心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

『心の叫び』満十歳

 1996年12月30日にネットの片隅にひっそりと公開した、ゲームその他に関する感想をぶちまける私のサイト、『心の叫び』がこのたび開設十周年を迎えました。このサイトをここまで続けてこれたのも、ご来場の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。
 ここ数年は更新ペースもめっきり落ちましたが、こうなったらどこまで続けられるのか、自分に挑戦してみたいと思いますので、気が向いたら今後ともご訪問いただければ幸いです。

さて、ホントは10周年に合わせて、九牙的エロゲ20年史とか書いていたのですが、やっぱり間に合いませんでした(^^; というか、「かにしの」の正式感想も途中で止まってるしで、いつも通りグダグダですが、まあマイペースでやっていきます。そういえば、「戦国ランス」も2周目途中だった…。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

戦国ランス 1周目エンド

158ターン目 終了
 お町姐さん強すぎ! ぜひ味方につけよう。
 オロチは倒せず…(あと2000なんだが)
 キャラクリ12人(+政宗)
 島津4兄弟はいつの間にか消えてた(アギレダとHできず)


ちょうと1週間でクリアです。クリアポイントは当然零点。
最終戦は対オロチ用に鍛えてただけに楽勝でしたが、普通に進めてたら体力2000のザビエルは強敵だろうなあ。
正史エンディングは、ランスシリーズにしては地味目でしたが、香姫に思い入れも一入なのでそれなりに満足。次回作以降で成長した香ちゃんと再会するのが楽しみです。ランスの光源氏計画の成就を願います。シィルは氷付けのままで一向に構わないし。

さて、2周目もまったり始めましょうかね。 
 
 

戦国ランス 6日目

現在143ターン
 キャラクリ11名(+公家強子・ウルザ・千姫・朝倉義景)
 妖怪王に勝利
 最大兵数三万突破
 奥羽制圧 残るは魔軍のみ(オロチもいるが…)
 ノワール・折女・正宗 参戦
 さて誰を首にしようか…原だな。


そういえば奥羽は妖怪国家だった。捕虜いないじゃん、て訳でランスのレベルは2程度しか上がらず。だが奥羽は最後の城攻めが強かった。3500人部隊が6、内訳は足軽2・武士2・陰陽2という、非常にいやらしい編成で、建設2回に運を味方につけないと勝てなかった。しかもその次には正宗とランスのタイマンあり。正宗は1撃でランスから200以上体力奪っていくので、正宗をランスアタック込みの2撃で倒せないと詰む可能性あり。けっきょく城攻め含めて5回やり直したが、その甲斐はあったようだ。ノワール可愛いわ。
それにしても、なんで種子島のふたりは好意値が普通にならないんだ…。シィルが退場してることと関係してるのかなあ。おかげで、種子島と関連してると思われるマリアのキャラクリが立たない立たない。鉄砲は使いづらいし捨てようかな…。
 

戦国ランス 5日目

現在123ターン
 キャラクリ7人に
 (蘭丸・鈴女・健太郎・公家京子・かなみ・リズナ・一休)
 種子島重彦と柚美の好感度が普通に上げても
 嫌悪におちるのはどういうバグだ?
 健太郎レベル99に
 アギレダや戦姫も育ってきたし謙信もレベル上限だ
 よし! オロチ殺しに行くぜ!!


当然、オロチに全滅されました。体力9999なうえに回復役に強力な全体攻撃までありやがる!! 1ターン目を最強メンバーで揃えたら健太郎のぞいて消し飛んだ;; 残りのメンバーで7000まで削るも、オロチっこの後列が回復しやがって…。
ええい燃えてきた! 
こうなったらランスもレベル99まで育てるしかねえ!
でも主要なダンジョンは攻略済みなので、とりあえずアギレダのためにもカイロを落として迷宮探そう。魔軍は人間がほとんどいなくなったから捕虜→ポックル交換ができなくなってるから、奥羽にも戦端を開いて捕虜集めに勤しもうかと思う。
奥羽の総兵力は8万を突破してるが、なんのこっちもも2000人超の部隊は珍しくない! わたしゃやるぜ!!

アニメ:BLACK LAGOON #24

#24 The Gunslingers
手を組むはずだった香砂会を、ロックの提案を受けて粉砕するバラライカ。これをもって、香砂会と鷲峰組との抗争は事実上の終焉を迎える。一方、ホテルモスクワに仁義を果たそうと立った雪緒と銀次は、その途上で、雪緒達に抗争の終焉を伝えに向かおうとしていたロックとレヴィに遭遇する。レヴィと銀次の対決。そしてロックは、雪緒の行動の真意を問いただす。

OP無しに特別エンディングでエピローグもありと、TVにしては思い切った構成で臨んだ日本編クライマックスでしたが……。
アニメ版だと、雪緒ちゃんの愚かしさが悪目立ちすぎてるような。悪い方面に意固地な面が強く出過ぎていて、自刃するにしても、視聴者的には悲哀を感じられない構成になってないか?
神社でバトルで和服で自刃はなんか拙いのか? さらに桑島の声があってなかった気が今さらのようにしてきたのは私だけか? レヴィと銀次の対決にしても、その殺陣自体は良いのだけれど、原作を知っているだけに、舞台の味気なさを感じてしまった。なんで港? アニメ版だけならこれはこれでありと思うんだけど…なーんか「やるせなさ」「切なさ」がそれほど感じられなかったのは残念でした。

とはいえ、双子編のDVDは購入決定。CMみてこみ上げてきたわ。

戦国ランス 4日目

現在103ターン
 健太郎魔神化
 シィル退場 ちょっと嬉しかったり
 ウルザやっとキタ━━━━!!!(何ターンまったことか)
 戯骸とのタイマンで健太郎大活躍
 もしかしてレベル稼ぎこれでできますか?(現在65)
 戦艦長門で九州からの進軍を迎撃し続ける。
 敵が魔物ばっかになってきた。人間より弱い…
 ランスを合戦に出さないとお話進まないみたい?
 (島津兄弟突撃イベントが起きないみたい)
 よっしゃ、まったりいろんなトコ冒険してキャラクリ立てるぜ!
 現在のキャラクリ
  蘭丸 健太郎 鈴女 公家京子
 オロチ迷宮攻略中

 
 というわけで、プレイスタイルを完全に変更。どうせクリアボーナスは0点なんだから、進軍を停止してヒロイン萌えに奔ることにしました。…なんかタイムオーバーで詰む可能性もあるけど、そのときはそのときだ。

戦国ランス 3日目

87ターン
 魔軍によって、島津・毛利・ダクガ・明石が占領される。
 適度に領地を放棄しつつ魔軍は砦で防戦
 今川・徳川・巫女機関・種子島を制圧
 87ターン開始直後、突如として「時は過ぎる」
 奥羽と島津を除く領土が織田軍のモノに!
 ヒャッハーッ!!、これで国力不足に悩まなくて済むぜ!
 88ターン目冒頭のイベント戦闘で健太郎が使途に勝てない。
 積んだ…。

健太郎の攻撃回数が4個しかないので1回攻撃が足りない、使徒戦で必ずタイムオーバー負けする事態に。
 どないせーちゅうねん。
 わたしがマッタリ進めすぎなせいかもしれないけど、エロ中心に遊んじゃ駄目ってことですか? むかつくわー!
 それも1対1のイベント戦で積むのがむかつく。

 はいやり直しでーす。土日が露と消えたな…(T.T)


と思ったら詰んでませんでしたー!

 女々しくももう一回、使徒式部戦をやり直し、「どーせなら体力回復アイテムつかってやるぜ」と投げやりに試してみたら……。

 技回数まで回復しやがった。

 うわー、私の2時間半(ちょっと前に戻って迷宮でレベル上げしたりしてた)はいったい何だったんだって感じですが、2日巻き戻されるのに比べれば、一瞬のようなモンだ。いや人間諦めたら負けですな。

戦国ランス 2.5日目

現在62ターン
 北条、武田に吸収される。
 上杉家制圧、謙信と直江配下に。謙信強いわ可愛いわ。
 直後、香姫行方不明
 探索イベントですぐに発見するも……・゜・(ノД`)・゜・
 ザビエル3連戦
 惜しいところで負けたので、前のセーブデータからやり直し
 カチカチ洞窟でレベルを上げて再戦し仇を討つ。
 健太郎と美樹配下に加わる。
 鈴女とのイベントが進んだので竜宮城再挑戦。
 秘剣浦死丸檄強! ザビエル戦にあったら楽できたのに…。
 大陸からコパ傭兵団がやってくる。コストオーバーだ!!
 さて、次はどこ攻めようかな…東か西か…。


きたよ、アリスらしいガチな苦痛イベントが。しかもよりにもよって香姫ですか…。愛着が湧いてただけに、怒髪天もの。ガキでも容赦なく殺すぜ。お話上、少なくとも1周目では回避不可っぽいこの展開をみて、闘神都市IIのクライアの顛末を思い出した。笑顔が辛いっす香姫…。
  

戦国ランス 2日目

ターン数52
 伊賀・朝倉を征討して領土8。
 朝倉攻略中に今川家とも戦闘状態になるも土地が繋がってないので事なきを得ている。
満足度50で行動回数+1
 雪姫逃亡(T_T)
 朝倉制圧直後に上杉から宣戦布告される。
 リーザスよりマリア参戦→かなみとH可能に。
 タクガ家勃興。
 種子島攻めたいが、上杉いるから無理かな。


朝倉制圧で国力に余裕できたら俺のマリアキタ━━━━!!!!!
6の頃と顔つき違うけど、これはこれで良し。かなみHにはマリアの参戦が必要の模様。(もしくはリーザスから二人目が来ることかな)かなみは相変わらずのツンツンぶりでいー子です。志津香が今回参戦できない理由もマリアから説明有り。

そして早速、上杉謙信が攻めてきたわけですが、うわ、メチャ可愛いわ謙信。いきなりのフォーリンラブ展開は想定外だった。はやく仲間にしたい。
 
 

戦国ランス 1日目

戦国ランスプレイ状況
ターン38 
 足利・原・天志教制圧 伊賀イベントで奪還される(T_T)
 リーザスより「かなみ」参戦
 ゼスから「リズナ」参戦

天志教開戦と同時に制圧した伊賀を、天志教制圧と同時に奪還されて無力感に苛まれてます。伊賀は後回しにしておくべきだったか…。あまりいい人材を集められてないようで、戦力的には1ターン三戦が回せない状況に時間がかかってますが、さて。お話もそろそろ動き出しそうだし、2正面作戦は避けたいんだけどなー。おのれ伊賀。

アニメ:BLACK LAGOON #23

第23話 Snow White's Payback

ホテルモスクワの猛撃によって壊滅に向かう鷲峰組だったが、雪緒は一矢報いることに成功する。暴力という魔力に魅せられる雪緒。いっぽう傷心のロックは、ホテルモスクワの方針転換に憤り、バラライカに意見してしまう。一触即発の窮地を迎えるロック、レヴィ、バラライカであったが、ロックの「自らの趣味」という正義感の定義をバラライカは一笑に付しつつ受け流し、一同は何事もなかったかのように立ち去った。再びロックは実家を訪ねるが、そこで彼はレヴィに故郷を忘れに来たと告げる。自らの立ち位置を決めたロックの、日本での最後の仕事が始まろうとしていた。

うーん…前回のしわ寄せか作画がよろしくありません。とはいえ、お話的にも今回は充電すべき内容だから実害はないかな。しかしながら、ロックの見せ場であるところの「俺の趣味だ」の場面、演出がちょっとマッタリしすぎて見えたのは残念でした。もーちょっとロックが見得を切るシーンは格好良くみせても良かったと思うんだけどなあ。
 雪緒ちゃんに関しては、原作から話しを膨らませてきましたな。ロアナプラに行く手を見出し、悪の道に進むかのようにみせますか。単に儚さの際だつ少女で終わらせない算段のようですね。原作でも屈指の鬱エンドである日本編、アニメ版ではどういった落ちをつけてくるのか、ひたすら楽しみです。

アニメ:灼眼のシャナSP

灼眼のシャナSP 『恋と温泉の校外授業』

宅配の手違いできょうまで到着が遅れた。おのれペリカン、使えないなー。気を取り直して視聴。

全然シャナ目立ってねー!

いやまあ、事前の情報でオガちゃんの話しなのは判ってたんだけど、ここまで出番がないとは…。パッケージ絵みたいな悠二の取り合いをもうちょっと見せてくれると思ったんだけどなあ。オガちゃんはスタッフからは愛されてるらしいが、私的には興味の薄いキャラだから余計にそう思えるんだろうな。

内容的にはアニメ本編の完全なサイドストーリーで、本放送中に割り込んでても違和感のない構成。水着回のノリのまま。
藤田さんを映像化してくれたのは嬉しかったが、ぶっちゃけ「なくても良い」話しかもしれない。質的には決して低くないだけに、ちょっと残念でした。劇場版の投資と割り切るか。


ハルヒキャラソンとか

TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラクターソングVol.5 朝倉涼子「涼宮ハルヒの憂鬱」キャラソンVol4とVol5、鶴屋さんと朝倉を買ってきました。早速iTunesに突っ込んだら鶴屋さんが別の曲情報になるのは長門の再来ですか?

気を取り直して聞いてみたわけですが、個人的にはイマイチな印象。完全に好みによるとは思うんだけど、気に入ったのは朝倉の「COOL EDITION」だけかも。「小指でぎゅっ!」も悪くはないんだけど、どーせなら往年のアイドルソングばりにぶりっ子(死語だな)調で良かったように思う。鶴屋さんに関しては、キャラのイメージからすると、2曲とも弾けっぷりが足りないように感じた。「青春いいじゃないかっ」は惜しいんだけど、もっとアップテンポで良かったんじゃないかな。「めがっさ好奇心」は個人的に論外。歌詞はキャライメージ掴んでるのに(流石に畑亜貴だ)作曲が「キャラ設定読んだだけ?」で作ったような印象受けるんだよなー。結論として、2枚とももっとはっちゃけろよと。(前のキャラソンが売れまくったせいで萎縮したとかだったら可愛そうだけど)もちろん全て私の勝手な思いこみだけどね。

続きを読む »

アニメ:BLACK LAGOON #22

BLACK LAGOON 第22話 「The Dark Tower」

連れ去られた雪緒を助け出すため、レヴィと銀次はチャカが待ち受けるボーリング場で死闘を繰り広げる…。
一方、雪緒を救出することに成功したロックだが、彼は彼女から自分が目を背けていた現実について糾弾されるのだった。

いきなり雪緒ちゃんのパンツアップで吹いたが、音声飛ばしすぎでちょっと拍子抜け。ここまで言葉狩りやるならピー音いれたほうがマシかもしれない。まあ地上波で冒険はできんか。
殺陣の作画は相当に気合い入ってて実によい。良いのだけど、ちょっと演出にメリハリ無かったのが残念。まあこの場面はレヴィと銀次が悪者に徹する殺戮ショーが売りのシーンだから、構成にメリハリがないのも致し方無しか。そういう意味では、Bパート、雪緒に糾弾されるロックのシーンは、一見静かなんだけどカット割りが凝ってて見入らされた。雪緒はどうみても八つ当たりに近い言い分なんだけど、ロックが甘チャンなのも事実だからなー。そこが良いトコなんだが。次回以降のロックの奮起をどう料理するか期待。
 それにしても、ラスト間際のロリライカさんにはびっくり仰天である。以前にも少女時代のカットはあったし原作者の絵も見たことはあるが、時間の残酷さを痛感するね。

12月か…

12月に入った途端に寒い。誰か祠に単車で特攻でもかけましたかってくらい急に寒くなりましたな。まあ福岡はまだ雪がないだけマシですが。

●近況とか色々

12月のエロゲ 
 ・戦国ランス
   旧キャラはあんまり出番無いみたいだけど、とりあえず   ゲーム部分は面白そうだし懐かしのHゲーとして。

 ・ダンジョンクルセイダーズ
   ダンマスのノリが味わえてエロイなら…。遊ぶ暇あるかな。

 ・ 雪のち、ふるるっ!
   RUNEとの相性悪いんだけどな…。惹かれてしまう。


アニメとか
・Kanon
 ”奇跡”という単語が出てきた瞬間、すごい勢いで退いていった自分がいます。こういう面の表現の仕方は、後発のAirのほうがまだマシだったんだと痛感した。


新世代ゲーム機とか
同僚とかにもWiiゲットした人がけっこういて盛り上がってますが、私的には今月購入予定の360がターゲット。今回ほど家庭用ゲーム機の世代交代に燃えないパターンは初めてだけど、それはたぶん、自分の3D酔いが酷くなったのも関係してるだろうなあ。3Dアクションゲーム(特に自分視点の地上歩行型)をほとんど遊べない体になってしまった私にとっては、新世代の映像演出は他人事状態。まあWiiは3Dバリバリ以外のゲームも多そうだけど、体を使って遊ぶタイプのゲームをやるには歳をとりすぎた。腰を据えてじっくり遊べるゲームが揃うまでには時間がかかるからね。その点でいえば、これからまさに360が旬の時期。RPGは嫌いなのでブルードラゴンに興味はないが、アイマスのような育成SLGに期待を繋ぎます。SRPGでいいのが出てくれれば尚のこと良いんだけど…。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード