダウンで終盤グダグダ。律子はパーフェクトもとりやすいがバッドにもなりやすいのがネックでしたわ。

さーて、次はどうするかなぁ。トリオも結成できるようになったけど、もう1回デュオでいくのが無難かも?

AIR 夏特別編 後編

神奈様オンステージ。柳也との兼ね合いが微笑ましすぎて溜まらん。興奮が裏切られて転がり落ちる柳也に吹いた。
 このふたりは”恋人”って関係にはなれないんだろうけど、兄妹というか親子というか、そういった絆で結ばれてんだなと実感できる良いお話でした。いやさ神奈はそれなりに柳也に恋しているし、柳也もまったく神奈が対象範囲外でもなさそうなところが余計にやきもきしてしまうわけですが。裏葉も焚きつける割にはふたりがそういう関係になることを望んでないみたいなのが複雑なとこですな。

しかし、AIR原作でこの3人はいつか幸せに馴れたんだろうか? 神奈は救われたんだろうか? いまさらゲームを遊ぶつもりのない私に知る術はないが、そうであってほしいと願えるだけの思い入れを持たせてくれたアニメスタッフに惜しみない賛辞を送りたい。

ダンシング・クレイジーズ体験版

ソフトハウスキャラより9月30日発売予定の『ダンシング・クレイジーズ』の体験版を遅まきながらやってみました。

ダンシング・クレイジーズ

『ダンシング・クレイジーズ』体験版

・ゲームシステム
キャラの旧作の合体作的印象を受けましたな。基本的なゲームデザインはレベルジャスティスと巣ドラで、戦闘システムは巣ドラの発展? 経営部分はブラウン通りで、依頼システムは真昼?
ゲームの初期目標が比較的簡単に達成できそうなとこは南国に似てなくもないかな。まぁ限りなく「キャラ」風味溢れる作品っぽく思えたわけですな。

 けっこう手軽に遊べるのと、初期のトライ&エラーの繰り返しがあまり苦に感じられない作りなのは良い風に感じてます。

 反面不安なのが、エロとゲーム性が分離気味に思えるとこですな。本作のクリア条件を満たすだけなら、エロシーンを一切拝まなくても可能になっちゃってるのが予想できますからね。もちろん、個別エンドをみるためにはエロイベントを発生させる必要があるだろうことも予想できますが、なんとなく事のついで的な扱いになりそうで……。エロとゲーム性の両立なら、巣ドラやLJみたいな方向性じゃないと難しいからなぁ。上手く組み込んでくれていることを期待したい。

・エロシーン
体験版のエロシーンはプロローグにあったリンテールとのHしかみてませんが、基本は相変わらず「愛撫もなしに突っ込んで膣出し」路線のキャラ節全開エロですな。これはこれで一種の性嗜好と思えても来ましたが、突っ込んでから出すまでの描写が相変わらず淡泊なのは頂けない。どうせなら「突っ込んでから感じさせる」方向性で発展してもらいたいのですよ私は。どうにも自分本位すぎるエロは抜きに使いづらい性癖持ちなんで。

というわけで、九牙的にはけっこう好意的に受け取れたDC体験版。いまからアーティとの再会も楽しみです。それとそれと、今回は羽賀ゆいさんが出演してるのも嬉しかったりします。何となく、キャラの作品には彼女の声がないと寂しいモノで(^^;

まだ会社

こんな時間までせっぱ詰まったのは久々ですは。
一段落ついてラッキー。
ネット系業務だからできるというか、助けられてたというか。

まったく褒められた事じゃないのは判ってるだけに辛いやね。

もし出撃できれば、今週は「痴漢者トーマスII」を購入予定。
なんかゲーム性が激しく駄目っぽいのが気になりますな。

さぁ帰るか。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード