心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

L4U:カタログ第13号配信中

 今回はMA曲ふたつのみということで、ちと寂しげかとも思ってしまいましたが、実際に買って見てみると、そんなことは全くなかった。


l4u_090428004.jpg
まずは律子の持ち歌である「いっぱいいっぱい」から。本楽曲はSP版でも元気な振り付けと各アイドルの可愛さが良かったのですが、L4U版では移動がダイナミックになったこと、デュオ・トリオでの立ち位置交換などが相まって、PV鑑賞がより楽しくなっています。各アイドルの組み合わせも新鮮で、個人的にはMA曲で一番聞き慣れた曲なのに、新たな良さを感じさせてくれました。

続いては、伊織の持ち歌である「フタリの記憶」。優しい歌声が魅力の歌ですが、L4U版では各アイドルの柔らかく優しい笑顔が加わって、さらに和み度がアップしています。
l4u_090428001.jpg

 もお、りっちゃん可愛すぎる。ああああ律子ーーーーーーーーーっ!
さらに今回のPVで始めてみせるカメラの回り込みはなかなか新鮮です。これはアイドルの変身シーンを作れってことですか?
l4u_090428002.jpg

 今月はSP版の「I Want」も凄かったのですが、L4UとSP版でそれぞれ違った楽しみ方ができたように思えます。SP版のモデルは、性能の差もあってどちらかというとコミック的デフォルメをされている分、コミカルな表情は特に強い。いっぽう箱○版はリアル3Dに近いデフォルメなこともあって、表情を激しく崩せないが、微妙な表情変化や優しさを出すのに優れている、そんな風な印象を強めてくれた、今月のDLCでした。
 来月は「隣に…」かあ。誤配信時は出張してたから、悔し涙に濡れたんですよ。やっと買える!
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

今日は映画三昧:「交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい」

続いては、「交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい」。
テレビ版とは異なる世界で展開される、「もうひとつのエウレカセブン」なわけですが……。
ここまで共感のしようのない作品は久々でした。

以下はこの映画が面白かった人は見ない方がいいかと。

続きを読む »

今日は映画三昧:まずは「天元突破グレンラガン 螺巌篇」

きょうは久しぶりにアニオタらしさを思い出して、新作アニメ映画二本を鑑賞してきました。
1作目は「天元突破グレンラガン 螺巌篇」、2作目は「交響詩篇エウレカセブン : ポケットが虹でいっぱい」です。福岡では「シネ・リーブル博多」くらいしか上映してないせいか、特にグレンラガンは朝一の上映から人が一杯でした。けっきょく私、グレンは2回目の上映、エウレカは三回目の上映時間で見るハメに。もっと大きな劇場で公開して欲しいけど、収支が合わないんだろうなぁ…。

さてとりあえず、先に見た「天元突破グレンラガン 螺巌篇」から感想言ってみたいと思います。
(珍しくネタバレ配慮のふりをしてみる)

続きを読む »

エロゲ:姫狩りダンジョンマイスター プレイ中

姫狩りダンジョンマイスターエウシュリーの新作SRPG「姫狩りダンジョンマイスター」をプレイ中です。とりあえず5-4まで進めました。プレイ時間はそろそろ20時間くらいかな? 完全自力攻略をめざしてまったり進行中。ちなみに、うちの主力モンスターはガーゴイルでしたが、そろそろ名前つきユニットが主戦力になってきたかな。

エウのソフトは「峰深き瀬にたゆたう唄」以来なので丸1年ぶりくらいですけど、九牙的にはエウ久々の大当たりって感じです。ノーマルランクで進めていますが、適度に難しい局面がくるものの、戦術を練って取り組めはちゃんとクリアできるという、かなりベストなゲームバランスなのが何より素晴らしいところでしょう。しかも、「峰深き~」ではキャラもエロも今ひとつ好みでなかった私が、今回はどちらもポジティブに受け止められてるのも大きい。正直言って、ストーリーはかなり薄味で、ゲーム世界の味付けくらいしか意味がない気もするけれど、主人公の動機付け・世界観の説明さえあれば、あとはゲームパートでプレイヤー自身が物語を紡いでいるわけで、このくらいが九牙にはちょうど良いみたいです。ヒロインキャラ達も悪くないですし、ユニットとして仕えるのでゲームパートでさらに愛着がわきますしね。コレットとか最初かなり印象薄かったのに、参戦してからの役立ち具合が高くて評価が180度変わりましたし。ちと残念なのは、愛すべき我が使い魔ちゃん、クラスチェンジするとキャラが変わりすぎてしまうとこですかね。ロリリィからツンデリリィになったときの落胆はでかかった……。ツンデレならブリジットのほうが良い味だしてますがな^^。ブリジットのエロシーンは今のところ一番楽しめたし。

とりあえずクリア含めていっときやり込んだら、正式感想を書こうと思う。いまのところでも、かなりお奨めできる作品ですしね。

ゲーム:ドリームクラブのPV見た

XBOXライブで公開された、ホストクラブSLGドリームクラブのムービーを見てみました。モデリングはけっこう良い感じですね。直接の対抗馬となるであろう「タイムリープ」よりモデリングとモーションは良いように思えました。特に髪の毛の処理はいいですね。ただ表情付けについては、「タイムリープ」のほうが上かな? ドリクラは表情固いんですよね、まだ。このへんは、夏までの調整で良くなることに期待したい。ドリクラは買うつもりなので。ちなみにタイムリープの箱版は買う気無し。ただし「ぱらだいす」は予約済みです。

まあどうしても「アイマス」と比べられてしまうのを避けられない本作ですが、アイマスはナムコが培ってきた3D技術の結晶ともいえる作りなので、2年以上あとにでる作品とはいえ、ドリクラが及ばない面があるのは致し方ない。バンナムの資本参加はこれの開発には関連してないだろうし。でも、アイマスにとっても良いスパイスになるんじゃないかという期待もある。すくなくとも、夏はまだL4UのDLCでてるだろうし。

それはそれとして、本日公開された今年の箱○ラインナップの紹介ムービー、「たゆたま」が思いっきり浮いてましたね。2Dギャルゲも頑張れ! まあ紙芝居ゲーはコンシューマで買う気はないですが。

3Dエロアニメ:眼鏡の向こうの虚ろな瞳

■眼鏡の向こうの虚ろな瞳がらがら浴場
東鳩無印の委員長が主役の同人エロムービー。お話としては、転校で居場所を失った委員長が肉欲で空虚さを埋めていくというもので、往年のファンであれば委員長のエロ同人ネタとしては定番中の定番という印象を持つと思う。でも本作の凄いところは、それを全編、3Dモデルでのアニメで表現しているところ。しかもそのアニメの完成度が相当に高いのだ。

 尺は約20分でエロシーン的に大きく分けるなら「学校のトイレで座位から後背位」と「プールの更衣室でフェラから正常・側位」ですが、カット数が相当に多い上に割り方や見せ方が巧くて、ループ感をほとんど感じさせない構成なのがまず凄い。またモデリングやモーションもハイレベルでそこらのAE系同人アニメが裸足で逃げ出す完成度に加えて、「表情変化」が細かいので、モデルの演技がじつに艶めかしいのだ。

わたしはDLsiteにて1785円で購入したが、これは非常に良い買い物だった。お奨めです。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード