心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

アニメ:ハートキャッチプリキュア! 第23話感想

ハートキャッチプリキュア! 第23話
『キュアサンシャイン誕生ですっ!!』


ついにキュアサンシャインが登場した第23話。時期的に全話の折り返しということもあってか、1話同様の2話構成で、十分すぎるテコ入れを東映は用意してきました!

ハートキャッチプリキュア23話SS1
 まずはアバンでいつきに弄くられてポプリがすっかり虜にされます。いつきに連れ帰られるかと思ってましたが、それはまだ早いとつぼえりがちゃっかり回収。ポプリの欲求不満が募ります。思い立ったが吉日と、真夜中に関わらずつぼみを叩き起こすポプリ、これまで影を潜めていたワガママ属性が炸裂しています。うぜぇ! 子育てで睡眠不足に陥ることの多いお母さん方はつぼえりに同情を禁じ得ないのでは。寝起きのつぼみさんは目元が33で描かれるという古典的表現に笑えました。つぼみもえりかも、もはや顔をいくらデフォルメされても違和感ないですね。主役とはいえ、作監に自由に遊ばれてください。今回はキュアサンシャインとなるいつきの前座的扱いとなってしまったつぼみとえりかですが、全体の作画レベルが高いこともあって、かわいいカットも多いんですけどね。あと意識的なのかは分かりませんが、つぼえりふたりが一緒にカメラに収まっている構図が多くて九牙的には嬉しかったり。一押しは病院でつぼみといつきが躊躇する中、えりかが空気を読んで手術の話題に切り込んでくるところ。えりからしくて可愛かったですよ。
ハートキャッチプリキュア23話SS2
 キュアサンシャインになるということで、前回からクローズアップされた明堂院いつき。今回の主役は間違いなく彼女で、いつきにとって一番大切な兄さつきが抱える苦悩を救えない自分の無力さから、一度はプリキュアになることを辞退するところに、彼女の誠実さが現れていたと思います。下手すると「かわいくなりたい→プリキュアになる」という図式も彼女に当てはめられたのですが、さすがにそう安易にはしてこなかったか。つぼみとえりかが目の前の友達を守りたいと願ってプリキュアになったように、いつきもまた、愛する兄を、そして一途なポプリの思いを守りたいと変身を決意する。「友や家族、自分たちの日常を守りたい」からプリキュアとして戦うのはシリーズの伝統と思っていますが、いつきもまた、それを踏襲したわけです。よきかな。
ハートキャッチプリキュア23話SS3
 いつきがデザ化したときにはマリンが太刀打ちできなかったのだから、いつきより強いさつきがデザ化すれば苦戦すること必至とは思ってましたが、ブロマリがダーク以外で初めて完敗一歩手前までおいこまれるとはね。まあブロマリは単純な強さというより一途さと健気さが一番の魅力なので負けたってかまいませんが(倒れてなお不適な笑みを浮かべるマリンかっこいい!)、小友的人気を失ったりしないかは心配になります。だってそのあと、サンシャインさん凄い!強い!を強調しまくってましたから。
ハートキャッチプリキュア23話SS4
 初登場補正は当然とはいえ、スペックの高さがものすごいサンシャイン。空中に足場を発生させて「跳び」、水上を「滑空」し、素体性能を生かして強力な格闘を放つその様は、SS以来の立体的戦闘を実現し、攻防一体のバリアはキュアミントもかくやという万能っぷり。さすがにSSのふたりのような自由に翔ぶ能力は持たないようですが、これもマント装備すれば克服できるみたいだからなぁ。まだ固有必殺技つかってなくて上記の有様なんですから、全方位バリアまでもってたらルミナスさん涙目ですよ。…いや、シャイニールミナスには文字通りの無敵バリアがあるからまだましか。

 結局のところ、なんだかんだいって思い入れの強いブロマリと、キュアムーンライトならともかくぽっと出のサンシャインとで強さの差を安易に付けられるのは勘弁ねがいたいという私のワガママが影響しているのか。サンシャインはブロマリより強いという路線でいくなら、「5人分の力を持つが継戦力に乏しいミルキィローズ」みたいに、何らかの足かせは欲しいかもしれない。まあ来週にはブロマリもマントで強化されるし、登場補正がなくなったらサンシャインの特別扱いもなくなるかもしれないから、当分の間は冷静に様子を見るべきか。映画前だしブロマリ弱体化で終わるわけないですしね! 面倒くさいファンで申し訳ないが、スタッフの皆さん今後にいろいろ期待してます!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

アニメ:ハートキャッチプリキュア! 第22話感想

ハートキャッチプリキュア! 第22話
「ついに見つけました!!3人目のプリキュア!!」


 今回もサブタイトルで視聴者を釣る気満々なハートキャッチプリキュア! ポプリ編も遂に佳境かと思いきや、今回は設定だけで活躍の無かったつぼみ所属の園芸部にスポットを当てた、ある意味通常営業回でしたね。
ハートキャッチプリキュア22話SS1
 そんな中、個人的な今回のトピックはえりかさん。いつも私はえりか優先なのですが、今回も彼女は可愛かったのですよ! つぼみを園芸部に盗られてしまうのではないかと対抗心剥き出しで乗り込んでいったかと思ったら、園芸部部長「水島アヤ」の人の良さというか、つぼみ以上のドジっ子属性に絆されたか、いつのまにやら園芸部を手伝う準構成員になっていたえりか。今回の園芸部活動、アサガオの成長を見るにけっこう長い期間かかってそうなんですが、その間ファッション部放置してたらつぼみ以外みんな退部してた、とかになっててえりかの心の花がまた枯れる話しが作れたかもしれません。いや、今さらそんな話しは望みませんが。まあ、あいかわらずえりかはつぼみ好きすぎて可愛いな、というお話。九牙としては、つぼみにも「えりか好き好き-!」ってとこをもっとみせて欲しいんですけどね。百合的にではなく友情の延長で。
ハートキャッチプリキュア22話SS2
今回のデザトリアンの種「水島アヤ」さんは、メガネっ子にドジっ子に泣き虫と、なんとなく属性がつぼみと被った先輩さん。ほかの園芸部が「部長泣かないでー」といちいち叫ぶのがいい感じでした。しかし園芸部も部員が5人しかいないようですね。つぼみは弱小部ふたつの生命線なわけですな。生徒会長を要するファッション部が俄然有利ではありますが、ふたつの部で協力するエピソードとかやらんかなぁ。
ハートキャッチプリキュア22話SS3
今回の戦闘は、珍しくマリンとブロッサムが綺麗に役割分担することになった。対デザトリアンはマリン、対幹部戦はブロッサムが担ったわけだけど、これはふたりの実力が相応になったということを意味するのかな? まあ構成上の都合といえばそこまでなんだけど、個々の戦闘力を上げておいた方が、プリキュアの数が増えたときに何かと話しは作りやすくはなるだろうな、とは思う。それはそれとして、今回マリンは速効でゴーチャンもといデザトリアンを浄化する活躍を見せてくれましたが、新技を編み出してクモジャキーを退散させたブロッサムはさすが主役ということか。しかし今回のクモは地味に格好良かったが、前回のコブラといい敵幹部が妙にキャラを立ててきているので、そろそろ死亡フラグでしょうかね。
ハートキャッチプリキュア22話SS4
 すっかり会長に拉致られてしまったポプリさん、たぶんこのまま会長宅までお持ち帰りされて次回に繋がりそうな予感。たぶんつぼえりもシプコフも、家に帰って気づくんだろう。それはともかく、次回は遂にサンシャイン登場です。「ブロッサムとマリン」の2人だけの展開に不満はなかっただけに、今後の構成には不安が無いわけではないですが、まあサンシャイン可愛いからポジティブに期待しましょうかね。

アニメ:ハートキャッチプリキュア! 第21話感想

ハートキャッチプリキュア! 第21話
「妖精アドベンチャー!プリキュアスカウト作戦です!」



今回のハトプリは、子供に範を示すために強がらざるを得なかった先生の頑張りを描きつつ、妖精3匹がつぼみ達の学校でこれまでデザトリアン化してきた生徒達との出会いと珍騒動によって「プリキュアと妖精」の関係性を明示し直したお話でした。今回を通した狙いとしては、ポプリのキャラ立てでしょうかね。ポルンみたいに「手のかかる子供」って程ではないにしても、ポプリは一応「子供」として描かれているので、それなりに問題行動を起こすわけですな。いや、今回はどうみてもシプコフもダメ妖精でしたが。
ハートキャッチプリキュア21話SS1
しかし3匹の変装は笑えました。どうみても八頭身モナーだろって容姿もそうなのですが、大魔神ばりに手を顔の前で交差させる毎に頭を司る妖精が入れ替わる演出はギャグとして面白かった。「スカウトする→拒否される→泣いて逃げる」の繰り返しも、ギャグの定番として笑えましたし、番くんは再登場でもやはり美味しいキャラですよ、「キュアファイヤー」わざわざデザイン起こすとは。これからも時々話しに絡まないかなぁ番君は。できればお母さんと一緒に。
ハートキャッチプリキュア21話SS2
今回はコブラージャさんが狂ったナルシストとして真面目に悪役していた珍しい回だったのですが、戦闘パートも比較的シリアスでしたね。ハトプリでは珍しい不思議時空内での戦闘に、回り込みなどカメラワークに凝った勢いのある演出は良かった。ツープラトン攻撃ばかりだったので、ちょっと戦闘描写は単調でしたけどね。その辺は前回の勝ちってことで。
ハートキャッチプリキュア21話SS3
 んでもって、今回の個人的なトピックをあげるとするなら、最後に登場した月影さんの険が取れはじめていたことでしょう。はにかんでますよ、ゆりさん可愛いなぁ。もともとは快活そうなキャラっぽいので、デレたときが非常に楽しみでなりません。それにしても、ゆりさんのパートナーとなる妖精は誰なんだろう。今さら「シプコフが元パートナーでした」いわれても違和感あるしなぁ。実はダークさんが「元パートナーの変化」だったりするとそれはそれで面白いんだけど。

ゲーム:アイマス5thライブ二日目終了とアイマス2についてその2

アイマス5thアニバーサリーライブが終了しました。これに参加したひとりのPとして、アイマス2関連の話題について触れておきたいと思います。

●律子達も無事参戦
 公開されたPV第2弾では5人同時出演に合わせて、初回では歌っていなかった律子・伊織・あずささんの3人がメンバーに加わっていました。とりあえず、わだかまっていた不安は払拭されました。春の発売をひたすら楽しみにさせていただきます。

●雪歩役声優の交代について
はせしー、これまで雪歩をありがとうございました。そして浅倉杏美さん、いっしょに「雪歩」というキャラクターをこれから育てていきましょう。私もいちPとして、微力ながら頑張っていきたいと思います。かつて、アケマスが始まった頃は声優人気なんて二の次だったことを思えば、初心に返った思いです。九牙Pとしては、自らがゲーム内で担当するアイドルを育てるだけでなく、「アイドルマスター」という作品の”キャラクター”を育てることは、アケマス時代からの役割として織り込み済みなのですから。

ゲーム:アイマス5thライブ1日目を終えて

 アイマス5thライブを終え、同行者との祝宴も終え、ただいまホテルでまったり記憶をたゆたっている九牙です。
すでにアイマス2については公式から情報が公開されていますので詳細は省きますが、アケマスから今まで、アイマスが好きでたまらない1ファンとして、非常に喜ばしい形で「2」を発表してくれたと、嬉しく思っています。シリーズプレイヤーの九牙としては、変わって欲しくない点としてどうしても「765プロ」のアイドル達の存在があり、誰かが欠けてもイヤだったんですよね。その懸念をまず払拭してくれました。もちろんこれはマンネリを生み出す要因であり、アイマスSPの欠点にも繋がっていたのですが、それを今回はキャラの成長、Pの関わり方の変化、アイドル個々でなく「ユニット」との関係性を初めて取り込んだことで、そのマンネリの弊害をある程度克服できるのではないかと期待できるというわけです。また貴音・響が最初からメンバーにいるなどストレートなキャラ追加に加えて、描くアイドルがこれまでより一歳成長したという設定によって、外見的な変化に対する抵抗感を抑える形で「グラフィックの進化」も実現してくれているのも喜ぶべきポイントです。残念ながら現時点でのPVでは、最年長組の歌う姿は確認できないのですが、これは心配すべき点ではなく期待すべき要素だと九牙は受け止めています。

 で、ライブについてですが、個人的には若林さんのハッスルと、くぎみーの頑張りが嬉しかった内容でした。会場が広いことの影響か、いまひとつ「いっぱいいっぱい」の盛り上がりに欠けた感はあるのですが、それでもやはり若林さんのファン誘導と、最後までお客さんを喜ばせようとする姿勢に感嘆しました。釘宮さんは今回ソロにユニットに大活躍で、これまでライブ参加が少なかったことに対する九牙の残念な思いを払拭してくれる大活躍でした。そのほかの765アイドルももちろん大活躍で、私としては非常に満足度の高いライブと思っています。
 まあ欲を言えば、チアキングの「隣に…」が今ひとつだったのと、音響があまり良くなくて音割れしてたり歌が聞こえづらかったりした欠点もあるのですが、全体としては些細なものってことで。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード