心の叫びblogside ver2.1

ゲームインプレサイト『心の叫び』の雑記置き場

サイトの本体→banner

アニメ感想:劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神

 シートが新型に換装されたユナイテッドシネマ博多で見てまいりました、『劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神』。

原作読んでないのですが、今回の劇場版は原作でも人気のエピソードの映像化とのことで、今回の映画は新キャラ「日和」視点から見たアニメ一期•二期の総集編的前半と、彼女が新大陸発見部に入部してからの完全新作という構成になっていました。

この前半部では、ひよりの智樹への秘めた思いが少しずつ大きくなっていくのを丁寧に描いているのですが、見せ場らしい見せ場が尽く省かれた総集編のため、正直いって退屈でした。まあ、日和は一般人として外から智樹達を眺めていたという設定だから仕方ないといえばそうなんですが、おかげで総集編としても中途半端になってるんですよね。

 そんな日和が一念発起して新大陸発見部に入部してからは、なかなかに盛り上がります。健気で引っ込み思案な女の子が好きな人のために頑張る図というのは、いつの世も素晴らしいものですから。たとえその内容が、セクハラまがいの変態的行為だったとしてもです。
そして智樹を中心にした三女神とそはらさんとの多角関係にもいいスパイスに彼女がなるわけですが、「智樹と日和はつきあってるの?」とそはらやニンフが慌て出すシーンの到来は、ちょっと唐突すぎた印象が強く残りました。バカもといアストレアとかが証人として語るシーン自体は面白いんだけど、ここにいたるまで、智樹と日和が仲良くなったという描写が第三者視点的にそれほど描かれないまま、疑惑のシーンに突入したのが拙かった様に思えます。
 そしてここから物語はクライマックスに向かって盛り上がっていく訳ですが、これまたそれぞれのシーンが尺不足•描写不足で、ニンフやアルファ達ほどに感情移入できないままラストバトルに突入してしまったのは残念としかいい様がない。展開的には納得がいくだけに、感情がついてこないのがもどかしいと言いましょうか。
あとまあ、ラストバトル自体が迫力に乏しい描写だったのも拙かった。ニンフが電子戦で負けるとかイカロスが太刀打ちできないとかアストレアがバカだとか、用意されているシチュエーションは美味しいはずなんだけどなぁ。作画陣は田中宏紀とか動員しててけっこう豪華なんだけどなぁ。脚本的な盛り上がりを作画的に描けていないというのは、アニメとして大切な要素が欠けていると言わざるを得ないでしょう。

というわけで、この映画自体は嫌いでは決してないんだけど、いろんなところで何かが足りてない感が募っていって、最終的にもったいない印象になっちゃったかな、というのが私の本作への感想です。
ニンフの添い寝とか、智樹への想いの吐露とかニンフの添い寝とか、気に入っているシーンもたくさんあるんですけどね!

あと映画本編とは関係ないですが、「放課後のプレアデス」の新動画が見られたのは嬉しかった。本作がなかったらユナイテッドシネマに映画を見にいく機会を得られなかったろうしなー。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

エロゲ:『CAFE SOURIRE』1stインプレ

CAFE SOURIRE 初回限定版【CAFE SOURIRE(カフェ・スーリル)】
ブランド:CUFFS
定価:9,240円
インストール容量:1.65GB(ディスクレス可)

 自宅で営む喫茶店を手伝いつつ、無為な夏休みを過ごしていた主人公。幼い頃に別れた一人の少女との思い出がわだかまりとして心を苛む日々だったが、環境の変化が、彼と彼を取り巻く少女達との関係を大きく揺さぶり始めた。
  かつて満面の笑顔がまぶしかった幼なじみとの再会。
  腐れ縁の親友も同然の馴れ馴れしさでつきあってきた幼なじみの美人姉妹が、まさかの家族に。
  幼き日の自分を知る美少女転校生。
少女達との恋は、無気力な日々との別れを少年に告げるのだが…。

といういわけで、本作は主人公と因縁浅からぬヒロイン達との恋愛を通じた少年の成長を描いたハートフル恋愛エロゲでございます。相当に駆け足気味ではありますが、4ヒロインともエンドまで遊んでみましたので、ざっくりながらも感想をアップさせていただきます。ちなみに九牙は、4ヒロインのデザインの可愛さに殺られて購入しています。体験版未プレイ。


 本作は12話からなる章立てのシナリオ構成をとっていて、5話までが共通ルート、6話以降が個別ヒロインルートに分岐する仕組みです。ヒロイン分岐は6話開始までに選んできた選択肢がどのヒロインに偏重しているかによるので基本的に攻略は簡単なのですが、構造的に 杏子 > 芹花 > 美百合 > 香澄 の順に分岐しやすいようなので、若干の注意が必要です。とくに5話のヒロイン選択で浮気するとほとんど強制的に杏子ルートに流されますので留意されたし。

 ストーリー展開は、ルート分岐発生してヒロインと恋仲になりつつ、Hは複数回しながら恋愛上の障害発生、そして解決してエンディングという、恋愛エロAVGとしては相当にオーソドックスな構成です。それはいいのですが、主人公が能動的に活躍する機会が少ないどころが相当にウジウジしたキャラなため、ヒロインと恋愛関係になったりふたりの問題が解決されても、あまり鬱憤が晴れたという印象を抱けなかったのが残念でした。ヒロインのキャラ立てや可愛さの表現は、脚本的にも絵的にも演技的にも十二分な魅力を発揮しているだけに、「なんでこんな主人公を好きになるの」という思いが募ってしまうのが本作の欠点でしょう。ヒロインは4人とも健気で可愛い上に、主人公以外の男性キャラのほうができた人間として描かれているせいもあるんでしょうけどね。

 とまあちょっとネガティブな感想が先行してしまいましたが、本作の長所ももちろんあります。先述したヒロインの描写の良さ
はもちろんなのですが、なかなかに充実した萌エロシーンが私にとっては最大の評価項目でした。本作のHシーンはけっこう前戯描写に尺をとっているんですよ。たとえば初めてのHの際に挿入前に二回もイカせてみせるとか、前戯スキーな九牙的には評価しないわけには参りません。チェリーなくせにエロの技能に卓越してるとかベッドヤクザ的な主人公に違和感を覚えなくもないのですが、それはそれとして、ヒロイン達が健気に愛撫に反応し、恥ずかしがりながらもポジティブに性感を悦んでいる様子をちゃんと描いているのは嬉しかった。なお、Hシーンあたりのイベント絵枚数は、前戯1構図・挿入1構図って程度に少ないのですが、差分だけでなく、ズームやスクロールを多用することで、Hシーンが単調にならないよう演出に気を配っているのも評価したいところです。とくに芹花のHシーンを担当したスクリプターさんは頑張ってますねー。メッセージウィンドウの表示位置まで動かして、Hシーンの魅力を高めてますし。
--------------------------------------------------------------------
【鑑賞枠数】 イベント絵枠/Hシーン回想数(エロ傾向を乱暴に紹介)
荻原 杏子 18/3 (メインヒロインのはずなのにエロは一番少ないが炉気高し)
水島 芹花 18/5 (エロ的にもメインヒロイン。一つは自慰。青姦などシチュ系気味)
水島 香澄 18/4 (唯一のオッパイ要員。パイズリあり)
雪下 美百合 17/4 (ちょっと肉欲系。シナリオに引きずられ気味でちょっと残念)
その他 4/0 (ハーレムや姉妹丼といったネタH要素は無しです;;)


--------------------------------------------------------------------
 というわけで、ヒロインとのイチャイチャHを期待する分には満足度はそれなりに得られる作品だと思います。
主人公の成長物語としてみると…、わたしにとっては問題打破によるフラストレーションの発散が弱くて不完全燃焼でした。
主人公さえもう少し良いキャラだったなら……。

マンガ感想:「ディアティア」

ディアティア【ディアティア】(かずまこを)
白泉社


美形で優しい好青年だが恋に不器用な男子高校生と、友人知人が彼に振られ続けたことに憤った一途な後輩の女の子が、やがて惹かれ合い戸惑いながら恋心を育んでいく青春恋愛物語。

甘ずっぺー!
を地でいく、懐かしい少女マンガの王道的ベタな恋愛モノなのですが、だがそこがいい。

些細な嫉妬や羨望に悩んだり、恋と友情に揺れたりする様子を、キャラクターに感情移入して共感できるよう、優しく丁寧に描写しているのが好感触といいますか、おもわず読んでいるこっちがニヤニヤするというかほっこりするといいますか。…おじさんにとっては清涼水的な作品でございました。お薦めです。

 | HOME | 

カテゴリー

ブログ内検索

ブクログ枠

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

RSSフィード