心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

L4U:慌てないでオトメサンバ!

一昨日のライブ疲れがやっと抜けてきた九牙です。いやー、昨日までは右腕がパンパンに張ってて痛いのなんのって。3時間サイリウム振ってただけでこれだよ。

さて、そんなお祭りも何するものぞ、今月もやって参りましたDLC祭り。今回は新曲がお休みなのでゲイツの消費は少なめですが、服もアイドラも異色を放つ完成度でした。

オトメサンバの作り込みは異常

ネタ衣装と思っていたオトメサンバですが、作り込みの細かさは半端ねーす! 布地の質感とかすげー! 背中のオーラコンバーター羽も綺麗ですし、胸のブレストアーマーみたいなパーツも良い感じです。

ダブルメガネでいつものりっちゃん

律っちゃんのメガネは守られた! いや、メガネ系アイテムの扱いとしては従来を踏襲したまでですが、DLCであっけなくメガネ外されても、ファンとしてはあまり嬉しくないので今回の措置はバンナムGJ!と思う九牙です。せめてアイドラでプロデューサーとのイベント描いてくれないと納得できないし、こうなったらPSP版の隠し要素にしても良いと思うくらいです。覚醒美希に対抗して、覚醒律子シナリオだ!

下にちゃんと履いてます


制服系コスに強いりっちゃんなので、ラフタイムスクールも当然似合ってますが、今回は中身が見えすぎのような^^ ブルマー万歳!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

祭典はまだまだ続く

『Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE』から先ほど帰って参りました。

面白かった。この手のイベント参加はほとんど初体験に近い初心者ですが、ともかく面白かった。その理由にはもちろんイベント自体の出来も大きく影響しているだろうが、ライブ自体が「アイドルマスター」という作品自体を盛り上げることを主題にしていて、それがアイマスの1プロデューサーとして参加したい私の主観と激しく一致したからだと思えるのです。ファンはファンだけでなくゲームを構成する1要素であるという立ち位置をアイマスが忘れない限り、このコンテンツへの愛想が尽きることはないと実感できる良い体験でした。
まあ堅いことはともかくとして、「いっぱいいっぱい」で律子に声援をおくりまくることができて、各アイドルのプロデューサーへのメッセージに目頭を熱くさせられただけでも、今回のライブは自分的に大成功なのですが。

さて、アケマスの没キャラだったタカネと響がライバルキャラとして復活したり、美希がライバルプロダクションのキャラになるなど、なかなかショッキングなPSP版の内容も公開されたわけですが、この展開は多少の物議を醸し出すことでしょう。なにより、箱マスで美希を愛したPは複雑な心境になる懸念は高いと思う。果たして961プロの3キャラはどのような形でプレイヤーの前に顕れるのか、これからの情報に注目したいところだ。
私の予想は以下な感じだ。
 ・PSP版3作品に、それぞれひとりずつライバルキャラが登場するのでは?
 ・各ソフトで765プロアイドル3人をクリアすると、961プロのアイドルひとりがプロデュースできるのでは?
 ・楽曲を別個に用意するのは無理だろうから、新キャラをプロデュースするときは765プロに移籍するのでは?
 (まさか961プロ用で新曲を3曲以上用意するとは考えにくい…)
 ・と思ったが、社長の言葉を思い出すと961プロでのプロデュースもあり得そうだが、楽曲は765プロのを流用するのかな? ってか961プロモードと765プロモード両方で3人プロデュースできたらすげーわ。

まあ今後の情報次第でがあるけれど、PSP版への期待がふくらむ良い情報公開だったと私は思います。

アニメ:舞-乙HiME0~S.ifr 2巻

舞-乙HiME0~S.ifr~(マイオトメシフル)2 第1話で敗退したレナが運命の人(?)との出会いを経て戦う意志を再確認するとともに、シフルの謎の説明と新キャララッシュの回。

おもしろい。見ていて先の展開がいろいろ楽しみになる構成なのがいい。作画面も高め安定だ。なによりレナ可愛いし、新キャラもいい味出してる。ただ、お話的には最終巻である次回に繋ぐための説明回なので、スカッとする部分がないのがちと残念かな。せっかくミユが活躍するかと思ったらアレだし…。あんたホントに強いのかと。あとシフル駄目子すぎ。

しかし、レナの旦那がシローだったとしたら、舞乙でのアリカとアスワドとの関係に矛盾とはいわないまでも違和感を抱きかねないんだけど、どうなんだろう。ってかレイトがレナ殺すってのに無理が生じるなぁ。いやマジでどうなんだろう? その辺まで含めて最終巻では蹴りつけてくれるのを期待しつつ、またレナのおっぱい見てくるか。

輝くPSPでまた逢える!

つぎの舞台はPSPですか!
キャラ分割でしかもソロ育成専用、しかし育成パート強化にイベント追加!
キュピーン!

もう買うしかないな!

これを機会に新型PSPを導入したいので、バンナムさん、是非とも「纏めて三本+PSP本体付き」の限定版を企画してください。予約してぜったい買いますんでよろしくお願いします。

アイマス:Vacation for you!

THE IDOLM@STER Vacation for you!THE iDOLM@STER Vacation for you!
世間様は先週末から夏休みだそうで、浜辺にほど近い会社近辺の雰囲気も賑わって参りましたが、とうぜん私らそんなの微塵も関係なくて、ただただ暑い日々。クーラーつけてても暑い自室で聞くにはもってこいの、さわやかアイドルソング集がやって参りました。名盤「C4U」の対となる本作、果たしてそのデキやいかに?

■VACATION
意外や意外の英語仕様に不意を打たれましたが、バックのガヤは日本語だったりと、どこか懐かしの”夏の浜辺”チックな情景が浮かびます。あずささんが相当にキング仕様ですが気にしない気にしない。元気の良さは一曲目にピッタリですね。

■カナリア諸島にて

雪歩のリクエストどおり、まったり爽やかな曲調と伊織の澄んだ声がよく馴染む。伊織はキャラ幅広いから、何でも合うといえば合うのですが、本性が優しいキャラクターなので、こういった歌も違和感なく聞き入ることができます。

■Sunny Day Sunday
古き良き高校生の夏!っですな。現役高校生律子が、可愛く元気いっぱいで歌ってますが、かけ声がどれも可愛らしくてニヤニヤがとまりません。「幸せだー!」 高音主体だから声の伸びが良いんですよね。曲が短いのが唯一のネックですが、原曲からだから仕方ない。「カキーン!」のところでつい「おらー!」と歌ってしまうのはMADの影響ですが、やよいとデュエットも聞いてみたいかも。

■愛より青い海
アイマス1のボーカルブースターはまちがいなくあずささんだと、改めて実感できる良曲。キャラ声なのになんでここまで巧く歌えるのか…ホントすごいですわ。これは原曲もよく知っていますが、個人的にはあずささんバージョンのが透明感が強くて聞きやすいと思ってしまった。

■夏空グラフィティ
実は原曲しらないので、亜美真美が歌う今回が初聞き。ふたりにしてはちょっと大人びた曲調なこともあって、なかの人の成分が強めに出ていますが、それがかえって「亜美真美15歳版」と感じられて非常に好感触。下田麻美、ガチで歌うまいわぁ。

■夏影
「鳥の詩」に続く鍵ソングを雪歩が歌ってます。ゆりしーっぽさが薄く、高音主体の澄んだ歌声が雪歩らしくて実にいい。サビの部分とか低く来るかとちょっと心配だったけど、今回の感じはいいですよ。…この際、ブレスの強さはどうでもいいや。

■サニー
「メリー」がクリスマスという判りやすいテーマに集約できるのに比べて、「サニー」は夏を対象にしているのでテーマ性が薄いが、そんな細かな分析は必要ないくらい、明るく快活に駆け抜ける歌の調子が実にいい。聞けば聞くほど好きになれる、アイマスソングらしいスルメソングでしょう。各キャラの合いの手やかけ声が気持ちよくて、思わず笑みが浮かぶこれまた良曲だと思いました。

■ドラマパート
 MLのドラマがカオス化の一途をたどっていた反動か、今回のドラマは比較的落ち着いてますが、小ネタはあちこちに振りまかれているので、思わずニヤリとするシーンは多い。まあ律子・伊織の二大常識人にあずささんと雪歩と来れば、亜美真美ばかり暴れさせるわけにはいかないし、この構成は良いと思う。なにより嬉しいのは、プロデューサーの存在感が大きいことですな。みんなの反応を見るに、少なくとも765プロのアイドル達はCランク以上くらいの信頼度をPに対して抱いてくれてるってのが、Pとしてはまあ嬉しいわけですよ。
 余談ですが、人魚の声はたぶんあさぽんですよね。駄目音感はそう判断しました。


ライブまで1週間をきり、テンション上がってきてるところにいい燃料が注ぎ込まれたようで、私のボルテージも過熱気味。次回DLC以上の情報はライブで発表してくれるのかなぁと、若干不安も膨らみますが、まだまだ私はアイマスに金をかけていく気満々です。とりあえず、ライブ会場の物販ではマスボとTシャツは買いたいなぁ。

来るべき時がきたのか…

仕事の予定が早まったり出張が決まったりでてんやわんやしているうちに、ひとつのエロゲーが☆になってしまったそうで…。

取扱中止 おまかせ!とらぶる天使ぼとむれす

DependSpaceを久々に眺めてたら、発売情報をみて愕然、慌てて裏を取りに行ったらこれですか。
OWSは告知どころかアクセス過多で落ちてるし、笑うしかないというかなんというか。

所長やひまわりたちとの逢瀬は来世に期待ってことですかね。

最初の予約券はもう文字見えないよ、俺何年待ってたんだっけか? 発表時から数えたら3年以上は確定だな。もういっそのこと同人かDL販売で出してしまえ買うからさぁTT

雑記:RADEON HD4850積んでみた

いろいろフラストレーション貯まってたもんで、ついつい衝動的にグラフィックカードを交換してしまいました。

交換前:Geforce8800GT → 交換後:RADEON HD4850

購入金額はほぼ同じ、両者ともミドルクラスのVGAとしては破格のコストパフォーマンスで話題のカードですが、さて、どれくらいの変化があったかといいますと…

基本環境
 OS :Windows XP Pro SP2
 M/B:P35-DS4
 CPU:Core2Quad Q6600@2.40GHz
 MEM:3582MB

タイムリープブートベンチ
 1280x960 AAx4 HDR・ソフトフィルタ・被写体深度・バックライト各ON順光・夜・紙吹雪

8800GT:だいたい50FPS  →  HD4850:だいたい60FPS

数値的にはあんまりかわらねーって印象になりますが、AAx8にしても50FPS以上をキープしたりと、地味にパワーアップを感じられます。PCI-E2.0じゃないマザーボードで動かしている割には、頑張ってくれてる気がします。まあ、全然パワーアップしなかったら涙目ですけどね。

ところが、グラボ交換で意外な効果が発揮されたのが、Monster-X君。ご存じの通り、88GTと怪物Xの環境でまともにプレビューさせたい場合は古いドライバに留めておかなきゃいけないんですが、私はあんまり古いドライバ使いたくなかったので、プレビュー環境は半ば捨てていたんですよ。録画はきちんとできていたから。ところが、HD4850だと、ちょっと負荷スレッドONにするだけで、プレビューが安定するじゃないですか! うっしゃ! これで念願の「アイマスプレイしながら録画」が叶うぞ! ありがとうRADEON! X800以来だから3年ぶりのATi発色も良い感じだし、悪い買い物じゃなかったなぁ。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード