心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

L4U:『i』 配信開始

忙しい忙しいといいつつ、配信日は残業をとっとと切り上げて家路につく自分が可愛い。もちろんゲイツは昨夜のうちに補充済みでした。
胸元に目が

『i』はゲーム用に短縮されたのが少々残念でしたが、やっとゲーム上で弄れるようになったのはやはり嬉しい。いろんな衣装で踊らせてみたいところですが、とりあえずは、今回新配信となった「グラビアミズギ2」でパシャリ! ……りっちゃん胸元がやばすぎます。谷間谷間谷間ぁぁぁぁぁぁあ!
応援に関しては、ハードでフルコンボ出せましたが、後半の難度が高くスコアは3万弱とあまり伸びませんでした。

ちなみに法被も買いましたが、どうして浴衣がこないのかバンナムを問い詰めたいところです。いやまだ夏は始まったばかりだから期待は繋ごう、そうしよう。

今回のDLCで地味に楽しみにしていたのが、「アイドラ」。特に「聖白バラ女学園2」は、無印DLCでもお気に入りのアイドラの続編であるだけでなく、プレイヤーキャラが「アイマス」の主人公であるプロデューサーなのである。やはりこの立ち位置に思い入れの強い自分にとっては、感慨深いものがありました。
9393?

内容に関しても、前作同様、各キャラの入れ替わり具合が楽しめていい感じです。特にアリス役を演じる雪歩の似非外人喋りが可愛いなぁ。

もう一本の「プリマシリーズ 亜美・真美」も、真美の健気さが胸を打つ良作なんですが、正直ファン代表Pに秘密を打ち明けるのは勘弁願いたかったかなー。そこだけはちょっと残念ですが、いろいろとスクリプトが凝ってて、「またバンナムPやりすぎ!」ってな感じですな^^
亜美真美

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

きょうは久々にケーキを食べてみた

きょうは秋月りっちゃんの誕生日なので、先月のmy誕生日にも食べなかったケーキを食してみた。久々に無印アイマス起動したら律子から責められたりもしましたが、最近仕事で荒み気味の自分にとっては、良い意味の気分転換になった模様。ありがとう律っちゃん。

そういえば、明日配信開始であろうL4UのDLC第五弾では、久々にプロデューサーがアイドラに登場するとのことで、楽しみでならない。L4Uではプレイヤーの立ち位置はファン代表Pなもんだから、不完全燃焼というか、物足りないんですよね。嫌いではないんだけど…性格的にあんまり好きになれんよなぁファン代表は…。

アイマス:MASTER LIVE 04

THE IDOLM@STER MASTER LIVE 04■THE IDOLM@STER MASTER LIVE 04
MLシリーズもこれにて打ち止め?の04は、「02」同様765プロアイドルの年長組中心の編成ですが、ラインナップは「02」の時よりバラエティに富んだ内容になっている気がします。
 何はともあれ、各曲個別感想なんぞいってみましょうかね。

■my song(M@STER VERSION)
伊織、真、あずささんという珍しい編成で歌っていますが、合唱が栄える楽曲だけに、高中低音にハッキリ別れさせたのかな? 合唱時は伊織の声が若干負け気味ではありますが、やはり綺麗。ゲーム版では尻すぼみ感がわずかにある編曲でしたが、マスベ版ではそれも払拭されています。ゲーム版でも良かったサビがさらに盛り上がっていい感じです。余談ですが、「my song」のハードランク応援、サビに入る拍手がけっこう好きなんですよね。

■inferno
曲調がどう聞いてもリアル系ロボットアニメ後期OPなので、否が応でも「ゼノ…」を思い浮かべてしまうのは呪いだろうか。まあゼノそんなに嫌いじゃないからわたしゃいいですが。
 雪歩と千早というよりはゆりしーとミンゴスって感じもしますが、まあこの曲調ではキャラ属性発揮しづらいし、そうネガティブな印象は受けない。曲そのものは、リレや迷走などの「格好いい」系統をベタに貫いてて好感触。台詞が入ってるせいか、何となく「サンホラ系?」とも思いました。 早くカラオケで歌いたいなぁ。

■relations(REM@STER-B)
中華風に歌う伊織んから、「神楽」が一瞬浮かぶのもどうか。でも中国語のパートとか可愛いし、なかの人はホントにキャラソン巧いなーと感心してしまう。

■9:02pm(REM@STER-B)
「9:02pm」で律子とくれば、超ぶっきらぼうな「好き」が真っ先に思い出されますが、アレンジ版は素直に「好き」といってくれてちょっと拍子抜け。でもその直後のハミングが可愛くて悶絶できます。そして情感こもった「ひとつだけ」にて撃沈ですよ。ってか、透き通った律子の声が心地よすぎる。

■魔法をかけて!(REM@STER-B)
甘ぇぇぇぇ!
一瞬メカかと思ったけど、千早のシュガーボイス攻撃はあざとすぎるほど甘いわぁ。
終盤パートで死亡者続出じゃね? 語尾上げるの卑怯。

■Here we go!!(REM@STER-B)
雪歩の「よー!よー!」が可愛いなぁ。
歌っていうかラップなんすかねこれ? こういう思い切ったアレンジも悪くない。「ぴーす♪」

■思い出をありがとう(REM@STER-B)
今回のラインナップでは浮いてますあずささん! ってかただでさえ重い曲なのに、なんか演歌方向にさらに重くなってる気がする。イメージは場末のスナックで熱唱するママか?

■ドラマパート
序盤から小鳥さんテンション高杉!っと思っていたら途中退場とは。当然のごとく律子が進行を引き継ぐわけですが、前作までの小鳥さんポジまで引き継いじゃってるから、ボーナストークでの律子の出番が少ないのは致し方なしか。内容的には、「あずささんイジメ」ってな展開なので、ちょっと笑いの要素は低め。笑いを求めるなら小鳥さんの妄想についてで、あとはちょこちょこと見せる各アイドルの意外な反応を楽しむのがいいのかも。


さて、次のDLC曲は「i」が決まったわけですが、その次はあるのかな? どうせなら「神様のBirthday」とか「空」とかもMAの曲なんかもゲーム用にしてほしいんだけどなー。…ダンスモーション作るだけで死ねそう。

ウィザーズクライマー 2周目クリア

 ウィザーズクライマー、2周目修行モードでクデュール魔法大会に見事優勝できました!
クリアまでにはこのモードで出現するであろう全ての塔は攻略してたと思う。(絶望・王魔・最上制覇、バンカスター武術大会も優勝) このゲーム、パラメータ引き継ぐと遊び方がかなり変わりますな。1周目では訓練や勉強によってパラメータを上げますが、モード変えてからは塔や大会など「実践」でパラメータを上げるほうが効率の良い育成ができるのです。おかげで最上の塔に登りまくって、結果的にドラゴンをいたぶりまくったのですが、このゲームで倒されるドラゴンが雄ばかりなのはお約束。ひさびさに”最凶の雌竜”の話も聞けて、適度なファンサービスも楽しめます。

 現在3周目を試練モードで進行中ですが、最初からかなり強い状態のセリスに向けて、新たな「実践」が出てきたりと飽きさせない構成になっているのは嬉しい限りです。「育成ゲーム」の肝は、「プレイヤーに成長をいかに実感させるか」にかかっているのですが、本作はこの点において相当に高いレベルで成功させていると言えます。ゲームのテンポも非常に良いので繰り返しプレイが苦にならないのもいいですね。その分、長期間のプレイには向かないゲームですが、敵を小気味よく粉砕していく楽しさは、巣ドラに通じるところがあるんじゃないかと思います。


以下、九牙的攻略仁関してメモ

・複数の敵を攻撃できる武器は塔攻略では必須に近い。1周目ではハンマーだったが、2周目で使ったムチの使い勝手は他の追随を許さない。MP消費なしなのも評価を押し上げている。

・闇属性は吸魔・闇の槍のコンボがいい感じ。特に吸魔は必須のスキルだろう。

・一撃必殺なら光魔法。「満たす光」は切り札として強力すぎる。

・再生の魔法があれば「体力回復」の重要性が下がって便利この上ない。普通はこれだけを「奥義」に放り込んで常に解放している私。強敵が多いときは「満たす光」を奥義に加えれば万全だ。

・雷系攻撃魔法はMPあたりの威力が高くて使い出があるが、火・水・風・土の攻撃魔法はどーもぱっとしない。召還系や補助系などは悪くないのでポイントはそっち主体に割り振った方が良い。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード