心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

アイマスライブ生放送とDS情報

まずはニコニコ生放送ですが、会場時間前からありありとサイトが重くなっていき、案の定会場と同時に読み込み遅延が発生してました。わたしは書き込みは二番目でしたが、座席は700番台直後。そして瞬く間に来場者は一万越え。大規模な公式生放送は今回が初めてなんですが、なかなか盛況だったようですな。
しかし、開演までにはけっきょく50分ほど待たされることに。まったりコメントしつつアイマスSPのPV観てましたが、「ugoki」などネタが産まれるのも一興でした。
vlcsnap-00001.png

その待ち時間の終盤、ついに新曲「HELLO」とともに公開されたアイマスDSの初PV。(※現在公開中のverから声優紹介を省いた念の入ったネタ)新曲はアイマスらしい、明るく素直な楽曲です。一発で気に入りましたが、新鮮味に欠けるのは確か。そういう意味では、やはり「オーバーマスター」は別格か。ゲーム画面などもでてきましたが、765プロのアイドルも既報のとおり登場していました。グラフィックも、箱○版のエンジンを流用して作っているので、「アイマス」世界的に違和感のない作品にはなりそうな印象を持てました。

で、ライブなわけである。ガミPによるアイマスDSのテーマ「俺がアイドルだ!」など笑えるネタが生まれる展開もありましたが、純粋に新しい情報は新キャラの声優だけという、ちょっよサプライズ感にかける発表ではありました。でも「765プロの新作」が別個に進行中と明言されることは嬉しい限り。SPをクリアしてる人ならご存じのとおり、961の二人ももう「765プロ」メンバーです。彼女らをプロデュースできる可能性は高まったと楽観したい。

新キャラ三人の声優についてですが、九牙的にはネガティブな印象はありません。確かにそれなりにメジャーな声優さんなので、キャラに余計な色が付きそうだと懸念する人の気持ちも分からなくもないが、幸いなことに、私はここ最近のアニメにそれほど入れ込んでいないので、余計な先入観を抱かずに済んでいるのです。まあ、そんなこと抜きにして、純粋に気にすべきはゲームキャラとの親和性、「合うか合わないか」だけですしね。その点でいえば、現時点のボイスサンプルのみになりますが、悪くはない感じ。ライブの歌は若干ズコってましたが、それくらいのほうが可愛らしいともいえます。

締めは、出演者全員による「THE IDOL M@STER」。中村さん、豪快にミスってましたが、それがプラスに働くのは、さすがとしかいえません先生。

さてさてDSはほとんど遊んでいないとはいえ、ふるい型のしか持ってないので、とりあえずはDSi同梱版の発表を待ちますかね。
スポンサーサイト
[PR]

エロゲ:灰色の空に墜ちた翼

灰色の空に堕ちた翼デュアルテイルの新作、「灰色の空に墜ちた翼」、1stプレイクリアしました。

データ容量:2.05GB ディスクレス起動可能
CG回想:694枚(差分含む)
シーン回想:Hシーン&エンド回想 120(全イベントシーン数216)


まずはノーヒントで頑張ってみた結果を下に貼ってます。フタリとも愛玩天使でした。どーみてもトゥルーポイントが足りなかったのと、個別エンド分岐フラグをへし折ってたみたいです。予約で買ったから今回もヒント集もらってるし、エンド条件はクリア後にゲーム内でヒントもらえるので、2周目はその辺も参考にしつつ遊んでいこうと思う。ちなみに、エンディングは30ほどあるとのこと。

ナインテイル系の作品、私はこれで4本目ですが、現状は一番のお気に入り候補かも。(これまでの同社作品一番のお気に入りは「機械仕掛けのイヴ」)

個人的評価ポイントとしては、
「以前に比べキャラデザが洗練され塗りも良かった」「立ち絵の目パチアニメ」「調教システムが判りやすい」「状態変化で一気に調教値が稼げる爽快さ」「選択肢の効果がすぐ判るので自力攻略もしやすそう」「主人公含め主要キャラが同社にしては珍しく感情移入しやすかった」「堕落調教なのにラブラブなのが良い」「エロも良かった」「極端な巨乳キャラがいない」
って感じですかね。マイナスポイントとしては、「調教コマンド=1構図」なせいで、せっかくボリュームのある調教内容とビジュアルに齟齬が生じていることかな。

天使を堕落させる調教SLGという基本コンセプトだけみて購入したんですが、表面的な陰惨さがないのは個人的には特に良効果になりました。実際にはかなり暗い設定なんですが、各天使の健気さと、主人公の後ろ向きな誠実さが、良い感じなんですよ。ダーク系を期待すると手痛いしっぺ返しかもしれませんが、ナインテイルらしいといえばらしい作風に思えました。



ストーリーがけっこう気に入ったので、これはトゥルーエンドがみたい作品でもあります。1stプレイでもシナリオは良いとこまで進んでいただけに、よけい結末が気になりますしね。それから、ピティが予想以上に可愛いですよ。下手すると調教対象のふたりより。

アイマス:4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR’S!! in FUKUOKA

クラブロゴス朝行ってまいりました、アインマスライブinFUKUOKA。朝は物販で並び続け、夕方は700番台でこれまた列の後方に並ぶことと相成りましたが、結果的には、その苦労以上の幸福が得られる、忘れがたい思い出のライブと相成りました。

とにもかくにも、若林直美さんの存在無しには、成功のおぼつかなかったライブだったと思います。ゆりしーを引っ張っていけるのは、今回彼女しかいなかった。それは間違いないところでしょう。進行役として、そして最年長者として、みんなを引っ張っていく大役を見事こなすその様は、765プロの良心として孤軍奮闘する律子の姿を見るようで、感慨深い物がありました。そして「いっぱいいっぱい」で醸し出される場内の一体感は流石の一言。新曲「livE」は格好良すぎて聞き入りました。ダンスも完璧で流石という他ない。ご結婚されて活動の場は限られるとは思うけど、少しでも長くアイマスガールズとして活躍してくれるのを期待して止みません。

さてさて、九州では初となるアイマス福岡ライブですが、久々の参戦と言うこともあって、落合祐里香さんの存在感は無視できないライブでもありました。上記の通り、若林女史の引率があったればこそですが、ゆりしーはやはり雪歩の声優としてアイマスに不可欠な存在なんだと再確認させてくれました。『ALRIGHT*』可愛かったです。合いの手がいまいち合わなくて申し訳ないほど。

あさぽんは「スタートスター」を見事歌いきっていましたが、新曲「黎明スターライン」ではやっぱりとちってしまってましたが、ライブで失敗談をひとつ作ってこそあさぽんでしょう。今回はカバー曲「青空のナミダ」まで歌ってくれて、おじさん嬉しいよ。

あっきーは765プロ無事復帰と言うことで、のびのび歌っていたような気がするのは気の回しすぎか。「ふるふるフューチャー」でメロメロでしたが、新曲「ショッキングな彼」は男性陣への要求を歌いあげるような内容が新鮮かも。そしてなんといっても「涙のハリケーン」を生で聞けたのが嬉しいサプライズでした。合いの手の入れづらい美希曲では一番の盛り上がりだったかと。

ライブ初参加のぬーぬーは、流石にトークは固かったですが、堂のいった歌いっぷりは流石。「太陽のジェラシー」を歌う様はもはや「961」ではなく「765プロのアイドル」のそれでしたし、「Next Life」のハイクオリティな歌いっぷりは末恐ろしささえ感じさせてくれました。

そのほか、えりりんのフリーダム満載なビデオトークやはらみーの危なっかしいビデオトーク、変態ガミPのgdgd話など話題の尽きない福岡ライブでしたが、やはり「アイマスサイコー」で締めくくるノリが健在だったのはちょっと嬉しかったり。

何はともあれ、スタッフ&参加者の皆様、お疲れ様でした。ガールズは速攻Uターンだったようですが、福岡で少しでも良い思い出が増えてくれていることを願うばかりです。

さーて明日は…

 ライブなんて馴れてないから、地元開催でもドギマギするわ…。ドラムロゴスも初めて行くところだからなぁ。こう言うとき、若いときにもっと遊んでおけば良かったなと後悔してしまう。

 とりあえず物販は11時からだから遅くとも1時間前には並べるように自転車で出発。買い物終わったらいっぺん家に帰って、再度身繕いしてから開演前に再出撃の予定。
 あーファンレターも書いとかないと!

きょうは色々と騒がしい夜

アイマスライブの大阪公演が延期(中止?)されたかと思ったら、まさかのDSからのアイマス関連ソフト発売の話が飛び込んできたかと思ったら、アニメ方面ではハルヒで新作「笹の葉ラプソディ」放映ですか。オタ界的には最後のハルヒネタが一番でかいですが、私としては、福岡ライブが無事開催されるのかが一番重要ですな。いや、もちろんハルヒも見るけど福岡は土曜深夜だからな…。再放送と思ってこれまで録ってきてなかったけど、噂通り消失までいくなら録らんわけにはいきません。

アイマスDSのほうは、続報待ちですな。多方面に展開するような話は「たるき亭」のインタビューでも言っていたので、それほど大きな驚きはない。DSらしい作りで、面白そうであれば買うだけだ。

アイマス2発表キターーーー

ライブで重大発表は定番化していただけに、今日から始まったライブツアーでも何かあると、ファンの多くは思っていただろう。そして一番手である名古屋ライブで早速の発表があったようだ。公式情報はまだ追いかけ切れていないが、要約すると以下のようである。

1.アイマス2 制作発表
 961組が正式に765プロに編入されるのは確定のようだが、アイマス無印に二人を組み込んだ「だけ」なのか、それとも他のアイドルも含めてシナリオを一新するのかどうかは今後の続報待ちだろう。アイマス1.5的な作品も自分的には大いに満足できるのだが、もちろんさらなる発展には期待したい。ハードはまあ、箱でもPS3でもどちらにも対応OKなので自分的には気にならない。

2.ニコニコ動画に公式チャンネル「たるき亭」オープン
これは私も早速チャンネル登録して確認済み。ついにバンナムPが正式に誕生したわけだ。ただ新人Pらしく画質がいまひとつなので、その辺はさらなる頑張りに期待したい。

3.美希新曲発表
一足早く、ライブで公開された新曲は、恋に悩む少女の歌らしい。福岡ライブにアッキーくるので楽しみだ。

4.東京ライブにてさらなる発表? ニコ生実況放送
さて、アイマス2以上の発表といえばなにがくるのか? 初のTVアニメ化を予想してしまうのは、なにも私だけではないだろう。そうであるならば、構成はシスプリRepureを見習ってほしいと強く願う。限定版アニメみたいなのも、私は大歓迎だけど。

5,ローソンでライブ限定グッズ取り扱い
ちょ、おまww 律子ファン的にはちと複雑な気持ちもあるが、ポジティブに受け入れたい。いずれにせよ、グッズの購入経路が増えることはファンにとって歓迎すべきことなのは間違いない。しかしライブ会場の壇上にローソンの人が出たとかいう話を聞くに、アイマスPの業界浸透度は噂通り高いのかと思ってしまうのであった。

 さてさて、インフルエンザ騒動で来週のライブは色々と危ないけれど、そんな不安を吹き飛ばしてくれた今回の発表にはwktkが止まらない。
 …いやもちろん、福岡ライブへの不安が完全に消えた訳ではない…。しかしアイマスガールズへの感染の危険が増すことだけは避けたいから、中止の決定にも粛々と従うことにやぶさかではないのだけれど。

膝の上のパートナー?

ポメラを膝の上に載せて書けるのか。
テレビを見るときは布団に座って観ることが多いので、この文章で試してみた。

大前提として、キーボードロック使用は必須。膝の上だととうぜん安定性はなく、特に左右両端のキーを押すとキーボードが踊る踊るwww。だが、使えないことはないですな。両手の親指でキーボードを押さえつければ、それなりのスピードを保ちながらキーを打ててます。もともと自分はそんなにキーを撃つスピードが速くなく、キー打ちの正確性もないので、これくらいのデメリットはどうということはないというところか。

「ポメラ」購入。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10オレ トワイライトオレンジを、苦境に喘ぐ自分への褒美も兼ねて購入してみた。

この文章はポメラで打っているが、キーボードが当然小さいこともあって、若干の打ち辛さを感じてはいるものの、直ぐに馴れられそうな感触はすでにある。
事前に記事などを読んでいたのだが、液晶画面にテキストだけが映し出されるシンプルな仕様は、まずは懐かしさを抱かせてくれた。私も、本格的にパソコンを使い始めたのはMS-DOS全盛期だ。あの当時、シングルタスクはあたりまえであり、テキストを打つときはそれ専用のエディターを使い、絵が見たくなればBzエディターを終了して鮪ローダーを起動していた。※ちなみに私は「FD」使用者だった。
そのころを思い出させてくれる「ポメラ」だが、だからといって先進性がないわけではない。いや、それどころか、かつてワープロやパソコンが巨大なハードウェアで実現していたことが、キーボード込みでポケットに入れて持ち歩けるという、その事実は十分に「新しく」、またすばらしい。もちろん機能だけでみれば携帯電話でもできるし、性能ではモバイルPCには絶対にかなわないが、「ポメラ」のもつ機能性、「ただ文字を打つ」ということだけでみれば、現状で十分なように思えている。
P1030041.jpg

もちろんポメラは産まれて間もない製品のため、開発者もいうように色々な欠点もある。とりあえず、いま打っていて、辞書の語弊の少なさには泣かされている。ATOKなのはうれしいのだが、変換候補が少なすぎるのだ。この辺は今後の発展に期待したい。

とりあえずは、常時カバンに放り込んで持ち運び、使っていこうと思う。ちなみに、なぜこれを買おうかと思ったかといえば、ゲームプレイ中のちょっとした感想や攻略なんかを気軽にメモしたかったから。エロゲーはフルスクリーンが基本の九牙にとっては、ゲーム中のPCは基本「ゲーム機」なのです。ノートPCも持っていますが、ゲームしながら操作するには、大きくて邪魔なので。
いずれにせよ、この試みがうまくいけば、もう少しサイトの更新ペースもあがるのではないかと思うのだが…。

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 04

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 04THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 04
新キャラの中でも赤丸人気上昇中の四条貴音と、「ワンダリングスター」で貴音好き好き病に感染した雪歩という、いわゆる「たかゆき」カップリングCDのMS04について、雑感を。

 歌に関して言えば、やはり貴音が高値安定株な存在感を発揮しまくってます。特に「フラワーガール」は可愛らしい曲調が765プロらしくて素晴らしい。ただ今回は雪歩も貴音も全部の歌が曲調的にパンチが弱く思えたので、ちょーっと印象が薄いですね。特に貴音さん、SPでMA曲全部聞いた人も多いと思うけど、彼女は個性を殺し曲調にベストマッチな歌声を奏でる人なので、「歌のうまい人」以上の印象が弱いように思えます。「歌のうまさ」だけでいえば、千早・あずさに匹敵しうると思うんですけどね。「アイドル」としてはちょっと弱い。そういう意味で言えば、「KisS」のほうがパンチは強かったなぁ。いや、私がこう感じてしまう理由の大部分は、貴音をゲーム内でプロデュースできてないことからくる、馴染み度合いの薄さがあるとは思うんですけどね。はやくプロデュースさせてくださいよバンナムさん!

 一方、ドラマパートは相当にインパクトが強い。大暴走気味の雪歩が痛カワイイというか、貴音好き好き病は恐ろしいなぁ、ふひ! この雪歩を聞いていて、ちょっと既視感を抱いていたのですが、この痛さ、ファン代表Pに通じるところがあるような。過大な憧れ要素とかが、距離感を感じさせるのかもしれません。「ゆきまこ」だとそういった印象は抱かないんですけどね。

そういうわけで、個人的には若干インパクト不足感のあるMS04ですが、とはいえ内容は十分及第点以上。MSシリーズの折り返しを綺麗に飾った良盤だと、九牙は思っています。それに、開催迫るライブではMS曲歌ってくれるだろうから、生で「ALRIGHT*」聞けるのも楽しみです。

アイドルマスターSP カタログ第4号

 アイマスSPのDLCも今回で第四弾。今回は待望の961組によるMA楽曲と露出激しい新コスチューム&アイテム、そしてSP版アイドラ第一弾となりました。
 一括DL機能がついたりカタログがバージョンアップしたりと、なにやらPSPショップの実験台的意味合いも強まるSPですが、まあひとつの作品でこれだけDLCだしててなおかつ売れてるってのはこのシリーズが随一だから仕方ないね。 
リッチャンハコアクマデスヨ

新コスチューム、不評をネットではよく見かけますが、わたしはかなり気に入っていたり。たまにはこういった「判りやすいエロス」もありでしょう。見せ物的な意味合いも、昔の泥臭いアイドルっぽさに繋がる気がしますし。昔のアイドルは水泳大会でおっぱいぽろりも普通だったんだけどなぁ。
貴音恐るべし

そして961組によるMAソングですが、予想以上に貴音がいいです! ちょっと様子見るつもりだったのに、瞬く間に貴音全曲購入^^。あとは美希の「I Want」も予想外の方向で良かったと思ってます。すげー可愛いんだこれが。

アイドラもみましたが、SP本編では繋がりの薄さが残念だった美希・貴音・響の絡みを楽しめました。ドラマCDとかラジオとか聞いてないと、あの三人はゲーム内での繋がりがほんと薄いんですよね…。

さて、MS04も購入済みですが、こちらの感想は明日に回します。SPで遊んでたおかげで、聞いてるのまさに「今」なもんで。ってか雪歩暴走すぎー!www

おめでとう自分

3周目おめでとう自分。

いや、とくにネタもないのですが。
自分への褒美は、再来週の日曜日ですしね。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード