心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

エロゲ:らぶデス2 1stインプレ前の諸情報

らぶデス2TEATIMEの誇るリアルタイム3Dエロゲ「らぶデス2~Realtime Lovers~」を購入してきました。ゲーム内の1日目を終えるところまでプレイしてみましたので、所感など報告させていただきます。







インストール容量:
10.1GB(フルインストール)
ディスクレスプレイ可能

私のプレイ環境:
 マシンはタイムリープのベンチ時と同じです。
 らぶデス2の設定は、基本設定+アンチエイリアスX4
 解像度は1600x1200。これでだいたい20~35デス。
 サンプル画面はこんな感じ
GPUファンが凄い勢いで回ってます^^; あとメインメモリ2GB積んでますが、半分くらい持って行かれます。また3Dモデルの切り替えに長いときは15秒くらい待たされました。OPムービーの再生がおかしかったけど、WMPの設定を弄くったら治りました。

■グラフィックについて
高解像度環境で見るときめ細かくモデリングされているのが判って良いです。背景などのテクスチャーは引き延ばされるので汚くなってしまいますけどね…。様々なアングルにしてもポリゴン欠けが起こらないのも良い感じ。ただ主人公のモデリングは相変わらず投げやりなので安心です。Hシーンのモーションも結構頑張ってますし、各体位はピストンの強さに応じた動きのバリエーションを3段階用意されています。これに加えてイクときのモーションやキスしながらのピストンモーションなどもあり、所詮ループアニメとはいえ、動画らしい演出効果を発揮してると評価できます。


■操作系について

相変わらず良くないですねー。AVGなのにテキストの表示スピード調整が出来ないってのは相変わらずだし、移動・カメラ操作・お触りそれぞれにおいて、操作が快適とは言い難い印象です。特に移動から会話に戻ろうとする操作なんかは感覚的に連想しづらく、ショートカットキーを用意して欲しかった。


■シナリオ/テキストについて
導入部から相当にプレイヤー置いてけぼりな脚本運びで飛ばしてくれます。しかも客観描写が滅茶苦茶不親切というか判りづらい書き方のため、果たして最初に主人公がバイクに轢かれるシーンを初読で理解できるのだろうか? そのくせ、3Dモデルの演技に任せて問題ない部分をテキストで説明してたりするし…。
もーちょっと、プレイヤーが主人公に共感しやすいテキスト運びは出来ないんだろうか…。ヒロインの魅せ方は今のところそれほど悪くないのが救いだが、中盤以降は超展開になる可能性もまだ捨てられない…。


■気になるところ
Hシーンを含めた「お触りパート」とストーリーパートとの乖離が凄すぎる!
「いつでもどこでもH可能!」を伊達に謳っていないといえば聞こえは良いが、プレイヤー的に初対面のキャラクターとの初めての「お触り」で、本番までなだれ込んでしまえるってのは…。

 公園で会話してたと思ったら5分後には青姦三昧、授業中の教室で会話してたかと思えば衆人環視の中、SEX三昧、職員室の前で生徒会長と話してたら廊下でおっぱじめる、菜々美と喫茶店で初めてであったかと思ったら、父(前作主人公)がいるはずの店内でズコバコ開始…。
 いくら何でもフリーダムすぎるだろこれ!

しかもストーリー的には、「本番」までやってようが「お触り」せずに会話だけ薦めてようが、まったくお構いなし(やった事実を完全無視)に進行するのだから恐れ入る。下手にシナリオがシリアス風味なだけにもはやこれはギャグの領域といっても過言ではないと思う。もしかしたら、「本番」のあった時空は死神の力で「無かったこと」にされているのだろうか? もしシナリオがそういう構成になっているのなら、感心してしまうかもしれない。


■雑感
とりあえず、前作同様ストーリーにはあまり期待せず、おおらかな気分で受け入れて、3Dモデルで表現された美少女達の魅力を堪能するのが正しい遊び方なのかなと、現時点では考えています。間違いなく、3Dモデルによるビジュアル表現はかなりの効果を発揮していますからね。この表情とか良すぎる!
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

アイマス:チャイナ服でミニですよ!

チャイナでミニですよ!

引退直前でまたDLCのために延命しちゃったユニットにて、ミニチャイナ服の試着大会。今回もラメラメっとした質感が良い感じです。各アイドルのイメージカラーで統一されてますが、律っちゃんはもーちょっと深緑にして美希と差別化して良かったかも。いずれにせよ似合ってますが。

りっちゃんは緑!

模様とか凝ってるなぁ。あとおっぱいも良く揺れます。あずささんは紫だから、どこぞの中国マフィア幹部の愛人みたいでした。

おちりのラインがやばい

ミニと言うことで不安視される向きのあった、スリットの魅力が再現されております! お尻から太股までのラインがイヤラシすぎる! もう履いてなくてOK!
ダンスのたびに、視線は下半身に釘付け。CERO_C規定は伊達じゃない。

ちひゃーも美希も可愛い

チャイナ服は原色系が映えるから、千早は実に良い感じです。ただ、躰が細すぎるので、チャイナ服の醸し出す色気はないなぁ。

残虐比較

千早は胸部装甲を着け忘れたようです。ってか、美希でかっ!

舞-乙HiME Zwei vol.4

舞-乙HiME Zwei 4 (最終巻)舞-乙HiME Zwei Vol.4
猫神山で目を覚ましたニナは、舞衣とマシロに再会する。リボンちゃんも交え一時の安息を得た彼女だったが、世界各地に現れたチャイルドの攻勢にあわせて、ユナとそのチャイルド「カグツチ」が猫神山を襲う。水晶宮の力で完全な躰を得たユナによって窮地に陥ったマシロのもとに、やっとこさアリカが現れるものの、やはり蒼天の力を発揮できず、アリカは苦戦を強いられる。果たしてアリカとオトメ達は世界を救うことが出来るのだろうか?


というわけで、泣いても笑っても本巻がアリカ達が活躍する舞乙最終巻です。予想どおり内容に対して尺が不足気味ではあったけれど、わたしは本巻をけっこう楽しめました。ウダウダと喧嘩を引きずらず、ビンタの交換で仲直りするアリカとマシロの男気はらしいと思ったし、TVシリーズでは叶わなかったニナとの共闘も見れたし、リボンちゃん死ななかったし! それにしてもニナ、あまりに寂しい胸囲なので、アリカと並び立つとイジメに見えますよ。

舞乙OVAはまだもうちょっと続いて、アリカのお母さんが活躍していた頃を描くことになりました。どうせならアリカ世代の五柱を活躍させる番外編の方が嬉しかったんだけど、これはこれとして、もうちょっとおつきあいさせていただこうと思います。「龍の御子」やられるよりは今のところ楽しめそうだからなぁ。

馬鹿虎ーーー!

暑かったからね先週注文していた同人誌が「虎の穴」から届いたわけですが…。
 
中身が尽く注文してる本と違ってました!

わたし涙目;;
この時期だ、ミスも止む無しだろうとは思うが、久々にやられたなー。
どこかに私の注文を受け取った犠牲者もいると思うとやるせなくなりますが、律子スキになってくれれば本望だ。

そういうわけで(どういうわけだ)、今週末は東京入りします。まあ当然仕事関連なのですが、親会社からの召還なので経費がかからないってのが良いです。土曜日、雨降らなければいいな。秋葉巡りで同人漁るぜ!

今週はアイマスのチャイナ服と「らぶデス2」に捧げるつもりだったんだけどね……。

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 5・6

 今さらながらですが、雪歩のMAが延期になったため、ナムコプロアイドル陣の幕引き役から下ろされたりっちゃんがちと可哀想に思う九牙です。でも発表されたジャケ絵が可愛かったのでそんな気分は瞬間で吹っ飛びました。

 んでは、本日購入したMA5・6の感想いってみましょう!


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 05 如月千早新曲:目が遭う瞬間(とき)
真の迷走Mindが特撮ライダー系というなら、こっちはリアルロボット系主題歌でしょう。ラジオで公開されてた試聴版を既に50回以上聞いてましたが、こりゃー良い歌ですわ。とてもとても格好いい。それでいて、歌詞も含めて千早らしさが垣間見える曲作りに満足です。2番の「甘くて」の部分を聞いた瞬間、身震いしてしまいました。


公募曲:まっくら森の歌
みんなの歌マニアから「トラウマソング」とよばれながらも多くの支持を集める名曲を千早がカバー。まぁあの絵がないと妙な雰囲気は薄れるし、千早の優しげな歌い方もあって、まったりと聞けますね。声域もあってるようで、歌いやすそうだし。


新録:神さまのBirthday 如月千早ソロ・リミックス
さすが歌姫千早さん。ソロでも安心して聞けますなぁ。ただやはり春香達がいない分、元気の良さは不足気味。千早だけで歌ってるんだから当然ですけどね。せめて美希分がほしい…。


新録:relations(M@STER VERSION) 如月千早ソロ・リミックス
エコーの効果が強いので、評価が割れそうな気がするなぁ。私的にはデュオ曲のイメージが強い分、やはりM@STER VERSIONが一番ですが、これも派生としてありとは思う。


新曲:i
iは各アイドル毎に微妙に曲がアレンジされてたりしますが、千早版はこれまでで一番いいような気がする。歌も安定してるし、ソロではこれまでで一番良いんじゃないかな?


トーク:
亜美真美が出てきてからの展開に、私ニヤニヤしっぱなし。弄るのが得意な亜美真美と弄られてこその千早という、マッチングの妙が素晴らしいですな。正直、亜美真美のテンションと千早のペースは合うのか不安もあったのですが、それは杞憂に終わりました。そしてファイナルトラック。千早がいっぱいいっぱいに頑張っててこれまたニヤニヤが収まりませんよ。特に、棒読みあふぅの美希マネがやばい。



THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 06 双海亜美/真美新曲:スタ→トスタ→
往年のナムコサウンドを思わせるエレクトリックな音楽と、亜美真美お得意のだみ声と小節の効いた元気一杯の歌と、空耳大歓迎な歌詞が特徴的。「ハッピーになる納税タイム♪」 試聴版で歌詞を聴き取っていた有志の解析がけっこう当たっててちと感動。しかし、キャラ声でここまで歌い上げるとは……下田さんすげーなぁ。
オケ版はレースゲーのBGMとしてまんま流用できそうだ。箱○のリッジに最適か?


公募曲:「笑顔のゲンキ」
この歌は、個人的に「亜美真美に歌ってあげたい歌」って感じなんですが、んー…まぁ悪くはないかなー。


新録:私はアイドル(M@STER VERSION) 双海亜美/真美ソロ・リミックス
こっちもエコーアレンジか…。どーせならソロと言いつつ亜美真美デュオにして欲しかったんだが…。


新録:My Best Friend(M@STER VERSION) 双海亜美/真美ソロ・リミックス
こちらは素直なソロリミックス。曲調がおとなしめなこともあって、亜美真美より素の下田さんらしさが出ている気もするが、それはそれとして、じっくり聞ける内容だ。


新曲:i
出だしの「あぁぁぁぁぁぁい」が妙にツボった。曲がスタッカート効いてるためか、小節が回せず亜美真美らしさは薄れているが、ポジティブな曲調に亜美真美の雰囲気が活きてる。「幸せ♪」の歌い方がいいなぁ。


トーク:
真美の765プロモノマネCD遂に発売! キャラの特徴良く掴んでるなぁ下田さん。声色だけで言えば語尾が似てるかなって感じなんだけど、はるるんとか美希、あずささんとかはかなりいけてると思う。常に相方がいる分、トーク部分のドラマもノリノリで、これまでのシリーズで一番面白かった。やっぱりこちらでも弄られる千早哀れ。「胸なんて飾りです」だもんなー。
さてボーナストラックの口癖コーナーもまた、すっかりモノマネコーナー。こっちはドラマパートよりマネレベルが高すぎる!
油断してると春香・あずささん・雪歩・美希はファンを騙せるレベルだ。しかしこのコーナー、モノマネじゃなくて「口癖を言う」のが目的じゃなかったのか!? こうなったら律子もこのパターンで対抗すべきかもしれないな。いや、りっちゃんにはりっちゃんとして「ハニー!だーいスキなの!」って言って貰えた方が嬉しいけどね。

東京は夜の7時

暑かー!!
暑かったよ律っちゃん助けて!

まぁホテル入ったとたんに汗冷えて風ひくかと思いましたけどね。

明日も暑そうだけど、午後はほとんど会議室詰めだから関係ないか;;

タイムリープブートベンチ

明日東京出張だってのになにやってるんだわたしゃ。

まあ現実逃避です。
年末期待の3Dエロゲ、「タイムリープ」(フロントウィング)のベンチを落としたので、遅れ馳せながら計ってみました。


タイムリープのスコア


ベンチの設定はこんな感じで、環境は次の通り。
Operating System: Windows XP Professional (5.1, Build 2600) Service Pack 2 (2600.xpsp_sp2_gdr.070227-2254)
BIOS: Phoenix - AwardBIOS v6.00PG
Processor: AMD Athlon(tm) 64 Processor 3500+, MMX, 3DNow, ~2.2GHz
Memory: 2048MB RAM
---------------
Display Devices
---------------
Card name: NVIDIA GeForce 7900 GS
Manufacturer: NVIDIA
Chip type: GeForce 7900 GS
DAC type: Integrated RAMDAC
Display Memory: 512.0 MB
Current Mode: 1600 x 1200 (32 bit) (60Hz)
Monitor: NEC LCD2190UXi (DDC/CI)
Monitor Max Res: 1600,1200
Driver Name: nv4_disp.dll
Driver Version: 6.14.0011.6218 (English)
DDI Version: 9 (or higher)
Driver Attributes: Final Retail
Driver Date/Size: 6/29/2007 00:43:00, 5690624 bytes
WHQL Logo'd: Yes
WHQL Date Stamp: n/a


ちなみに、初期設定のまま計った場合は57FPSでした。ヌルヌル動いてたから、実際に遊ぶ際は解像度落とすかなー。いやいや、年末までにC2Dマシン組むかな。

サンプルをいくつかキャプりましたが、なかなか良いアニメ調3Dモデルだと思えます。
 
ダンス中もモデルが不自然に破綻することがなかったし、表情付けもモーションもかなり頑張ってる。なにより無理に媚び売らなくても十分キャラが可愛く見えてますよ。比べちゃいけないのかもしれないが、ベンチの時点では、個人的に「らぶデス2」より完成度高いな。

今回のベンチではあからさまに「アイマス」リスペクトしてますが、まぁ360ユーザーなら、「アイマス」のデキの良さを再確認しちゃうんじゃないでしょうかね? アニメ調3D少女モノとしては、やっぱ現状では箱○版「アイマス」の完成度は突き抜けてますよ。それは単にモデルやモーションのデキだけでなく、会話(コミュ)イベントのスクリプトの凝りようでも見て取れます。アイマスのコミュの凄いところは、メッセージ単位ではなく、単語や文節単位でモーションを切り替えてるところだと思う。ひとつの台詞中でモーションを次々に切り替えていくことで、自然な会話シーンを実現してるんですよね。しかもポーズと表情が別管理なのが恐ろしい。モーションの繋ぎも自然だしなぁ。鉄拳シリーズ開発は伊達じゃないってことか。

とはいえ、「らぶデス2」や「タイムリープ」には、リアルタイムレンダリングによるアニメ調3D少女によるエロシーン表現という、「アイマス」には逆立ちしても出来ない領域に挑んでもらわなければならないので、大いに期待してしまいます。
不安があるとしたら、現状ではおっぱいのモデリング&モーションかな。着衣状態だと、おっぱいが服と一体成形されているみたいで、なにかゼリー状の怪物体と化してます。頑張ってあずささんの胸を研究するんだ!

聖なるかな その2

現状:
プレイ時間:14時間
第5章:学園祭の準備 まで。

三章・四章はベルバルザード攻略につきますね。攻略を見つけ出すまでそれぞれ2時間以上かけました。判ってみれば確かに理に適ってるんだけど、ほとんど詰め将棋のノリだから、特定のスキルを使わずに勝つのがほぼ不可能っていうピーキーな難易度設定はマゾいですね。私はSSランクボーナスをほとんど獲らずに進めてるので、かなりパーティは弱い部類にはいると思う。5章開始時点でレベル12が望だけという状況だし、この先大丈夫なんだろうか? まぁやっとユーフィーが仲間に加わったので、モチベーションが回復したのは何よりでした。今回、ストーリーがイマイチ面白くないのに加えて、ヒロインキャラに魅力が乏しいので、どうにも継続意欲がすり減ってきてたんですよね。なによりメインヒロインふたりに魅力が乏しいってのはかなり駄目だと思う。ルプトナ、ナーヤ、タリアのエンドってあるだろうか…。

そうそう。エロに関してですが、プレイ開始から12時間ほど経過した第4章の途中で一個だけそれっぽいシーンがありました。主人公と関係ないレズシーン…。実に取り外しやすく設計されてて泣けてきます。

聖なるかな 開始~

「聖なるかな」始めました。

現状:
プレイタイム 約6時間
第2章:大空を駆って まで

こりゃ長そうですな。物語もやっと序盤が終わってきたって感じです。難易度もけっこう歯ごたえあります。覚醒ダラバ将軍との戦闘は詰んだかと思ったくらい。残り体力2桁まで削られての辛勝ってのはドラマチックで良かった。レベル8ってこの時点で神性強化の上限に近かったんで、パーティの育て方次第ではマジで詰む人がでても不思議じゃないかも。

しっかし、ここまでエロシーンゼロってのは、正直頭が痛い。ここまでの大作となれば、ザウスも当然コンシューマ移植考えてるだろうからエロ薄は十二分に予想の範囲内だけど…。最悪、エロイッカイズツの覚悟が必要かもしれない。

さっそく修正パッチが出てますな…。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード